【682】スロベニアでクジャクチョウに出会った

Tamayam2は8月の終わりに、
中央ヨーロッパのスロベニアの首都リュブリャナに5泊しました。
スロバキアではなくスロベニアです。
1991年にユーゴスラビアから独立した若い国です。
c0128628_20113523.jpg

そこで、日本学の国際会議が開かれたのです。たくさんの若い学者にお目にかかったり、
旧交をあたためたりしました。どんな国か興味津々で参りましたが、英語がよく通じ、
危険な感じはなく、五日間気持ちよく過ごすことができました。
c0128628_20122438.jpg

会場のリュブリャナ大学まで毎日バスで通いました。
c0128628_2013424.jpg

(ぶら下がっているようなソーセジがおいしく、ワインも良かったです。
 左端に、私の影が映ってしまいました・・・きゃっ!)

この国は2004年にEUに加盟し、ユーロが使えますし、ホテルのWiFiシステムも
よく完備されていました。ウィンター・スポーツがさかんで、日本のスキーの選手が
トレーニングのために滞在するようです。
c0128628_20154130.png

この国は、北は、オーストリア、ハンガリーに接しており、
南は、イタリア、クロアチアに接しています。しかし、日本からの直行便は
なく、ヨーロッパの主要都市から乗り継ぐ必要があります。
(上の画像で、黄緑色の部分です。)
c0128628_20164826.jpg

私は、3日目ちょっとさぼって植物園に行ってきました。
1810年(文化7年)に創立された植物園は、1919年(大正8年)に大学の管轄に
なったということです。小規模ながら、よく整備されていました。
そこで見たチョウのドラマ。
日本では北海道でよく見られるクジャクチョウが、ブッドレア―の花に
たくさんとまっていたのです。
クジャクの翅についている丸い眼のような模様に似ているということで
クジャクチョウ(タテハ科)と呼ばれています。鳥を威嚇する効果がある
ようですが、裏翅は、ごらんの通り、枯葉模様。
c0128628_20175464.jpg

これも擬態の一種です。
c0128628_2018251.jpg

枯葉模様の翅をしずかに開いてギョロ眼をのぞかせてくれます。
そして開翔・・・。
c0128628_20184591.jpg

美しいチョウと向き合う何分かは、私にとって幸せなときでした。
c0128628_20195296.jpg

多くの人は、ほとんど関心を示しませんが、
スロベニアでチョウが見られて、うれしいなぁ~、うれしいなぁ~と
心がおどりました。

by tamayam2 | 2014-09-08 20:20 | たび
<< 【683】長年の夢だったユーレ... 【681】チョウの翅を撮る >>