タグ:ことば ( 83 ) タグの人気記事

【606】黒船が来た町、下田

安政元年(1854年)、鎖国中の日本は、外国の出来事とは無関係に、
安穏な生活を楽しんでいた。そこに、突如現れた黒船
敵は、開港を迫り、日米和親条約を締結を突き付けてきた。
その舞台となった下田の町並みは、至極のんびりしていて、ぶらぶら歩きで
街中をすっかり見て歩けるほど小ぢんまりした町だった。
c0128628_17545194.jpg

ペリー提督が歩いたと言われる川べりの小道は、ペリー・ロードと呼ばれている。
私は、子供のころ、「ぺルリ」と習ったような気がするが、Perryさんですね。
c0128628_17564546.jpg

・・・泰平の 眠りを覚ます上喜撰(蒸気船) たった四杯で 夜も眠れず・・・
 こういう狂歌も学校で習った覚えがあります。大きな船を1杯、2杯と数えたと
 いうのは分かりますが、上喜撰とは何か?
酒の銘柄ではなくて、上等な緑茶の銘柄ですって。

なるほど、静岡県ですからね。上等なお茶を4杯も飲んだら、眠れなくなりますが、
黒船が四杯も押し寄せて来たら、怖くて怖くて下田の町民は震え上がったことでしょう。

今この辺りを歩くと、とてもよい匂いがします。甘い香りにむせそうになるほどです。
香りの主は、ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)、地元の人は、アメリカジャスミンと呼びならわしているようでしたが、ジャスミンとは科が異なり、これは、ナス科の植物。
了仙寺という歴史的に重要なお寺の境内は、この花でいっぱいでした。
はじめ紫でだんだん白くなっていくそうです。

下田の名物は、この花の背景に写っているナマコ壁の土塀。瓦板を白の漆喰で縁取ったものですが、情緒ある景観をつくっています。
c0128628_17575634.jpg

ペリー・ロードは、昔の花街なのでしょう、ちょっと風俗っぽい香りがします。
今は、すっかり若者向けのギフトショップ等にリメイクされています。
唐人お吉さんもこの辺りを歩いたのでしょう。
お吉のお墓のある宝福寺の境内で二匹の眠り猫に会いました。
c0128628_17583371.jpg

この椅子の下、川べりに咲いている野草は、ディジーの野生種。
c0128628_1759671.jpg

ローン・ディジーと呼ばれている西洋産のヒナギクです。なぜこんなところにあるのか、
謎です。
c0128628_17592793.jpg

海に近い場所で、よく見かけたトベラ。本当は、とびら(扉)がなまった名前だそうです。
魔除けに、この木の葉を扉に差したから・・・とのことです。学名にしっかり日本語名が
ついており、学名watcherのTamayamはうれしかったです。
c0128628_17595967.jpg

この花は、今がシーズンらしく、白や薄黄色のものが真っ盛りでした。
こちらは、ニオイバンマツリと逆に、白からクリーム色、黄色に変化するようです。
この花に惹かれていろいろ写真を撮ったのですが、土地の方はだれもこの木の名前を
知らないのでした。
私は、おおよそトベラの仲間かなぁ~と見当をつけたのですが、土地で何と呼ぶ
のか、知りたかったのですが・・・意外に近くに在りあふれているものには、
皆さん関心がないものなのですね。(笑)

上から2枚目のオレンジ色の花も町中でよく見かけた花です。
花アロエというユリ科の植物ですが、原産国は、南アフリカだそうです。
アロエと無関係のユリ科の植物です。学名に忠実なブルビネという園芸名は
覚えにくいので、俗称が一人歩きしてしまったのでしょう。
南アフリカの花がなぜ、下田に??
そんなことをぼんやり考えていると、いくらでも時間がたってしまい、退屈しません。

[PR]
by tamayam2 | 2013-05-17 18:01 | たび | Comments(10)

