【699】11月の野川公園

9月から今まで、家にこもってパソコンの前に座っていることが多かったです。
秋のまばゆい光に誘われて、今日こそはと、朝から三鷹市、野川公園に行って
まいりました。
c0128628_857382.jpg

ここは、元国際基督教大学のゴルフ場があったところ、同大学に隣接する広い緑地です。
真ん中に野川が流れており、なぁんにも無い公園ですが、そこが自然の宝庫。
ジョッギングする人、犬の散歩をする人もたくさん見ました。
c0128628_858177.jpg

私は、まだ蝶の姿が見られるだろうか、木の幹にひっそり何かの蛹が隠れてはいない
だろうか、虫に会えればいいなぁ~と期待して行きました。
蝶は、シジミチョウ、黄チョウ、ツマグロヒョウモンをいくつか見かけただけでした。
植物は、大半が枯れており、実をつけているものも多かったです。
c0128628_903233.jpg

枯れた野の風情ですが、少し仔細にみれば、いろいろ珍しいものも見られました。
一番面白かったのは、センボンヤリ【キク科】の閉鎖花
閉鎖花というのは、普通の受精ではなく、自家受粉を行うものだそうです。
c0128628_8593888.jpg

立ち枯れた丸い花が美しかったばかりでなく、タンポポのような葉は青々として
おりましたし、傍らに蕾さえ見ることができました。
センボンヤリとは千本槍の意味でしょう。大名行列のときの槍でしょうね。
そのようにすくっと直立しているのです。
別名ムラサキタンポポとも言うようです。確かに葉はタンポポのようでした。
c0128628_905371.jpg

秋の実の代表格、ヒヨドリジョウゴ【ナス科】下は、ジョロウグモ。
c0128628_911922.jpg

ナナホシテントウムシ
c0128628_914820.jpg

その他、小さな虫たちも秋の陽ざしの中で活動中でした。
c0128628_92924.jpg

この(多分)カメムシの一種の名はまだ同定できておりません。
c0128628_924431.jpg

私も、自然から気持ちのよいエネルギーをいただいたようで、
体内の活力が生き生きとしてくるのを感じました。

by tamayam2 | 2014-11-15 09:03 | 日々のできごと
<< 【700】700回目のエントリー 【698】アメリカ、小学校のクラスへ >>