【639】道端の植物にも秋の実が・・・

秋になると、野性植物にも実がなる。
この草は、アカソ(赤麻)。
c0128628_14152412.jpg

戦時中に、小学生だった家人は、学校で連れだって山に行き、アカソ、ヤマソ(山麻 カラムシの別名)
採取して供出したという。信じられないことだろうが、これらの植物から繊維を
取って衣類にした時代もあったのだ。
越後上布など上布と名がつく布は、イラクサ科カラムシ属の植物の繊維で織られた。
今は、化学繊維が主流を占めるようになり、このような植物たちは、顧みられなく
なって、野性化している。
以前に伊吹山に行ったときに、この葉にフクラスズメという蛾の幼虫がついていた。
それ以来、この種の植物を見ると、目を凝らすようになった。
長野県では、サカハチチョウコアカソの葉に止まっていたのを見た。
特定の蝶や蛾には好まれていて、小さな命を養っている。
c0128628_1417451.jpg

上は、都内で見たラセイタ草。同じく、イラクサ科カラムシ属の植物。
ラセイタとはポルトガル語で、毛織物のこと。
ラシャ(ラシャもポルトガル語だが)より地が薄く、手触りが粗い繊維を
ラセイタと呼ぶそうだ。
ラセイタソウは、海岸のそばなどでよくみられるということだが、私は、
都内、御茶ノ水で見た。ゴワゴワとした肉厚の葉、紐のように強そうな花穂。
この繊維は丈夫そうで、頼もしい。でも、現代では誰にも顧みられず雑草扱いだろう。
c0128628_1418986.jpg

その近くで見たカラスウリの花。下は、総武線の線路。
c0128628_14183030.jpg

こちらは、カラスより小さいスズメウリの実。
c0128628_14184799.jpg

きれいに色づいているのは、ヤブサンザシ(スグリ科)の実。
バラ科のサンザシは、薬用になるが、こちらは、食用にも薬用にもならないそうだ。
c0128628_141968.jpg

オニドコロの目立たない花は、レースのよう。
ムカゴは、ヤマノイモの茎が変化したもの(肉芽)。 
c0128628_14214074.jpg
 
ムカゴを炊き込んだムカゴご飯は、風情がある。
道端の植物にも秋が忍び足でやってきた。

by tamayam2 | 2013-10-07 14:22 | 日々のできごと
<< 【640】秋の散歩道 【638】ボウズとオケラ >>