【753】北八ヶ岳「坪庭」にて

標高2240mの北八ヶ岳「坪庭」は溶岩台地。
風が吹き土が飛ばされ、植物にとってはこの上なく
過酷な環境だが、それでも植物は生えている。
c0128628_9413474.jpg

9月最後の日、友人たちとここを歩いた。
ロープウェイのおかげで、子供でも登ることができる。

岩石の上にシミのような地衣類が生え、
そこに苔が生えると、どこからか針葉樹の種が飛んできて
芽を出す。過酷な環境に耐えたものだけが、生き延びる。
ここの植物は、みな、岩に這いつくばるようにして
強風から身を守っている。
c0128628_9401436.jpg

ロマンティックに響くコケモモの実。
(ローウェイの乗り場のある売店でジュースやジャムを売っていたが、
そんなものが作れるほど実が採れるわけがない。
どこかの栽培地で採れた実を使っているのだろう。)

この辺りで、有名なのは、縞枯れ(しまがれ)現象
10年を単位にして、針葉樹が縞状に枯れてしまうのだそうだ。(写真上)
この辺りにしか観察されないので、不思議な現象と言われている。
確かに枯れた木々の筋が幾筋も観察された。
c0128628_9415793.jpg

珍しいと思ったのは、ゴゼンタチバナ(御前橘)の赤い実!
c0128628_9423492.jpg

7月ごろには、端正な白い花をよく見かけるが、初めて実を見た。
ゴゼンタチバナのそばに、てらてらと光る葉が生えている。
c0128628_9431192.jpg

これは、小イワカガミの葉。
c0128628_9433278.jpg

夏には、ピンクのかわいい花を咲かせるコイワカガミ
c0128628_944393.jpg

ヤマハハコもあちこちに咲いていた。
c0128628_9443694.jpg

ハバヤマボクチ(葉場山ボクチ)は、ここではなく、翌日の八島湿原で見た
ものだが、珍しい形をしていたので、ここに載せておこう。
「ほくち(火口)」というのは、火打ち石で起こした火を燃えやすい
ワラなどに移して薪へ移動させるもののようだ。その形がこんな形

なのだろう。アザミの仲間。
c0128628_9452182.jpg

アザミもあちこちに咲いていた。
強く健気な花だと思い、一つ一つ撮影せずになおれなかった。
10月下旬には、早くも初冠雪の時期を迎えることだろう。

私にとって懐かしいこの地を案内してくれた信州の友に
心から感謝している。

by tamayam2 | 2015-10-17 09:45 | たび
<< 【754】モネの小径とツマベニチョウ 【752】八島湿原を歩く >>