【592】目黒・雅叙園への近道

先月30日、目黒雅叙園に行くことがあり、そうなら、ついでに目黒川の桜も見て
来ようかと思った。あいにく花曇りの午後だったが・・・。
c0128628_22103890.jpg

目黒駅から行人坂を下れば、目黒川に架かる橋のところに行くのだが、
すこし歩行が不自由な人を伴っているので、できるだけ楽な方法で雅叙園に
行きたいと思った。
c0128628_22113231.jpg

年配の親切な友人が教えてくれたのは、山の手線に平行の道を、少し五反田方面に下る。
「するとネ、まもなく左手にカトリック教会があって、その前が杉野服飾大学、昔の
ドレメね。そのドレメの敷地内なのか、隣接するAmazonの敷地なのか、
よくわからないけれども、右に折れて、よそ様の敷地らしいところでしょうが、
気にしないで、どんどん歩いて行くと、りっぱなエスカレータがあるのよ。
ビルの中に入ったりしても、ともかく、どんどん下の方へいらっしゃい。」と
言うことなので、その言葉の通りにすると、あ~ら、不思議、雅叙園の日本庭園の
わきに着いたのですよ。天下の公道ではないようだったが、この方法は、とてもよかった
ので、ここで、こっそり、お教えしておきます。
c0128628_22122394.jpg

帰途は、かなり急な登り坂ですが、それがイヤなら、雅叙園のシャトルバス(無料)に
乗ればいいのですよ。

雅叙園というのは、昭和初期の日本最初の結婚式場ということです。
キッチュ(Kitsch)という形容詞がぴったりの、けばけばしい、古臭い、俗っぽい
感じはするのですが、百段階段や、和室の天井画、欄間、障子などの建具の美しさ、
滞在が限られている外国人に日本の伝統文化の香りをちらっとお見せするにはいいところです。お食事もできますし。
c0128628_22125654.jpg

ムべは杉野服飾大学の敷地内でみたもの。ブドウ棚のような棚に這わせてありました。
c0128628_22133539.jpg

ムべ【郁子 野木瓜 アゲビ科 Stauntonia hexaphylla】
c0128628_22142799.jpg

アカヤシオは、日光あたりで見られる花ですのに、そのやんごとなきエスカレータの脇に植えてありました。上品な花です。
アカヤシオ【赤八汐 ツツジ科 Roododendron pentaphyllum var. nikoense】

by tamayam2 | 2013-04-03 22:16 | 日々のできごと
<< 【593】パンジー、三色スミレの顔 【591】雪割り草が咲く谷で >>