【601】ヨウラクツツアナナス

c0128628_663060.jpg

ヨウラクツツアナナス【瓔珞筒アナナス パイナップル科 Billbergia nutans】南米産
この植物は、瓔珞(ようらく)は、お寺の本堂の仏様がおられるあたりの天蓋から吊るされたキラキラした飾り物などを言います。
ツツは、筒ですね。アナナスというのは、パイナップルのことです。
そもそも英語のpine +apple=パイナップルとは、変な言葉です。
文字通り訳せば、松+りんご。見た目には、松カサのようで、味はリンゴのように
甘酸っぱくジューシー、とでも言いたいのでしょうか。
c0128628_683272.jpg

さて、名前のことは別にして、ウチにあるこの植物について、ちょっとした話があります。
初めてこの植物を見たのは、夢の島熱帯植物園で。私は造形的にすばらしく美しい
と思い、感動しました。ピンクの枝から穂のようなものが垂れ下がり、上に反り返って
いる花びらのようなものは緑色、濃紺の縁取りが施され、蕊は黄色。
色合いが非常に手がこんでいて、見事なのです。

次に見たのは、都内を走る大動脈、環状七号線の埃っぽい通りの道端でした。
この植物の鉢が手入れもされず無造作に置かれているのを見たのです。その場所は、
この地で長年営業している豆腐屋の裏手に当たります。わたしゃ、その鉢に並々ならぬ関心を
抱きましたが、(それは秘して)まず、その豆腐屋と顔なじみになるべく油揚げ10枚とか、
厚揚げ3枚と豆腐2丁とか、買い物をし続けたのです。
c0128628_685861.jpg

しばらくしてやっと顔なじみになったころ、恐る恐るこう切りだしたものです。
お宅のあの瓔珞筒アナナスは、実はやんごとなき植物であること、ああして
プラスティック製の鉢が割れるほど放置していると、非常に残念なことになりかねない、
半日ほど私に預けてくださらないか。されば、私は新しい鉢に植え替え、培養土や肥料も
ほどこした上お返ししたい。厚かましいお願いだと思うが、その際、株分けした植物の一株を
私めにいただければ、私としては非常にうれしいのだが・・・と。ま、こういう要望をお伝えしたわけです。
c0128628_692060.jpg

何事も交渉ですね。この交渉は、時間をかけて周到に気配りしたおかげで、私は首尾よく
瓔珞筒アナナスの一株を手に入れることができたのです。
しかしながら、その後この一株は、なかなか花をつけることがなく2年がむなしく
流れたのです。やっと、今年赤い茎が10ほど出てきて、開花したというわけです。
関心を持ち始めてから、自宅で花を咲かせるまで、実に3年ほど要したのです。
c0128628_694947.jpg

後日談を申しますと、その豆腐屋は、その後店を閉じてしまい、今はどうなさったか
わかりません。私が植え替えてさしあげた鉢は、相変わらず、環七沿いの道端に
放置されたままです・・・。
やはり、あの時、恥を忍んで、鉢の株分けを申し出てよかったと思います。

ウチに今咲いている花と、老猫を加えました。

[PR]
by tamayam2 | 2013-05-04 06:11 | 日々のできごと | Comments(4)

【595】東京の新名所 KITTE

c0128628_7285975.jpg

東京駅丸の内口、皇居のほうへ向かって左手に東京中央郵便局があった。
その跡地に、3月21日に出現したのは、な、なんと KITTE という商業ビル。
HPはここ
郵便局で扱う切手が、語源かもしれない。
(変な、外国語みたいな和製語名の多い中で)堂々と日本語が採用され、
Tamyam2 はうれしい。
c0128628_730825.jpg

切手ビルに次々に吸い込まれる人々。
Hello  Kitte は、 Hello  Kittyみたいで、若い世代に受けそう。
直線の多いディザインがシンプルで美しい!
c0128628_7303392.jpg

c0128628_7305449.jpg

中に入ると、一階から6階まで吹き抜けの大空間が現れる。中央には、桜がテーマの
巨大な絵が。口をあんぐりと開けて、見上げる。
一階には、軽食屋やブティックがある。
c0128628_7311810.jpg

