【630】ラッパ飲み

2004年に初めてドイツに行ったとき、市電の中で、女性がビールの小瓶を
ラッパ飲みをしているのを見て、 ショックを受けた。
住んでみてわかったことだが、特に夏、特にサッカー(フースバル)の試合の後は、
男女を問わず、場所を問わず、ビールはラッパ飲みされるのがフツ―の光景なのだった。
(現在は、車内の飲食は禁止になっている)

瓶の口から直に飲み物を飲むなどということは、昔の日本女性はできなかった。
自動販売機でプラスティック容器入り飲み物を買うようになってから、できた
新しい習慣だ。今は、歩きながらでも、会議中でも、どこででもラッパ飲みだ。
子供も、年よりも、この暑い時期には、外出先でラッパ飲みしている。
無論、私も恥じらいなくやっている。習慣とは恐ろしいものだ。

2007年に日本に帰国したとき、電車の中で人々がケータイをいじっているのに
たまげた。当時ドイツでは、ケータイ(ハンディ)を持っている人は、
ビジネスマンぐらいで、学生や主婦、子供、老人が持っているケースが少なかった。
カード交換式以外は、契約料金が割高だったのだ。

このごろは、日本は、ケータイからスマホにかわったが・・・
電車の中で小さい長方形の箱を握りしめて何らかの操作に熱中している人が非常に多い。
7人掛け座席の7人中6人ぐらいが箱を凝視していたり、指で頁を繰っていたりしている。

私は、ひそかに前の座席を見て、7分の6とか、7分の5とか、心の中でつぶやく。
電車の中では、他人との接触を断ちたいのだろうか・・・ぼんやり中吊り広告を
見たり、車窓風景を眺めたりする人は少ないし、本を読んでいる人も珍しくなった。
1.
c0128628_20312810.jpg

家人が歩行が不自由な人になって以来、電車に乗ったら、優先席を目指す。
優先席とその周囲は、ケータイ電話のスィッチOFFと明記してあるが、
これは、だいぶ前から有名無実になっていて、前後6席ある優先席は、だいがい
6分の3~4ぐらいがケータイ/スマホ利用者によって占められている。
老人の利用者もいる。ペースメーカーに影響がある言われているが、あまり影響がないという説もあるとか・・・。
人はその当事者になってみなければ、痛みが理解できない。
2.
c0128628_20321785.jpg

歩行が不自由な人には、10mの移動でも恐る恐るで・・・無事に目的地に
着けるかどうか、何度も頭の中でシミューレーションをしてから、詮方なく電車に乗って
いるのである。
c0128628_20331223.jpg

c0128628_20334270.jpg

このごろ、ちょっと怖いと思うのは、「歩きスマホ」の人だ。
前を行く若者が階段の途中で急に止まり、後続の私がつんのめりそうになったことがある。
怖かった! 歩きながら、文字操作をしたり、通話したり・・・周りの人のことなど、
全く眼中にない人が多くなった。公共の場と自分ちと区別がつかないのだな・・・うむむ。

この夏に見た植物たち。
1.よく生垣に使われるベニカナメモチの園芸種に、きれいな花が咲いているのを見た。

2.トウダイグサ科のユーフォルビアは背が高く、1~2mにもなり、花壇の中央では
  主役級の扱いだ。ヨーロッパでよく見かけた植物。
  トウダイグサ科の植物は、353属7500種もあって、一大科を形成している。
  サボテンや多肉植物のような姿もあり、その多様性に興味が尽きない。
c0128628_20344040.jpg

c0128628_20351639.jpg

3.シダは、日本中いたるところで見られるが、日本固有のものもあり、シシガシラは、
  Makino(牧野)の学名がついている。

by tamayam2 | 2013-08-27 20:35 | 日々のできごと
<< 【631】ゴマとツルナ 【629】『星の王子さま』の世界 >>