【685】三社祭りに行ってきました

ピーカンの土曜日17日、浅草の三社祭りに行ってきました。
浅草駅からもう大変な人出。そろそろと伝法院通りのほうへ歩を進めて行きますと、
にぎやかなお囃子の響きに続き、各町会のお神輿が次々と登場します。
c0128628_8511042.jpg

人と人の間から、お神輿風景を撮影させてもらいました。
c0128628_8513614.jpg

担ぎ手も先導役もテンションが上がっていますから、うろちょろしていると、
弾き飛ばされそう。
揃いの袢纏に、ふんどしの男衆。
c0128628_852831.jpg

女性は、頭に手拭い・・・やっぱり若い女性の担ぎ手は、お神輿の華です。
どの顔も輝いて、玉のような汗を飛ばし、わっせ、わっせ!
c0128628_8523424.jpg

子供のお神輿も出ていました。
c0128628_8525862.jpg

このワンちゃんも、衣装をつけて、白足袋は、天然モノです。
c0128628_8531927.jpg

子供たちもこの日は、ハレの日、暑いので、飲み物も分けあっちゃう。
c0128628_8535189.jpg

昼時になり、花やしき付近の飲み屋では同じ印半纏の町衆たちが一休み。
c0128628_8541291.jpg

c0128628_8545899.jpg

袢纏の凛々しさに見とれてしまいました。
c0128628_8544124.jpg

女性の浴衣姿もすてきでした。
国際通りをずっと北のほうへ歩いて行きますと、
竜泉(りゅうせん)というバス停が!?
c0128628_8552937.jpg

竜泉寺町・・・と言えば、樋口一葉の『たけくらべ』の世界です。
樋口一葉(ひぐち いちよう 1872~1896)
横丁を入ったところにある一葉記念館に立ち寄ってみました。
樋口一葉って、だれだ?と思われる方、五千円札にお顔が出ておりますよ。
明治時代の小説家で、なんと24歳で亡くなっております。
流麗な文章を書く方です。
白紫の花は、匂蕃茉莉(ニオイバンマツリ ナス科)
c0128628_856232.jpg

そこから、都内で唯一残った路面電車に乗るべく、さらに「三ノ輪橋」まで
歩きました。ちんちん電車の沿道には、バラの花が咲き、下町の人の
やさしさが感じられました。三ノ輪橋から早稲田まで各駅停車の電車が
トコトコと進みます。全線170円で、スイカ、パスモも使えます。

by tamayam2 | 2014-05-19 08:55 | 日々のできごと
<< 【686】スキマ植物 【684】植物のふしぎ >>