【514】ナデシコの仲間たち

先日出かけた新潟県当間(あてま)高原でいろいろな種類のナデシコを
見ることができた。ナデシコ・ジャパンや、大和ナデシコという言葉があるように、
ナデシコは、日本女性の代名詞になっているようだ。

小さくて可愛いい感じでもあるが、ところが、どっこい、芯が強く野原でも荒地でも
しっかり根を張って生き抜く力がある。たしかに、このごろは、男性よりも女性のほうが
たくましいなぁ~と思える場面もあるわね。

c0128628_2065577.jpg

切れ込みの深い
カワラナデシコ
ピンクのものも、
白花もありますね。

カーネーションも
ナデシコの一種です。

英語で、なでしこの
ことをなぜかpinkと
呼ぶようです。
色の名ではなくて、
花の名です。


c0128628_2075727.jpg

c0128628_209913.jpg

昔から園芸種でたくさん見られるセキチクの類。中国から渡来したものらしい。
c0128628_2095337.jpg

べたべたとした粘液が虫の自由を奪うことから、ムシトリナデシコと呼ばれる種類。
c0128628_20101468.jpg

西洋では、雑草のようによく見かけるムギセンノウ。センノウ(仙翁)の種類もやはり、
ナデシコの仲間だ。
c0128628_20103332.jpg

これは、マツモトセンノウ。なんでも花が歌舞伎役者の松本幸四郎家の家紋に似ている
からとか、変わった命名の仕方だ。
現代の幸四郎さんは、こんな花があることをご存じなのでしょうかね。

by tamayam2 | 2012-07-13 20:12 | 日々のできごと
<< 【515】栂池(つがいけ)高原にて 【513】梅雨の晴れ間に >>