【612】友人の葬儀に、ケルン再訪

私の誕生日にいつもカードをくれるドイツ人の友人のGから
カードが来なかった。イースターが過ぎたころ(4月の始め)と
彼女の誕生日5月28日に間に合うように贈り物を送ったが
返事がなかった。もしや、と思っていたら、訃報が。

17日に葬儀という知らせだったので、15日(土)にドイツに発って、
19日早朝に帰国した。3泊のあわただしい悲しい旅となった。
c0128628_15115796.jpg

到着したのは、15日の晩、6時ごろ。サマータイムで9時過ぎまで
明るいので、ホテルのわきの森には、たんさんの家族連れが散歩して
いた。自転車で、あるいは、自家用車を森に縁に停めてそこから
歩いてきたのだろう。ドイツ人は、つくづく「森の民」だと思う。
c0128628_15123475.jpg

こんな新緑の季節ばかりでなく、小雨降る日でも雪の中でも、彼らは
森に来て歩く、歩く。そこで、家族が話し合い、恋人たちは将来の夢
を語り合うのだ。
土曜日の午後から日曜日にかけて、すべての店が閉まり、消費行動は
ご法度。コンビニが至るところにある日本から見ると、驚くほどの
徹底ぶりだが、どの労働者にも日曜日は安息日として休む権利が与えられて
いる社会だから、人々はその日は安息日として過ごすことになる。
私は、市電に乗って、町まで行きたかったのだけど、小銭がなくて、
市電の切符が買えず往生した。仕方がなく、4Kmぐらい歩いてしまった。
c0128628_15221126.jpg

私がかつて住んでいたのは、ケルン市のLindenthal地区。
Lindenthalとは、リンデン(西洋ボダイジュ)の谷という意味だ。
ちょうど、リンデンバウム(西洋菩提樹 シナノキ科 Tilia x europaea)の花が満開
だった。
♪~泉に沿いて、茂る菩提樹・・・ あのシューベルトの菩提樹ですよ。 写真上。↑
よい香りがし、ミツバチが大好きな木だ。亡くなったGは、いつも
おみやげにずっしりと重いリンデンの蜂蜜をくれた。ドイツ人の抗生物質
だからね、傷口に塗ってもよいのよ、と言って。

下の写真は、多分ウツギの種類(?) 墓地には、たくさんの白い花が咲いていた。
c0128628_15154913.jpg

葬儀は、300人ほど集まり、棺はたくさんの素朴な小花で飾られていた。
c0128628_1516279.jpg

後日、親族だけが立ち合って火葬と納骨式が行われるということだった。
上は、サワグルミの実。 鎖のように長く垂れ下がっていた。

葬儀の案内状にあった言葉が彼女の性格と生涯をよく表していたので、
ここに書き留めておこう。
(私ども親族は、亡くなったGに対してこのような形容詞を捧げます)
Sie war eine starke Persoenlichkeit, lebensbejahend, kommunikativ,
vielseitig und stets neugierig.
(彼女は、強い個性を持ち、人生のあらゆることを前向きにとらえ、
わかり合えるまで人と話す努力を惜しまず、多方面にわたって、
好奇心を示し、未知の物事に対して常に探究心をもっている人でした。)

c0128628_15171194.jpg

私がドイツ滞在中に、まさか、生涯の友を得ようとは、想像もできなかった
ことですが、彼女の上記の性格によって、肌があったと言おうか、
とことんまで、理解しようとよく話した結果、時間をかけて友情を築くことが
できたのだろうと思います。
c0128628_15174170.jpg

私は、ドイツ語がうまくできず、彼女は、日本語が未熟でしたが、
二人の間の共通語は、お互いにとって外国語である英語でした。

by tamayam2 | 2013-06-19 15:17 | たび
<< 【613】お墓事情 【611】虫の季節 >>