【583】世界らん展に行ってきました

世の中がすっぽり冷気の底に沈み込んだような昨今ですが、
みな様、お元気でしょうか。18日、東京ドームで開催されている
世界らん展に行ってきました。大会のHPはここ
c0128628_9474367.jpg

広い会場に入ると、あたりにはまばゆいほどの、ラン、らん、蘭・・・
あまりに美しいものを一遍に目にすると、人はぼんやりとするものですね。
入選した作品など、初めのうちは目を凝らして撮影していたのですが、
だんだん面倒くさくなってしまいました。人出も半端ではなく、人いきれに
圧倒されたのかもしれません。
c0128628_948836.jpg

展示のほかに、販売コーナーもあり、外国のナーセリー(育苗園)のブースも
出ていました。台湾、香港、タイ、マレーシア、ベトナム それに、中米から
ベリーズ、エクアドルからの参加も。
c0128628_9483937.jpg

世界にはバラの愛好家と同じぐらいランの愛好家もいらっしゃるのでしょう。
熱帯や亜熱帯の山中にひっそりと咲くランの花の怪しい魅力は、その形の
不思議さと相まって、どこまでも人を魅了するもののようです。
c0128628_9491061.jpg

形が不思議という点では、この写真はエクアドルのモンキーオーキッドの
一つですが、花の顔というより、サルの顔ではありませんか!?

このらん展では、猿顔のラン(ドラキュラ属)も展示してあったのですが、
それを見るには、長蛇の列に並ばねばならぬようでしたので、私はあきらめ、
エクアドルの蘭ショップでこの写真を買ったのです。インターネットで、
猿顔蘭と検索すれば、本当にこれが植物だろうか、と驚きを禁じ得ない
たくさんのサル顔のランをご覧になれます。
c0128628_9493713.jpg

植物なのに、動物の顔、動物の体の器官のような形が、人の興味を引き立てる
のかもしれません。
c0128628_9495567.jpg

厳寒の季節ですのに、日本古来の春蘭や、エビネの類を展示してある
コーナーもありました。地味ながら、それぞれに豊かな味わいの和蘭を見て、
感嘆の溜息をつきました。

by tamayam2 | 2013-02-20 09:51 | 日々のできごと
<< 【584】小田原にて 辻村伊助のこと 【582】セツブン草とザゼン草 >>