【681】チョウの翅を撮る

東大駒場博物館で「日本の蝶」という展覧会を見たとき、
チョウの羽を配置したポスターを美しいと思った。
c0128628_17503531.jpg

過去ログ:2014年8月【676】日本の蝶展
撮影されたのは、科学写真家の伊地知国夫氏。

8月18日、その方の講習会があったので駒場博物館に再び出かけた。
子供にも大人にも科学の不思議さ、楽しさがわかるいい講習会だった。
大阪や他の都市も巡回していたようだけれども、夏休みが終わったので、
次は、東京・調布で行われる。ご興味のある方は、どうぞ。
駒場博物館の前にある大きなヒマラヤスギ。
c0128628_1753532.jpg

伊地知国夫 “写真で楽しむ科学のふしき”
一般向け20名: 10月4日(土)13時~
富士フォトギャラリー 調布(Tel.042-481-8049)
ffis.photogallery.chofu@fujifilm.com

c0128628_17524181.jpg

私は、博物館の標本をお借りして、伊地知先生のマネをしてチョウの翅を
マクロレンズで撮る練習をした。
c0128628_17525871.jpg

チョウの翅は、くわしく見たことがなかったが、拡大してみると、ほそい骨によって
支えられており、細かいヒダのような毛の層が重なっていることがわかる。
また翅のへりには、羽毛が見える。鱗粉がうっすら浮かび上がっているものもあり、
それはそれで、また美しいチョウの世界が見えてくるのだった。
c0128628_17532120.jpg

伊地知先生は、静かな話し方をなさる方で、自然界のできごとを、どうやって
レンズでとらえるか、情熱をもって語り、指導してくださった。
c0128628_17534877.jpg

【おしらせ】
Tamayam2は、明日から2週間ほど海外へ出かけますので、
Blogはしばらくお休みにします。

残暑きびしいおり、みな様お体にじゅうぶんお気をつけてお過ごしください。
by tamayam2 | 2014-08-22 17:55 | おしらせ
<< 【682】スロベニアでクジャク... 【680】深川八幡の水かけ祭り >>