【696】冬時間

10月が去り、11月に入りました。
10月最後の日、つまり10月31日は、ハロウィンで東京の繁華街はにぎわった
そうです。商売に結びつけば、何でも取り入れちゃう節操なきわが国・・・
クリスマス、ヴァレンタインに次いで、ハロウィンもすっかり市民権を得たようです。
c0128628_7214119.jpg

さて、私がかつて住んでいたドイツでは、10月31日は、ハロウィンというより、
宗教改革記念日、マルティン・ルターが宗教改革の口火を切った日として記憶されます。
今年は、497年め、あと3年で500年に達します。

そして、翌11月1日は、諸聖人の日。昔で言うと、万聖節。
カトリックの諸聖人をお祝いする日ですが、日本で言うとお盆か、お彼岸のように
死者を覚える日です。
たいてい、その翌11月2日に死者の日として、お墓詣りをします。
c0128628_7221134.jpg

私Tamayam2は、2日の日曜日に、教会学校で、小学校低学年の子供たちに
サンタクロースについてお話をしました。
ドイツでは、12月6日がザンクト・二クラウスの日(聖ニコラウスの日)です。
c0128628_723377.jpg

子供たちは、この一年、良い子ちゃんだったか、悪い子ちゃんだったか、
ニコラウス様の前で審判を受けなければならない、きびし~い日となっております。
ここでは、サンタクロースが良い子のみなさんにいつもプレゼントを運んで来る
ハッピーな人物とだけ認識されてはいないのです。
(教育熱心な人たちですから、ただでは、子供にプレゼントを与えないのですね。)

聖ニコラウスは実在の人物で、4C、トルコ生まれの司教だった方です。
諸聖人に列せられたり、取り消されたりしましたが、やはり子供たちに最も親しまれて
いる諸聖人の一人であることは間違いがありません。

そして、お話の中で、サンタクロースとクリスマスとは無関係であると言いました
(そういうけじめを、本当は、日本の商売熱心な人たちに申し上げたいのですが・・・)
c0128628_7233111.jpg

この10月の終わりから11月にかけて、そこで生活している者にとって
非常に煩わしいことは、夏時間から冬時間に変わるという問題です。
c0128628_818398.jpg

10月最後の日曜ということになっておりますから、今年は、10月25日(土)の深夜
から26日(日)にかけて切り替わったはずです。
待ち合わせ等で、失敗をした経験を話し始めれば、いくらでも話題が尽きないでしょう。
ローカルの人たちはよく承知していることでも、寄留者である外国人には、
なかなか掴めない感覚です。

冬の日中の日差しを大事にして暮らさないと、健康を損ねるとも言われています。
凍てつく寒さと、頼りない太陽の光を愛おしむような日々が3月末まで続きます。
ドイツに友人によりますと、冬は、できるだけバルコン(ベランダ)に出て、そこで、
昼食をとったりお茶を飲んだりして日光を浴びるように努めているそうです。

町中を歩いておりますと、たしかに歩行に問題をかかえている老人たちが多いと感じます。
太陽の光が乏しいところでは、骨や筋肉が衰えやすいのでしょうね。
われわれも気をつけねば。

写真は、今年8月末訪問した、スイス、ベルンの時計塔
この写真のように市電がひっきりなしに通る道なので、ひかれないように注意しながら
撮影しました。首都ベルンは、町全体が世界遺産です。
冒頭は、ベルン大聖堂(Muenster)。ファサードには天国と地獄図が描かれ、
彫刻の周りに十二弟子を始め諸聖人が取り囲んでおります。

by tamayam2 | 2014-11-03 07:20 | たび
<< 【697】東京晴海のフラワー・... 【695】10月の銀ブラ >>