「丸の内Café会」はちょっとレトロの名前、タリーズと言うコーヒー店と、日本茶の
伊藤園のコラボ。私のようにコーヒーより、日本茶が好きな人には、うれしい。
c0128628_7315040.jpg

そのほか、ビールが飲める、アサヒビールのお店、チョコレートのMery’s。
c0128628_7321543.jpg

また、Pharmacy(薬屋)と言えど、しゃれた構えのお店や、イッセイ・ミヤケの
オリジナルバッグを扱うおっしゃれ~なお店もあった。

さぁて、切手はどこで買うのかな???1階にあるらしいのだけど、
ちょっとにわかには見つからなかった。
どこかに、普通の郵便業務をしている、このビル本来の業務をしている場所が
あるはず・・・ですが、昨日は、他のところに行く用事があったので、
くわしく追及せずにKITTEを後にした。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-14 07:32 | Comments(6)

【593】パンジー、三色スミレの顔

東京は、今週で桜がほぼ咲きそろい、大方は散ってしまい、その他の春の花々が
一斉に咲きだしました。なのに、あちこちで来週あたり、“さくら祭り”が計画されているとか、
主催者は、さぞかし気がもめることでしょう。
Yamyam町でも、家々の庭からこぼれ出る春の花々を散歩しながら、見せていただいて
います。
c0128628_1544197.jpg

さて、パンジーのことです。
鉢植えには、このパンジーが主役にも、脇役にも・・・
園芸種のパンジーは一体何種類ぐらいあるのでしょう、様々な色の組合わせがあり、
とてもとても三色スミレなどとは言えない状況です。丈夫で育てやすく、色の種類が
多いことから、園芸家にとってはありがたい花なのでしょう。
c0128628_15442523.jpg

フランス語で「思想」を意味する単語パンセ(pensée)から、パンジーということば
ができたようです。しかし、ドイツ語では、なぜか 継母ちゃん(Stiefmütterchen)
という変な名前がついているのです。そういうことを知ってからというもの、この花を
見るとどうしても、気難しく、小言を言っている小母さんの顔のように見えてしまうの
です。どうでしょうか? 中高年の婦人の顔に見えませんか?
フランス語のような、とても思索にふける顔には思えません。
c0128628_1546276.jpg

パンジー小母さんの呟きを加えてみました。
c0128628_15465034.jpg

スミレと言えば、何か愛らしい響きの言葉ですが、日本語は、「墨入れ」という
大工さんが使う木製の道具から来ています。墨壺とも言われ、墨をつけた糸をピンと張って、材木に直線の印をつけたのですね。小さな車がついていて、おもしろそうな道具でした。その道具の形とスミレの花の形が似ているっていうのです。
c0128628_15482122.jpg

c0128628_15474924.jpg

大工さんの作業をじっと観察していた子供時代を思い出します。
「お嬢ちゃん、危ないからそばに寄っちゃダメ!」と言われながらも、カンナ屑などを
拾って遊んでいたものです。

[PR]
by tamayam2 | 2013-04-06 15:48 | 日々のできごと | Comments(12)

【574】温室の勧め

年末、年始と、いろいろ予期せぬ出来事があり、忙しくしていたので、
心を整えるために植物園の温室に出かけた。
散策しながら、カラフルな植物を見て撮影していたら、やっと気分が
鎮まり元気が出てきた。寒い時期には、温室がお勧めです。

1)新宿御苑温室
11月にオープンしたばかりだが、この日は、あまり人影がなく静かだった。
c0128628_20374782.jpg

正面の入口から入ると、ピンクの豪華なランが歓迎してくれる。
このランがたくさん咲いている様子を、ガラス越しにも見ることができた。
豪華なもんです。
御苑の温室は、ランのコレクションに関しては、歴史もあり、立派なものを
たくさん所蔵しているようだ。中から一番の見ごろを小出しにして見せて
くださるらしい。

