ハート型の葉 (ガガイモ科その3)

Blog「イーハートーブ・ガーデンのnenemuさんは、
宮沢賢治の研究家で、賢治の作品にまつわる植物について
毎回すばらしいエッセイをお書きになっている。この頃は、
特に写真がすばらしく、私はへぇ~と口を開けたまま、声も
出なくなってしまう。遊び心がいっぱいで、どこから、どうして
そんなものが見えてしまうのだろうか・・・と感心すること
しきり。
彼女は私のコメントの返事に、

「お花を見るときの物差しは、①この花を賢治は見たか
 ②この花を賢治は作品で取り上げているか

最近①にも②にも該当しない植物が多くなりました。」

nenemuさんの頭の中には、まず、賢治の詩があって、そこから
植物へ、関心の渦が波紋のように広がっていくらしいです。
まず、言葉ありき、なのですね。

さて、私は、植物観察をドイツで始めたものですから、
北ヨーロッパで見た花が日本にあるか、あるとすれば、どのように
扱われているのか、和名は何か・・・など、nenemuさんの
関心事に比べると恥ずかしいほど、現実的なものです。
c0128628_20402533.jpg

日本で初めて園芸店で見た変わった植物、そのお話から
いたしましょう。毎年、Valentain Dayが近づくと、この鉢植え
が花屋の店先に並ぶのです。名は、Love love heartですって。
(けっ!はじゅかしい。)
二人のハートが寄り添っていますからね。多分、この鉢植えは、
夏ごろまでには、手入れが行き届かなくて捨てられてしまう
でしょう。
(愛し合っていたカップルも別れているかもしれません。)
季節的消費財なのです。
c0128628_205199.jpg

また、このハートカズラもよく見かける園芸植物ですが、
上記の植物とこれは、私の関心のあるガガイモ科なのですよ。
ただ、ただ、葉の形がハート型だというそれだけの理由で
商品価値が生まれるようです。
上:Love love heart【ガガイモ科ホヤ属 Hoya kerrii】
タイやニューギニアが原産国のようです。
下:ハートカズラ【ハート蔓 ガガイモ科セロぺギア属 
Geropedia woodii】
ガガイモ科の植物は、草本のものもあれば、ツル草もあり、
また、多肉植物のような形態をとるものもあり、まことに
興味がつきません。

 先のnenemuさんは、賢治の自然讃歌の言葉として、
「すべて天上技師Nature氏のごく斬新な設計だ。」
 を紹介しています。
私も冷静に自然を観察しているのですが、その造形美に
唖然として、えっ? どうして? ほう!と言葉を
失って撮影してしまうことがよくあります。
c0128628_20531653.jpg

クガイソウ【九蓋草 ゴマノハグサ科 Veronicastrum
sibiricum】
葉が輪状に出て美しいです。
c0128628_20543495.jpg

ラシャガキグサ【羅紗掻草 マツムシソウ科 別名 オニナベナ
          Dipsacus fullonum ssp. sativus】
この花の種がこぼれた後、ドライフラワーにして、ラシャなどの
繊維を毛羽立てるときに使われたそうです。今でも西洋では、
毛糸屋さんで売っています。毛並をそろえたり、毛玉をとったり、
実用的な道具として。
c0128628_20545569.jpg

クレオーメ【風蝶草 フウチョウソウ科 Cleome spinosa 】
風の中でチョウが舞っているようなあでやかさですね。

“天上技師Nature氏”の造形美に脱帽するのみです。
by tamayam2 | 2011-07-04 20:58 | 日々のできごと
<< 暗渠の上の小道(ガガイモ科 その4) 扇風機を買いに行った日 >>