【825】6月の出来事から

1)#東京

東京に長く住んでいるが、あまり馴染みのない場所も多い。5月に所用があって、

京浜急行の駅、「青物横丁」というところへ出かけた。品川から羽田空港行き急行電車にのって1駅。

すぐそばを「旧東海道」通りが走っている。ここが東海道五十三次の第一の宿、品川の宿である。お江戸日本橋から約二里。大名行列が歩いて二里から三里行くと、宿がある。そこで、一泊して翌日のために体を休めたのだ。

c0128628_09042096.jpg

駅前の通りは、「ジュネーブ平和通り」。えっ? なぜ、スイスのジュネーブ?と疑問がわいた。地元の方にうかがうと、

駅のそばに品川寺(ほんせんじ)というお寺があり、そのお寺所有の明暦3年(1657年)に鋳造された大鐘楼が、

どういうわけか行方不明になった。その後、パリやウィーンでの万国博覧会に出品されていることがわかり、最終的には、

スイス、ジュネーブの博物館に所蔵されていることが判明。ヨーロッパで手厚く保管されていた鐘楼は、お寺側の要請によって、

昭和5年(1930年)、日本に返還された。実に、60年以上もヨーロッパに渡ったままだったのだ。その大梵鐘返還を記念して

「ジュネーブ平和通り」と名づけられたという。「青物横丁」という駅名も変わっている。この辺りは、江戸時代には、

近隣の農家から青物(野菜)が集められ市が立った。

c0128628_09040775.jpg

江戸庶民の貪欲な食欲を満たしたのだろう。商店街をぶらつくと、新鮮な野菜や魚が光って見えた。

帰り道、私は、信じられないほど新鮮な魚を安価に手に入れ、ほくほく顔で帰宅した。地元の人は単に「あお・よこ」と呼んでいる。


2)赤城自然園

北斎の版画に有名な大波の絵がある。波頭はまるで人の指のように泡立って何かを掴み取ろうとしている。

北斎は、大波のしぶきをそんな風に感じたのだろう。

c0128628_09113712.jpg

日本の野草に、タツナミソウというのがあって、ウチの周辺の路地でも見ることができる。花が一方に偏って向き、子細に見る

と本当に波頭のようだ。

c0128628_09120929.jpg
c0128628_09114768.jpg

赤城自然園の林床一面に広がった紫色の花は、はじめ何かよくわからなかったが、このタツナミソウ(Scutellaria indica)だった。

c0128628_09115910.jpg

小さな地味な花が集団になると、とてもダイナミック!たまたま、その時期に訪れたから目にすることができた光景だった。



by tamayam2 | 2018-06-28 09:13 | Comments(2)
Commented by rumikoh at 2018-06-28 09:59 x
tamayamuさん

いつもfacebookを読ませていただいていますが
ブログも良いですね。
タツナミソウから 北斎の浮世絵までさすがtamayamさんですね。楽しませていただきました。
帯状疱疹の地獄から何とか抜け出したのですがまだ頭痛などの後遺症があり家でおとなしくしています。
Commented by tamayam2 at 2018-06-29 17:13
♡~ rumikohさん、
帯状疱疹とは、たいへんですね。なにだか訳がわからない
原因でいろいろ不愉快な症状が出て。ウチの親族でも長らく
苦しんでいた人がいましたが、今は、話題にしませんので、
良くなったのだと思います。Facebookで書いたものを採録
しているのですが、なかなか過去のことになりますと、どれ
を選んでよいか…ま、楽しんでやっています。今日は梅雨が
明けたとTVが言っていました。暑くなりますが、健康で、
いましょうね。
【824】五月の日々 >>