【687】ガガイモ科にこだわって

このBlogを始めて7年になるが、エキサイトの検索機能を使えば、過去の記事から
特定の語句を探し出してくれる機能はありがたい。私が初めて、ガガイモ科
注目したのは、2009年であった。変な植物だなぁ~というのが第一印象。
それから、この植物がチョウと関連があることを知って、なおさら興味をもった。
過去の記事から、ガガイモ科を扱っている記事は、11ある。
「 」内は、題名、( )内は、あつかっている植物名。
c0128628_983424.jpg

1.2009年10月「サボテンの花」(大花犀角、セロべギア)
2.2010年07月「ミヤマカラスアゲハ」(イケマ)
3.2010年09月「コノハチョウ」(ガガイモ)
4.2010年10月「南国のチョウ」(トウワタ)
5.2011年02月「ホヤ ガガイモ科①」(ホヤ・ムルティフロラ等)
6. 2011年07月「トウワタの仲間ガガイモ科②」(トウワタ、ルりトウワタ、フウセントウワタ等)
7. 2011年07月「ハート型の葉ガガイモ科③」(ハートカズラ)
8. 2011年07月「暗渠の上の小道 ガガイモ科④」(フウセントウワタ)
9. 2012年02月「ブータンシボリアゲハ」(イケマ、キジョラン)
10.2012年08月【529】「日光でガガイモ科植物に出会う」(ツルガシワ、ガガイモ、コバノカモメヅル)
11.2013年06月 【611】「虫の季節」(クサタチバナ)
c0128628_985944.jpg

ところが、最近は、このガガイモ科というのは、キョウチクトウ科に分類されるというのだ。
APG系分類は、植物のDNAに基づく新しい分類体系ということだ。
c0128628_991779.jpg

今までは、見た目の類似性に基づいて分類していたものが、このごろでは遺伝子の配列に
よって分類するように変わってきているらしい。見た目ではよく似ていても「他人のそら似」と
いうことがある。ふむふむ・・・確かにそういうことがある! 
c0128628_99402.jpg

キョウチクウと言えば、高速道路などの沿道で廃棄ガスがひどい乾燥地に、ピンクや白の
花を咲かせているあの植物。キャンプ地で、BBQをしていた人が近くに生えていたキョウチクトウ
の枝を削って串を作り、その串に刺した肉を焼いて食べたところ、激しい食中毒にかかり、
ある者は落命したというほど、猛毒の樹。
旧ガガイモ科に属する植物もちょっと怪しい感じがする。
そういう毒素を含んだ植物をチョウが好み、鳥から捕食されるのを避けるとも言われる。
c0128628_9101338.jpg

c0128628_91140100.jpg

4月にワシントンのNational Botanic Gardenで見たHoya の仲間。
サクラランの仲間といわれているが、まるでプラスティックでできているように
艶やかで固い感じの花。また、5月に訪れた京都府立植物園で見た、クサタチバナや
チョウジ草。5弁の花と中心の蕊を見れば、なんとなくHoyaとも共通点がありそうだ。
c0128628_9103093.jpg

ガガイモ科も非常に多くの植物を含んでいるので、全部が全部キョウチクトウ科に
属するのかどうかよくわからないが、これから注意して見ていこう。

by tamayam2 | 2014-05-31 08:55 | 日々のできごと
<< 【688】多肉植物の造形美 【686】スキマ植物 >>