【824】五月の日々

)小田原の郊外

c0128628_17394176.jpg

この写真を見ると、♪春の小川はさらさらいくよ~ という童謡が口から出てしまう。

じつは、この場所は、♪メダカの学校は川の中~ と歌われた童謡のふるさと、小田原市

荻窪用水なのだ。1951年(昭和26)にNHKで歌われ、全国的に広まった。作詞家の茶木

滋は、この近くに住んでいたという。作曲は、中田喜直

c0128628_17280418.jpg

友人の案内で行ったこの川には、土手に懐かしい野草がいっぱい!湧き水が歌のようにさらさらと流れていて、

川床には、水草がびっしり。メダカには格好の住処だ。更に目を見張ったのは、岸辺に生える水草! もしやこれは、

クレソンではないか??

ステーキの付け合わせに出てくるクレソンはフランス語。けっこうお高い野菜で、スーパーではポリ袋に入れられて大事そうに

売られている。少し苦みがあって、肉料理にはぴったり。和名では、和蘭芥子(オランダカラシ)という。

c0128628_17375634.jpg
c0128628_17373608.jpg

昨日、オランダにお住いの<さんが運河沿いにびっしり生えたヤマニンジンを紹介してくださったが、ヤマニンジンはセリの仲間。

こちらは、アブラナ科。葉の形が違うものを二種類見たが、私は、あれを、サラダにしたら、おいしそうだなぁ~と考えていた。

現地の人は、身近に生える草なんかに目もくれないようだったが…


2)できごと

c0128628_17495933.jpg

昨日、学生時代からずっとお付き合いが続いている友人と食事をした。一人が海外から一時帰国している。

というのも、高齢の父上が亡くなって、その後のいろいろな後始末のために、長女としての務めを果たしている

ところなのだ。私も長女で同じような立場だが、今後起きるであろういろいろなことにどう対処すべきか…

c0128628_17502512.jpg

常々考えめぐらせている話題なので、楽しい再会ではあるが、現実的な話も尽きない。ちょうど新緑の候、

我々三人は、ベランダでフルコースの食事をした。虫もおらず、暑くもなく、寒くもなくとても気持ちがよく過ごせた。

こんな日は一年のうちでもめったにないことだろう。


3)#植物

5月には、いろいろな花が咲くが、中でもどうしても見たい花がいくつかある。その一つが

オオヤマレンゲ(モクレン科)学名にシーボルトの名があるように、シーボルトの命名で、日本原産。

初めて見たのが、オランダ、ライデン大学の付属植物園。シーボルト記念碑のそばのやぶの中にひょろっと

生えている木に白く、香り高い花を見つけた。日本で見たのは、長野県木曽郡上松町の赤沢自然休養林で。

それと、昨日訪ねた赤城自然園で。風の強い日だったので、なかなか撮影が大変だったが、山中に大きな株が

数本植わっている。気高く、高貴な感じのする花で、シーボルトも発見したときは、感動したにちがいない。

c0128628_17391330.jpg

4)#おもいで

c0128628_17364746.jpg

ウスバシロチョウを初めて見たのは、信州の北部、飯山市で。地元の友人が小高い丘の上にある「阿弥陀堂」に

連れていってくれた。南木佳士の小説、『阿弥陀堂だより』の舞台になった場所。後に映画にもなった。

南木の小説を読んだのは初めてだったが、その美しい信州の描写、人の心の細やかな描写に感動し、その後、

南木の小説を読むようになった。映画には、重要なキャラクターとして、あの北林谷栄も出演している。

味のあるおばあさん役の俳優だったが、もう故人になった。




by tamayam2 | 2018-06-25 17:55 | 日々のできごと | Comments(0)
<< 【825】6月の出来事から 【823】忙しかった五月 >>