【504】トルコ  ④市内の風景

6月になりました。
天候が不安定な上に、今日の午後には、震度3の地震がありました
ひんやりとした朝です。
相変わらず、トルコ・シリーズが続いております。
5月の一週間に垣間見た生活編です。
c0128628_6461359.jpg

イスタンブール市内には、このようなトラム(路面電車)が発達しており、
とても便利でした。Jetonと呼ばれるプラスティックの札を2トルコ・リラ
(約100円)で前もって買っておくと、駅の中に入れます。距離に関係なく、
1回につき、1Jeton。バス・地下鉄も共通。
c0128628_647359.jpg

これは、地下鉄の構内で見たタイル。中央がカーネーション、トルコが
原産国です。
c0128628_6464962.jpg

意外と知られていないことですが、チューリップもトルコが原産国です。
オランダ人の手によって、開発され市場に出回るようになったのです。
原種のチューリップは、ひょろっと細長い形です。



c0128628_647347.jpg
軽食のケバブ
(薄切の肉と野菜
のポケット・サンド
イッチ)を売る店は
どこにでもあります。

イスラム教ですから
牛肉か羊肉です。


c0128628_6481253.jpg

暑いときには、スイカ売りも町に出ていました。
c0128628_6483773.jpg

町の中には、絨毯屋がたくさんありますが、その端切れで作った
クッション・カヴァーやカバンなどが旅行者には手ごろな値段。
絨毯は、ピンからキリまで・・・なぜか絨毯のセールスマンは、
日本語がめちゃくちゃに巧いのです。
あまり巧いので、しゃべっている内に敵の術中にはまりそうになりました。
クワバラ、クワバラ。
c0128628_6485714.jpg

鮮魚は、エラの部分をひっくり返して、こんなに新鮮ですよ、と
アッピールしていました。赤い色が鮮やかですね。黒海、地中海、
エーゲ海の生きのよい魚!
c0128628_6491716.jpg

野菜も種類がたくさんあって、面白かったですが、日本のヒラタケの
ようなキノコもたくさん売っていました。
奥にあるのはオリーブの酢漬けです。
c0128628_6494060.jpg

これは、1660年にできたというエジプシャン・バザールのお茶売り場。
ジャスミン・ティーのジャスミンをきれいな球形にして売っていました。
手前はシナモンでしょうか。
各種ハーブ・ティーもたくさんの種類があって興味深かったです。
c0128628_65037.jpg

日が落ちるとこのようなテラス席に客が座りはじめ、飲んだり、食べたり・・・
水タバコをやっている人もいました。
イチジクやツタが道路に日陰をつくって、その下に人が自然に集まって
くるようでした。

by tamayam2 | 2012-06-02 06:50 | たび
<< 【505】トルコ ⑤ なんだか... 【503】トルコ ③アヤソフィ... >>