ランのような高級な園芸品種の世界には、けっして足を踏み入れようとは
思わないが、やはり、やんごとなき美の世界であった。
c0128628_20382084.jpg

とくに、順路に沿って一番初めの部屋に入ろうとすると、その辺がなにか、
ふわっとするような良い香りが漂っているのであった。
c0128628_20384024.jpg

見ると、戸口のところに、フウランの一株が掲げてあるではないか。
うれしかったなぁ~!
距が長くて、花がうっすらと、ピンクがかっている。
清楚で、何と言いようのない可憐さだ。
フウラン【風蘭、または、富貴蘭 Neofinetia falcata】
日本原産の着生蘭。絶滅危惧種Ⅱ(VU)

2)夢の島熱帯植物園
ずっと前に来たとき、廊下に出してあったパイナップル科の花の色が
非常に魅力的だったので、会えるかなぁ~と期待して行ったら、
果たして、以前と同じように廊下の陽の当たるところに出してあった。
くるりと巻いたガクの縁が紺色で、ピンク、黄色、紺の取り合わせが
芸術的だ。
c0128628_2040312.jpg

ヨウラクツツアナナス【瓔珞筒アナナス パイナップル科 
                 Billbergia nutans】
c0128628_20405532.jpg

もう一つのパイナップル科の植物もきれいだった。
パイナップルは、アナナスというのでした! 英語では、松(pine) + リンゴ(apple)、
なかなか良い発想です。
シマサンゴアナナス【島珊瑚アナナス パイナップル科 Aechmea fasciata】

こちらは、胡椒の一種。この葉がとても気に入っていて、携帯電話の待ち受け
画面にしている。会いたいなぁ~と思っていたら、健全だったので安心した。
c0128628_20413313.jpg

ピペル・シルヴァティクム【コショウ科 Piper  sylvaticum 】
熱帯地方のジャングルに生えているのだろうか。コショウ科の葉はみな
好きだ。

まだまだ寒い時期が続きます。どなた様もお体をご大切に。
もし、出かけるとしたら、温室がいいですよ。

私はコートが邪魔になったので、ロッカーに入れて、セーター姿で
見て回りました。




[PR]
by tamayam2 | 2013-01-12 20:43 | 日々のできごと | Comments(14)

【569】電報の話

みな様、つつがなく2013年の新年をお迎えのことでしょう。
改めまして、明けまして、おめでとうございます。

新年早々ナンですが、Tamayam家では、昨年年末に近しい親戚が亡くなり、
12月31日がお葬儀でした。葬儀の後で、都内の火葬場に参りましたら、
大晦日というのに、火葬場は大忙し。それというのも、1月4日に再開するまで
年始休業なのですから、とても混み合っているのです。
何を好き好んでこんな日を選んだのではありません。
仕方がないことなのですが、新年のよろこびの最中に
お葬儀をする家もあるのだということを、我がこととして、しみじみと深く
考えさせられました。

私の娘は、アメリカに住んでいるのですが、さっそく報せてやりますと、
こういう場合、品物、カード、花・・・何を送れば弔意が表せるかという
相談です。急なことでもあり、ともかく電報を送りなさい、とアドヴァイス
しました。
すると、40代の社会人の娘が「え? telegram?
              そんなの日本に存在するの?」
と問うではありませんか。
40歳以上にもなって、きちんとした教育も受けさせているのに、
電報を知らぬとは・・・つべこべ説明している暇もありませんので、
とりあえず、KDDI、ちょうでんが、Key word・・・
則、検索してみるべし!と母は、叫んだのであります。

ややあって、娘からメールが来まして、「『でんぽっぽ』を無事に
送ることができた、まさか、21世紀の世の中に電報が機能しているとは、
思わなかった」と。KDDIは、祝電や弔電を普及させようとして、
『でんぽっぽ』という若者に媚びたネーミングを考え付いたものと思われます。

