【554】手触り

だいぶ寒くなったので、庭の火鉢池のメダカは、室内の水槽に移してやった。
ねぐらを探してうろうろするネコどもには、冬用のねぐらにヒーターを入れて
やった。ネコは、12歳の老猫だけれどもなでてやるとゴロゴロと喉を鳴らす。

下の植物の名は、ラムズイヤー(Lamb’s  ear)子羊の耳という意味。
子羊の耳をなでたことはないが、ネコの耳なら触ったことがある。
この葉をさわると、ちょうど、ネコの耳をなでてやったときの感覚と同じような、
手触りなのだ。少し厚みがありやわらかい毛が表面を覆っていて、しっとりと
している。ネコも幸せ、ヒトも幸せなひととき・・・。
c0128628_12342496.jpg

ラムズイヤー【Lamb’s ear シソ科 Stachys byzantina】
トルコ、アルメニア、イラン原産というから地中海地方の乾燥した大地が好きな
植物なのだろう。やや肉厚な葉には、水分を蓄える働きがあるに違いない。
c0128628_123535.jpg

目立たないうす紫色の花には、いつもハチが群がっている。よい香りもするので、
乾燥してハーブとして扱われることもある。私は、この植物に会えば、ちょっと
葉を触りたくなる誘惑を抑えなければならない。
c0128628_12354099.jpg

こちらは、この夏、長野県、栂池高原の湿原地帯で撮ったもの。
有名なモウセンゴケ。まわりの突起からねばねば液を出し、(おそらく虫が
好む香りで誘惑し)寄ってくる虫をねばねば液で動けなくした上で、
じっくり体を溶かしてしまう。恐ろしいたくらみをもつ植物だ。
c0128628_1236159.jpg

植物というより、動物に近い働きをする食虫植物。下の葉は、ねばねば液を
もっていて虫を捕えるが、長く伸びた花に寄ってくる虫は、受粉のため花粉を
運んでもらわなければならない。だから、花はねばねば液に触れる気遣いのない
高い位置についている。うまく使いわけている点も心憎い。この写真では花が終わって
いるが、白やピンクのかわいい花。
モウセンゴケ【毛氈苔 モウセンゴケ科 Dorosena rotundifolia】
c0128628_12365733.jpg

こちらも8月にご紹介したことのある食虫植物、ムシトリスミレ。
八方尾根、標高2000mの山道で。

かわいい顔をしているけれども、油断がならない。ロゼッタ状の葉の表面に
ねばねば液がついていて寄ってくる虫を溶かす。そばには、食べ残した
虫の固い部分だけが散らばっているという。
ムシトリスミレ【虫捕菫 タヌキモ科 Pinguicula vulgaris】

花と虫がどういう関係になっているのか、表面をさらっと見ただけではわからないわね。

by tamayam2 | 2012-11-03 12:38 | 日々のできごと
<< 【555】秋の実いろいろ 【553】紅葉には早かったけれども >>