【731】忙しい日には、ちょこっと散歩

このところ、忙しい行事が立て続けで、落ち着かない日々をすごして
おりました。忙中閑あり、ちょっと自然の中を歩きたくなって、
白金の自然教育園と、小石川の植物園をちょこっと覗いてきました。

暦は、少しずつ推移し、春から初夏に変わろうとしております。
昆虫たちの羽化も始まって、虫好きの私は、草地や雑木林を歩き回る
だけで、こころ愉しいのです。
c0128628_1472945.jpg

細かい花ですが、どことなく風情のある小花・・・調べてみたら、
これは秋の野を彩るマユミの花でした。
マユミ【檀 ニシキギ科 Euonymus hamiltonianus】
c0128628_148139.jpg

これは、数年前、長野県戸隠で撮影した11月のマユミの実
春の花と秋の実をいっしょにして覚えておこう、とUpしてみました。
c0128628_1484636.jpg

また、今、自然教育園で、辺りによい匂いを漂わせながら、細かい黄色の
花を散らしているのは、イイギリの花だと分かりました。
イイギリ【飯桐 ヤナギ科 Idesia polycarpa】
雄花は受粉が終ると、みな落花してしまい、雌花だけに実がついて
(当然のことですが)、落花せずに木にとどまっているということです。
c0128628_1491697.jpg

昨年の11月ごろ、ご近所にイイギリの実の美しいお家があったので、
撮影したものです。

このように、春のめだたない花と、秋の美しい実はとても同じ樹とは思え
ないのですが、葉や幹の特徴と共に、覚えておけば、秋の実を見るときに
よい勘が働くようになるかもしれません。
秋の赤い実は、どれもこれも美しく、幻惑されるばかりで、頭の中が
混乱してしまいがちですから。
c0128628_1495572.jpg

自然教育園で見たチョウ、2種類。
アオスジアゲハウラギンシジミ
c0128628_1505632.jpg

今、いろいろな種類のウツギの白い花が咲いています。
アオスジアゲハは、この世の春とばかりに、ウツギの花で吸蜜しています。
c0128628_152286.jpg

また、小石川植物園では、バイカウツギの花で、
オオスカシバがホバリングしながら吸蜜しているのを見ました。
オオスカシバ【スズメガ科 Cephonodes hylas】
翅が透き通っていて、胴体が太くブラシのような尻尾がついています。
c0128628_1524993.jpg

眼も大きくて、お顔を望遠レンズでとらえることができたので、
この虫に親しみを持ちました。
ハチドリのようにホバリングする姿は、とてもユーモラスです。

by tamayam2 | 2015-05-25 01:53 | 日々のできごと
<< 【732】北陸の町々へ 【730】両国散歩 >>