式場で、電報のご披露があるのは、おそらく日本だけの風習でしょう。

私自身は、海外に住んでいたとき、何度も利用したことがあります。

手紙が廃れ、電話やメールの時代ですが、一昔前の古い通信手段、電報と
いうのは、なかなかよいものです。
今はKDDIですが、昔は、KDD(国際、電信、電話局)と言ったのです。




こちらのFlash Mob(大衆を巻き込んでの路上パーフォーマンス)は、
アメリカに住むBlog友Cimarronさんから教えていただいたものです。
昨年5月にスペイン、サバデルの広場で、行われたコンサート。

この広場に面しているBanco Dabadell銀行創業130年記念事業だそう
です。ベートーヴェンの第九ですね。このサイトには、860万人のアクセス
があったということです。日本でもこんなのがあればなぁ~。

[PR]
by tamayam2 | 2013-01-02 18:57 | 日々のできごと | Comments(26)

【565】冬至に食べるもの

今日21日は冬至。冬至には、カボチャとゆず湯、だと思っていましたが、
なんでも、語尾に「ん」がつく食材が冬を乗り切る体力作りによいそうです。
カボチャは、別名、なんきん(南瓜)と言います。それに加え、
れんこん(蓮根)、にんじん(人参)、ぎんなん(銀杏)、きんかん(金柑)、
かんてん(寒天)、いんげん(隠元)・・・・まだあるかな。
我が家も今夜、カボチャが食卓に上りました。

先日出かけた台湾の都市部では、朝昼晩と三食とも外食ですます人が多いそうです。
え? 子供も? 子供がお金をもらって屋台で食べるのはそんなに特殊なことでは
ないらしい。

台北の夜市は、とても有名ですので、ちょっと覗いてみましたが、ちょこちょこっと
2,3軒の屋台で食べるともうお腹が一杯になるほど。軽食屋というか、
おかず屋さんというか・・・毎晩、お祭りのようなにぎわいでした。
c0128628_20104823.jpg

例えば、このチャーハンとスープも一椀90円ぐらい。子供のお小遣いで
食べれらます。
c0128628_20152398.jpg

c0128628_20154581.jpg

家族で食卓を囲まないということは、教育的には、ちょっとぉ~と思いますが、
親子とも忙しいみたいです。子供は、夜まで補習班(塾)に行っていますし。
c0128628_2011136.jpg

こちらは、菱(ひし)の実
ゆでたものは、皮がつるっと剥け、キヌカツギ(里芋の一種)のような、クリの
ような味です。
ヒシ【菱 ヒシ科 Trapa japonica】

こちらは、骨まで黒い、烏骨鶏(うこっけい)の肉。
滋養もあり、味もよいそうですが、食べたことがありません。
c0128628_20133184.jpg

生きた亀は、いずれスッポン・スープにされるものでしょうか。右横はショウガ。
c0128628_20134979.jpg

こちらの犬は、買い物客のお連れさん。
c0128628_20141354.jpg

しっぽを振れば、どこかから御馳走が飛んでくるので、朝の散歩は
彼にとって一日の始まりの稼ぎ時なのかもしれません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-12-21 20:17 | たび | Comments(6)

【562】ひねった形

うろうろしている内に、12月になっておりました。気忙しくなりましたね。
c0128628_2038442.jpg

こちらの花は、サキシマフヨウ。前島(さきしま)とは、宮古、八重山諸島など、
沖縄より南の島々のことのようです。西表島(いりおもてじま)へ行ったとき、
12月と言うのに、どこに行っても、この芙蓉が野山に茂っているのを見て、何と美しい
花かと思いました。
サキシマフヨウ【前島芙蓉 アオイ科Hibiscus Makinoi】
学名を見たらわかる通り、牧野富太郎博士の献名です。
この花は、都立薬用植物園で撮影。
c0128628_2038386.jpg

こちらは、世界遺産に登録された小笠原島の固有種だそうです。
モンテンボク【アオイ科 Hibiscus  glaber 別名:テリハハマボウ】
モンテンボクは、Mountain の木という英語+和語から、できた言葉のようです。
c0128628_2039101.jpg

