(813)小笠原諸島のチョウ

1)ぽかぽか陽気の9日、久しぶりに多摩動物園へ。
チョウが放し飼いになっている温室は更に暖かく、上着を脱いで撮影。


c0128628_05275854.jpg

コセンダングサは、沖縄県などに多い外来生物。チョウに好まれているが、8頭のキタキチョウが鈴なりに。
その中に薄青の翅をもつ小型のシジミチョウ。これはまさか、オガサワラシジミCelastrina ogasawaraensis

ではないだろうね。


c0128628_05295558.jpg

8日付け東京新聞によれば、絶滅危惧種のオガサワラシジミを多摩動物園で人工繁殖に成功したと書いてあったが、

一般公開はしていないとも書かれていた。私はシジミチョウのことはよくわからないので、疑問のまま。

ずっと観察していたが、一度も内部の色を確認することができなかった。残念!

c0128628_06165219.jpg

2)8日は成人の日でしたね。Facebookでお付き合いのあるAさんとBさんも、成人になられたことを知り

ました。自然観察の立派な文章からみて、まさかそんなに若い人とは知りませんでした。その人たちの「友人」に

Cさんという人がいて、コメントのやり取りからすると、お二人の大学の教授らしいのです。ひゃ~驚きました。

私は、みな30代、40代の方々かと思っていたのです…。これがFacebookのよい所でもあり、恐ろしい点でもありますね~ 

c0128628_05312855.jpg

さて、これは、多摩動物園の昆虫館にいたイシガキモリバッタです。大きな目玉で天を仰いで、祈りをしているような姿。

でも、ちょっと胴が長すぎる。背後にフンが落ちているようですから、食べすぎなのかもしれません。


3)バラは年間いつでも咲いているが、冬のバラは厳しい寒さに耐えている。葉は赤茶色になり、つぼみは堅く閉じたまま

固まっている。ここ数日、日本海沿岸では、寒さが厳しく、豪雪と聞く。

雪が降れば、車も出せない、雪かきもしなければならない、特に高齢者の家庭では大変なことだろう。

鳥取に住む友人のことを思って心配しつつ、TVを見ている。

c0128628_05332372.jpg

c0128628_05330796.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2018-01-12 05:34 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by ふく at 2018-01-13 10:30 x
今日の反応
こせんだんぐさ
あと雪かきを想像してます。
Commented by tamayam2 at 2018-01-15 07:00
♡ ふくさん、
コセンダングサは、あちこちの荒れ地ではびこって困る
外来生物ですが、なぜかチョウには絶大な人気があります。
寒いですね~こんな寒い時期にどうしてセンター試験など
やるのかなぁ~、もっと季候のいいときにやればいいのに
と思っています。お元気で。
Commented by ikutoissyo at 2018-01-15 08:58
我が家から徒歩で行ける多摩動物園です。
以前は年に何回も足を運びましたが、園内のあの坂道を想像すると
どうしても足が遠のいてしまいます。
それでも、ふっとチョウチョウに会いたくなって、昆虫園に的を絞って出かけたりしています。
コセンダングサが外来種の邪魔物だとは知りませんでした。
小花ですので好きな部類のお花でした。
Commented by tamayam2 at 2018-01-15 16:38
♡ ikutoissyoさん、
お宅から近いのね~ あの坂は、大変です。私もはぁはぁしてしまいます。11日行ったときにはモノレールのどの駅から
富士山がよく見えるかチェックしました。ご存じ?万願寺、甲州街道あたりはわりに美しく見えました。この日は、約6000歩ぐらい歩きました。
<< 【814】南の島で見た植物ーー... 【812】植物のことなど、最近... >>