2015年 04月 27日 ( 1 )

【727】信州へちょっとお出かけ

24日、久しぶりに信州に出かけました。一泊したかったのですが、
翌日に大事な会合があったので、日帰り…。
気持ちよくはれ上がった春の日。駅前ひろばも、小川のほとりも、
どこもかしこもサクラが満開でした。
花びらのひとひらも散っておらず、今しも満開になったばかりという
タイミング。
東京で、花の盛りを味わい、再び信州でもサクラを見ることができて
しあわせな気分でした。

さて、降り立った駅の脇に梢が赤い樹を見つけました。
もしや、と思い望遠レンズで見てみますと、はたしてアメリカハナノキでした。
この花をヨーロッパやアメリカで知って以来、日本にもあるのだろうか、と
探していたので、再会できてうれしかったです。
アメリカハナノキ【Acer pycnanthum カエデ科/ムクロジ科】
c0128628_957694.jpg

雌木の花は、こんなふうに長く垂れ下がっているのです。
すでに、プロペラ状の小さい果実も見えます。
c0128628_9574561.jpg

上の別の木は、雄木でしょうか、すでにカエデのような幼葉が見られます。
秋の紅葉を思わせるように真っ赤です。秋には、きっと素晴らしい紅葉が
見られるでしょう。
c0128628_9583361.jpg

チョウも見ました。
c0128628_959542.jpg

  再び「通りすがり先生」より、ご指摘を受けました。これは、
  シータテハではなく、キタテハだそうです。本当にありがとうございました!

こちらは、スジグロシロチョウでしょう。
c0128628_100299.jpg

西洋では、カタクリは、ほとんど黄色、
ミズバショウも黄色のものが主流です。
訪れた湿地で、見かけたのは、白と黄色のミズバショウ
c0128628_1004132.jpg

懐かしく思い、カメラを向けました。
c0128628_101683.jpg

緑の葉が青々しく、キャベツのようにバリバリと食べたくなりますが・・・
これは、英名が示すようにSkunk cabbage(スカンクのキャベツ)。
人は、食べないほうがいいですね。
c0128628_1014014.jpg

空を見上げるとカラマツの梢が青い空に透けて・・・
やはり、信州の空、空気はいいなぁ~と胸いっぱい清涼な空気を吸いました。

by tamayam2 | 2015-04-27 10:02 | たび | Comments(12)