こちらは、先日新宿御苑で見たハイビスカスの一種。

これらの花に共通はのは、3つともHibiscusという学名がついていること
ですが、花びらが中心部分を軸として、ぐにゃっとひねったような形をしていることです。
五弁の花びらの右が上、左が次の花びらの下に来ています。
c0128628_2040125.jpg

プルメリアも同じ構造です。花びらが風車のように重なっています。
ハワイのレイに使われる香り高い花です。
プルメリア【Plumeria 】熱帯アメリカ原産。
c0128628_20404763.jpg

また、これも新宿御苑の温室で見たものですが、
ウナズキヒメフヨウ。これは全開することがなく、蛇の目傘を半開きにした状態で
終わりです。
ウナズキヒメフヨウ【頷き姫芙蓉 フヨウ科 Malvaviscus arboreus】中央アメリカ原産
c0128628_20412781.jpg

こちらは、どこかの温室で見たサボテンの一種。7~8のセクションに分かれて
いますが、ぐにゃっとひねった形のものもあり、おもしろいと思いました。
c0128628_20421325.jpg

こちらは、有名な酔芙蓉。この写真を撮ったのは、午前8時ごろですが、
だんだん(酔いがまわってくると)薄ピンクから、夕方には、完全に酩酊して
傍らに見えるくしゃくしゃになった花びらのように濃いピンクになって、その日のうちに
しおれます。色が白から濃いピンクに変わるので、酔芙蓉と呼ばれますが、
命名の仕方が粋ですね。
スイフヨウ【酔芙蓉 アオイ科 mutabilis cv. versicolor】
この花は、酔った美人が口を押えてうふふ・・・・と笑っているみたいでしょ。(笑)

[PR]
by tamayam2 | 2012-12-04 20:44 | 日々のできごと | Comments(12)

【549】日本橋べったら市

10月20日、日本橋界隈に出かけるついでがあったので、
開催中のべったら市に足を伸ばした。日本橋からも神田からも徒歩で
行ける昔からの商店街、その中心は、宝田恵比寿神社。
江戸時代から続く伝統のある神社だそうだが、お社は、とても小さい。
c0128628_13333546.jpg

地元の人たちは浴衣姿、法被姿で、なんだかウキウキした雰囲気。
これから、踊りでも始まるのだろうか。
c0128628_1334656.jpg

べったら漬けは、今はやりの麹をつかった発酵食品。
品のよい甘さで、ばりばりと箸が進む。
c0128628_13343642.jpg

東京の下町には、ほおずき市、朝顔市などいろいろな市が立つが、
べったら市が秋の風物詩、その後の酉の市で一年が暮れる。
c0128628_13345763.jpg

ドイツに住んでいたとき、NHKの「今日の料理」でべったら漬けの
作り方を見て、作ってみた。向こうには、太い冬ダイコンは無く、
細い(たいがいスの入っている)ダイコンを塩漬けにし、日本から送って
もらった麹を使って約1週間でべったら漬けが完成した。

アパートは、セントラルヒーティングで昼夜とぎれなく24度ぐらいに
設定されているので、ヒーターの近くに置いておくだけで、発酵の適温を
保つことができるのだった。日本人の友人に分けてあげたくてあっちこっちに
お土産として持参したが、電車の中でもなんだか「ちょっと変な匂い」が漂うのは避けがたく、ちょっと具合が悪かった。
c0128628_13354957.jpg

日本人には、懐かしい漬物独特の匂いなのだが、西洋人にはちょっと苦手な
匂いだったに違いない。先回ご紹介しただるまストーブの上に沢庵入りのお弁当を置いら、どんな匂いが漂うかご想像ください。
今年のべったらい漬けは、一本1200円~1500円ぐらい、一本買ってもあっという間になくなってしまいそう。
c0128628_1336999.jpg

いろいろな屋台が出ていたが、享保3年(1718年)創業の江戸屋さんが
目についた。刷子束子専門店です。
刷子(ブラシ)、束子(タワシ)という漢字もなかなか昔風ですね。
江戸屋さんの店先では、化粧用の刷毛(ハケ)類も売られていました。
ちょっと粋筋の女性たちが頬紅や口紅を塗るハケ類に目を輝かせていました。

