地を這う花々

地震から1か月過ぎました。東京では、日に何度か
余震を感じます。さきほども震度4ぐらいの地震が
ありましたが、慣れっこになってしまい、仕事の手を
休めることもしなくなりました。
油断大敵ね・・・。
c0128628_8545432.jpg

東日本から多くの外国人が関西方面へ移動したり、
帰国したと聞きます。日本人と結婚した人などで、
簡単には宿替えできない外国人もいることでしょう。

そういう外国人のための「日本地震対策マニュアル」
送られてきました。今からでは遅いかもしれませんが、
日本語が堪能でない外国人やその方々を支える人、
40以上の外国語で書いてありますので、お役立てください。
自分の母語で情報が読めるだけで不安感がやわらぐ
ことと思います。
東京外国語大学が開発したそうです。
Japan Earthquake how to protect yourself
さて、先のスプリング・エフェメラルのようなはかない命の
野草の続きです。
c0128628_952042.jpg

野を這うように固まって咲いていたキランソウ。↑ 
キランソウ【金瘡小草 シソ科 Ajuga decumbens】


c0128628_903222.jpg
ジロボウエンゴサク
【次郎坊延胡索
ケシ科
Corydalis
decumbens】

次郎坊やが
いるのなら、
太郎坊やも
いるはず。













c0128628_911771.jpg

太郎坊やは、スミレのことですって。
花の背後の距(きょ)が長いので、それをからめて遊ぶ
子供の遊びから。
このスミレは、なんという種類か・・・??です。
白花で、葉が細長いものでした。
c0128628_92173.jpg

やや湿った地面を覆うばかりに広がっているのは、
黄色のカーペット、ヒメリュウキンカ
ヒメリュウキンカ【姫立金花 キンポウゲ科 Ranunculus ficaria】
この花は、西洋でも小川のほとりなどでよく見かけました。

地面を這うような小さい早春の花々。
周りの草の背が高くなって、これらの花が覆い隠される
ようになると、そろそろ虫たちの季節が始まります。

一番上は、シダの種類。この頁の写真は、先週都内で撮影。
by tamayam2 | 2011-04-11 09:08 | 日々のできごと
<< 都内でカタクリ スプリング・エフェメラル >>