2012年 04月 12日 ( 1 )

小石川植物園 4月

10日、少し時間があったので、小石川植物園に
行ってみました。昨秋以来半年ぶり。
いくつかの春の花々を見ることができました。

丸の内線茗荷谷から歩いていくと、途中の播磨坂では、
桜並木の下、お花見の人々で盛り上がっていました。

植物園の中のサクラも満開。いつもより混んでいるよう
でした。私が選んだこのサクラは、何という種類なのか・・・
売店のそばにありました。   
c0128628_6301695.jpg

c0128628_6311257.jpg

こちらは、イカリソウ。怒りではありません。船が停泊するとき
に使う碇です。春を謳歌しているようです。
c0128628_6332087.jpg

花後、おじいさんのヒゲのような種をつけるから、翁草。
高さ10cmほどの小さな株でした。
c0128628_6351960.jpg

あちこちで繁茂していたバイモ。うつむき加減で、
お顔を覗くのがむずかしいです。
c0128628_6365395.jpg

この王冠のようなものは、先日「早春植物 その1」でUpした
セリバオウレンの種です。花は、3月に散ってしまいます。
気がつくと、種になっているんです。なかなか花を見ることが
できませんでした。でも、種は種で風情がありますね。
c0128628_6391870.jpg

箕を被った農民が集まって談合しているような姿です。
これも高さ10㎝ほどでした。成長すれば、けっこう大きな一枚葉に
なります。
c0128628_6415079.jpg

援護策ではなくて、延胡索と書きます。
何だか花に似合わない固い名前ですね。小さな花なので、
撮影は難しかったですよ。
c0128628_6451533.jpg

どこにでも見られるタチツボスミレですが、園内いたるところ
で見ることができました。
その他にも、ユキワリイチゲ、ヤマアイ、ニリンソウ、いろいろな
樹木の若芽たち、萌えいずる春になりにけるかも・・・です。
キョロキョロしながら、散策を楽しみました。

by tamayam2 | 2012-04-12 06:51 | 日々のできごと | Comments(17)