【551】秋の生け花展で

秋にはいろいろな展覧会、コンサートがあって、友人知人から
チケットをいただく。先日行った生け花展では、伝統的な生け花に混じって
野菜を生けた生け花ならぬ 「生け野菜」 があって、おもしろく拝見した。
c0128628_1182656.jpg

これは、トンガラシ。シダのような植物とよく合っていました。

下の赤い実は、フサスグリ(スグリ科)。英語でRed currant 、 仏語Greseille,
独語 Johannisbeeren 日本ではあまり見かけないようですが、ヨーロッパで
よく見かけるものです。ジャムにしたりお菓子に焼きこんだり。
c0128628_119297.jpg

こちらは、サヤエンドウとルバーブでしょうか。
c0128628_1192777.jpg

驚いたのは、こちら。赤キャベツの間にカイワレ大根を挟んで、中に小花を
あしらったもの。サラダのようですね。ドレッシングをかけて食べられそう。
よく思いついたものですね。じっと野菜を凝視していたらアイディアが湧いてきたのかも。
c0128628_1195543.jpg

c0128628_11102897.jpg

ネギと極楽鳥花のコラボ。
c0128628_111117.jpg

こちらは、何の実かわかりませんでしたが、大きな作品でした。
c0128628_11112150.jpg

葉や花、茎や実、それに調和する花器を考え、ガラス、プラスティック、金属など、
いろいろな新素材も取り入れて・・・
現代の生け花はアートとして、とても斬新です。

by tamayam2 | 2012-10-29 11:11 | 日々のできごと
<< 【552】神楽坂ぶらり 【550】コリウス >>