【766】受難週によせて

Face Bookに掲載した小記事より、4つ選びました。
3月21日から26日、キリスト教では受難週にあたります。
c0128628_19531356.jpg

①3月18日
風邪を引いてぐずぐずしていたが、近所の友人宅まで出かけた。
通りがかりに見た目も覚めるような紅色のサクラ。
これは、緋寒桜(ひかんざくら)と言う。しかし、
同じころ咲くピンク色のサクラ、彼岸桜(ひがんざくら)という
ものがある。たった一字「か」/「が」の違いなので、
紛らわしいからと言って、緋寒をさかさまにし、
寒緋桜(かんぴざくら)と言い換えた。
・・・だんだん複雑になってきて、頭がごちゃごちゃする。
さてこのような目も覚めるよう赤色を緋色というようだ。
英語だと、スカーレット(scarlet)、
日本語だと、茜(あかね)色。
現代人なら、ワイン レッドというかな~

花見の名所に行かずとも、こんな美しい桜が見られて
気分が弾んだ。
c0128628_19533547.jpg

②さて、我が家では、冬になると野鳥が来る。
始めはメジロが来て、みかんを突いていたが、
この頃は、来なくなった。それは、このヒヨドリ
メジロを追い払い蹴散らかすからだ。
“性悪”のヒヨドリだが、毎朝来て餌をねだるものだから、
餌場にリンゴ、ミカンなどを置いてやる。
c0128628_1955533.jpg

21日、一年間にいただいた郵便物の切手をはがしていたら、
うちのヒヨドリによく似た鳥の切手が見つかった。
スイスの切手。切手の下に書かれた小さい文字、
Monticola  saxatilis をたどって調べてみれば、
コシジロイソヒヨドリ」ということだった。
きちんと学名が記されているこういう切手を私は、好む。
日本の切手には、あまり見ないなぁ~

③カンピザクラを見た同じお寺の境内で、美しい白モクレンを見た
割に低い位置に花が咲いていたので、花のしべを覗き込むように
して撮影した。
c0128628_19553484.jpg

撮影したものを見たら、なんだかオキーフの絵のようだったので、
ちょっと絵画風に加工してみた。
「Georgia O’Keefe(1887-1986)というアメリカの女流画家。
オキーフは、花を画面いっぱいに描く。
とくに、花のメシベを中心に。
花のいちばん芯に当たる部分は、大事な部分だけれども、
そこだけがクロ―ズアップされると、見る者は想像力の
スィッチが入って、空想の世界に遊ぶことができる。
かつてそういう手法で、花の絵を描いた人が
いなかったものだから、彼女の絵は注目を浴びた。」
下は、オキーフの絵。
c0128628_19564728.jpg

そうFaceBookに書いたら、エロスだの、官能美だのいろいろ注釈
する方があって、困った。私は、そういうことを言っているのでは
なく、絵は人それぞれに解釈したらいいと思うので、コメントに
返事を書かなかった。
オキーフは、花のクローズアップの絵だけでなく、アリゾナの砂漠に
転がっている動物の骨の絵もずいぶん描いている。
生と死が彼女のメインテーマであったのだろうと思う。
ちょうど、彼女が脚光を浴びていた1980年代に、私は、カナダの
大学で美術史をとっていたので、とっても懐かしい。
c0128628_19573880.jpg

④風邪がぐずついて、伏っていた日、ベルギーのブリュッセルで、
またしても、ISのテロがあった。
ブリュッセルは、ドイツに住んでいたころ、よく出かけた都市なので、
こころが痛む。
フランス語圏とオランダ語圏に分かれており、たくさんの移民を擁する
国際都市。EUの本部もある。そこに住む真面目な勤労者を
襲って、どんなよいことがあるのだろう。
本当に、やるせない思いだ。
c0128628_195822.jpg

写真は、ブリュッセルの中心、グランプラスの脇道にある銅版。
当時の写真を捜していたら、ピラカンサの実をついばむアムゼル
の写真が見つかった。
アムゼル(Amsel 独)、メルル(Merle 仏)、日本語では、クロウタドリ
日本では見たことがないが、人によく馴れていて、とても美しい声で
鳴く鳥。西洋では、スズメと同じぐらいよく見かける鳥である。
Turdus merula【ツグミ科】

by tamayam2 | 2016-03-24 19:59 | 日々のできごと
<< 【767】四月、春近し 【765】3月の日々 >>