【819】早春の花々と野鳥たち

3月も半ばを過ぎサクラのたよりもあちこちから届くようになりました。

まだまだ寒い日が続きますので、油断はなりませんね。


1)早春の花々

セリバオウレンがとても好きで、いつもの定点撮影の場所で撮影しているが、

今年は、牧野先生がお好きだったというバイカオウレンの実物も見ることができて、

うれしかった。バイカというのは、梅の花のこと。

c0128628_05474397.jpg
c0128628_05481369.jpg

大泉学園にある練馬区立牧野植物園で、ユキワリイチゲを見た。まだ残雪があるようなところに雪を割って花を咲かせるので

ユキワリ~と呼ばれる。

葉はこの種のものは褐色で汚れたような斑が入っている。夕刻のころ、花に西陽が当たって美しかった。

3月に入ってから野川で見たアズマイチゲ

c0128628_05483296.jpg

八王子市の薬草園でみたフキノトウはとても小さいものだったけれども、寒さのせいか苞が紫色に変色していた。

今年の冬は殊の外寒かったからね~ 

c0128628_05490323.jpg
c0128628_05501304.jpg

そこの崖の下には、早やカンザクラのような赤い花が見えた。


2野鳥たち

Facebookで野鳥の写真を見せてくださる方が何人かおられ、冬枯れの日々には心がなごむ。私も野鳥に会えば撮影したいと

思うのだが…相手に羽があるから、すぐ逃げてしまうのね~ 今日は思いがけず大物に遭った!コゲラはキツツキの一種。

c0128628_05510191.jpg

Dendrocopos kizuki 学名のkizukiはキツツキのことだろうね。英語では、Japanese pygmy woodpecker 日本の固有種です。そばにいた野鳥にくわしいおじさんによると、いま野鳥が食べるべき木の実が乏しいのだそうだ。このコゲラは、運よくカマキリの卵を見つけたので、それをつついているのだと。樹の幹に産み付けられた虫の幼虫や卵が、この異常に寒い冬を生き延びるための餌なのだそうだ。越冬というのは、野生動物にとって生存を賭けた戦いなのですね。

c0128628_05514189.jpg
c0128628_05520550.jpg

新宿御苑でみたヒヨドリは、サクラ見物している人が見ていても構わず、サクラの花の蜜を吸っていた。

ウチの餌台にもヒヨドリが来るが可愛いというより、ならず者!やりたい放題!

メジロなどの小鳥を蹴散らかし、餌を喰い散らかし・・・それでも憎めないで毎朝ミカンを一個かりんご1/4を餌台に置いてやる。

c0128628_05532583.jpg
c0128628_05533639.jpg

野川公園で、ツグミを見た。鳥を撮影する人が、「スズメ並みにどこにでもいる」と笑って

いたけれども、至近距離から撮影できてうれしかった!

313日に出かけたら、春はまだまだの感じではあったが、キブシが萌黄色のカーテンのように目の前に広がっていて、

美しいと思った。

c0128628_05540108.jpg

辺りには、人影もなく、自分ひとりで、こんな風景を見ているのが、幸せなような、もったいないような気分になった。



by tamayam2 | 2018-03-17 05:56 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-03-17 19:47
こんばんは。
いよいよ春ですね。
セリバオウレン、お好きですか?
毎年絵の先生が根付きのものを教室に持ってきてくださり、
それをまたもらって帰り庭に植えています。
元気に増え、今年もたくさん咲きました。
アズマイチゲ、ユキワリイチゲはないですが、キクザキイチゲは友人から貰い、
この花もまた毎年増えていますよ。今満開です。
鶯も2、3日前からやっと鳴き声が聞こえ始めました。
山から庭に飛んでくるようです。早春の花を求めての外出は楽しそうですね。
Commented by tamayam2 at 2018-03-21 16:40
♡  PochiPochi-2-sさん、
セリバオウレン大好きです。その他の小さい春の使者たちも!
毎年、それらを訪ね咲いているのを見ると、あ~また一年
生き延びた。うれしいなぁ~と生きていることに感謝の祈り
をささげたくなります。(大げさとお思いかもしれませんが、
ほんとうです)特に、2017年は、膝の手術をしたので、もう野山には行けないかと思っていたの。あなたのお庭には
そういう春のお花が育っていていいですね。絵を見せていただきますね。
Commented by ikutoissyo at 2018-04-01 10:33
ご無沙汰しています。
あちこちお出かけになっていらっしゃいますね。
歩ける喜びは何物にも代えられませんね。
膝の手術経験者ですので、お気持ちは同じです。

季節が動いて、あっという間に春爛漫です。
何処を歩いても桜・さくらです。
見飽きることはありません。
これから開花する八重桜が終わるまで、まだまだ楽しめそうです。
お元気でお過ごしくださいませ。
Commented by Yozakura at 2018-04-25 15:07 x
tamayam2 様
 無沙汰して居ります。
 いつもの如く、美麗な写真を次々と拝見して居りますと、枯れ残りの草の茎に止まり、何やら無心に啄ばむコゲラ君が居ますね。「一体、何を遣っているのか?」と不思議に思ったのですが、地元の愛鳥家の小父さんの解説有り。
 「草の茎に産み付けられた螳螂の卵を捕食中である」との由、疑問が氷解しました。
 これで、凡そ100匹近くの螳螂の赤ちゃんの命と引き換えに、コゲラ君が生き残る可能性が拡がった訳ですね。タイミングの良い解説の紹介、有難う御座います。正に「喰うか、喰われるか!」と云う生存闘争なのだと了解しました。
 お元気で。
 
Commented by tamayam2 at 2018-05-08 13:09
♡~ ikutoissyoさん、
足も老化しましたが、アタマのほうもだんだんトロくなってしまい、久ぶりにBlogをUpしようと思っても、ドジばかり。
我ながら悲しくなります。。。トホホ。
どうか、末永くお付き合いくださいませ。
Commented by tamayam2 at 2018-05-08 13:13
♡~なつかしいYozakuraさま、
随分ご無沙汰をしております。一か月に一度ぐらいの頻度で、
Blogを書くものですから、どうも勝手がわからず、うろうろ
してしまいます。年は取りたくないもの・・・。
自然はいつも私の心の慰めになります。どの人にとってもそうでしょうが、忙しいときには、自然の移ろいも目に入りませんね。できるだけ、戸外に出て写真を撮ろうと努力しているのですが、この春先は、忙しいことが多く・・・これからは心を入れ替えて、と思っているのですが、年をとったのでしょう、何事もスローペースになっております。どうぞ末永く、お付き合いくださいませ。
<< 【820】連休が終わって・・・ 【818】冬のお出かけ >>