【526】ラタトゥーユの夏

明日は、67年目の終戦記念日。お盆でお子さんやお孫さんが
大集合して、大忙しの方もおられるでしょう。ウチには、近くに住んでいる
孫がいないので、いつもと同じ静かな日常です。

以前にもラタトゥーユについて書いたことがあるのですが、我々は
一向に成長しないようで、夏になればいつも同じようなものを食べ、
暮らしております。 過去ログ:ラタトゥーユ 2010年7月 作り方はここ
c0128628_09329.jpg

夏には、十日に一度ぐらい、ラタトゥーユ(ratatouille)というメニューが
登場し、それが、スパゲッティやカレーライスに化けて・・・無くなると、
また、ラタトゥーユが登場します。
c0128628_09571.jpg

夏野菜がたくさん出回る今の時期に、とてもいいメニューだと思います。
名は何だかシャレていますが、セロリ―の葉の部分も、冷蔵庫に眠って
いるしなびた野菜も、無駄なく整理できる点が、吝嗇の私の性分に合っている
のかもしれません。
c0128628_010184.jpg

ラタトゥーユを作るのは、家人なので、たいてい鍋のそばには、
ピールのグラスが・・・。
このグラスは、0.2lという目盛がついたドイツ、ケルンの地ビール、Kölsch専用のグラスです。
「200ml しっかり入っていますよ、泡を盛り上げてゴマかしたりしませんよ」という意味で、
吝嗇なドイツ人は、中身がきちんと200ml入っていないと、金は払わないのですよ。
ビールには、金を払うが、泡には払わないと。
c0128628_0124258.jpg

暑いので、首に、水に浸したスポンジ状の布を巻いて暮らしています。
これを巻いていると、首の辺りがスース―して気持ちがよいのです。
庭に打ち水をするのと同じ原理ですね。

乾くとゴワゴワになるのが欠点ですが、なぁに、また濡らせば、元に
戻ります。原料は、水道水なので、大変経済的です。

ウチの老猫にもこのスポンジ・襟巻をしてやりました。
この暑さに毛皮のコートを着ていては辛かろうと・・・。

by tamayam2 | 2012-08-15 00:14 | 日々のできごと
<< 【527】高原のチョウ 【525】イチビという植物 >>