私がここで買ったのは、ちょうど買い替え時のタワシ・・・。(>_<)

[PR]
by tamayam2 | 2012-10-22 13:36 | 日々のできごと | Comments(18)

【548】小学校で教えること

先日、信州に行ったとき、松本の開智学校を見てきた。
明治9年に建てられた尋常小学校の内部が保存されている。
明治政府が初めて学制を敷いたのが明治5年、教育県と言われる長野県は、
それから4年目にこんな立派な校舎を建てている。
県の予算だけではなく、民間の寄付もたくさんあったのだろう。
c0128628_1258768.jpg

校舎のファサードに、竜の彫り物があり、瑞雲がただよい、驚くべし、天使まで
舞っている。めでたいものは、東洋のものであれ、西洋のものであれ、あまねく
取り容れるのが日本の文化なのだから。
c0128628_12585766.jpg

懐かしい小学校の木製の机、石版や綿を丸めたロウセキを消すもの。
c0128628_12594347.jpg

だるまストーヴや謄写版。(私の世代は使っていました!)
オルガンの横にある台は、燭台(ろうそくを置く台)だそうだ。
c0128628_1301971.jpg


二階には、各時代の小学校の教科書が。
c0128628_131332.jpg

寺子屋時代の百姓往来。 手習い帳。毛筆で、「以」という字から平仮名の「い」、
「伊」という字から片仮名の「イ」を教えたものだろうか。
c0128628_1312524.jpg

これは、ちょっと時代が違うようだが、「ヨキネコ、ワロキイヌ」って、価値観の
押し付けだわね。(笑)
「ユキ、シロシ、カラス クロシ」こういう紋切型は、覚えやすいけれども、
発想が貧困になりそう。
c0128628_1315254.jpg

また、廊下に展示されていた木版画は、当時の教育風景を描いているが、
子供には、まず、絵を見せてその名を教えていくのが基本のようです。
私が植物を見て名を覚えている様子とまったく同じ方法なので、思わず、にんまり
してしまいました。

閑話休題
最近週刊誌で知って驚いたことですが、広島県野間川にできたダム湖の名を公募したところ、
「栗(マロン)湖」という名が採用されたそうです。県の名称検討委員会が
選考に当たり、「耳に心地よく、若い世代に受け入れやすい」名称として、栗湖と書いて
(「クリコ」と読ませるのではなく)「マロンコ」と読ませるそうです。

栗の砂糖漬けをマロングラッセと言いますが、栗=マロンではなく、ちょっと無理が
あるなぁ~(>_<)

地名に、こういう一見外国語風、片仮名語の命名はいかがなものだろうか??
漢字の本来の音でも訓でもないモノを読ませて、洒落たつもりになっているとは!

今、この地方は、栗が実り紅葉が美しい季節を迎えているでしょうに、こんな
変テコな名前をつけて、若い世代におもねて・・・県の役人の貧困な発想は
代々に記憶されるべし。

教師をしている友人が言っていましたが、この頃の子供の名前が判じ物のようで
読めない、覚えられない・・・で、困ってしまうそうです。

月と書いて、ルナちゃん、澄海と書いて、スカイちゃん、海と書いてマーレちゃん、
心愛は、ココアちゃん、留樹は、ルージュちゃん・・・この頃の若い親は、いったい
何を考えているのでしょう。この子たちが大きくなるまで、人生の様々な場面で
いちいち説明を要するような名をつけなくても、わが日本語にたくさんいい名前が
あるでしょうに!
 
外国かぶれを通り越して、日本語を忌避しているようにさえ感じます。

小学校では、日本語の読み書きと同時に、日本語の美しさを十分味うことができる
能力を涵養してほしいですね。

[PR]
by tamayam2 | 2012-10-17 13:03 | 日々のできごと | Comments(10)