Aさんの庭

最近、私が住むYamyam町に隣接した阿佐ヶ谷5丁目
に、 “Aさんの庭”という杉並区の管理する小公園ができた。

これは、2007年9月に、私がこのBlogでご紹介した
阿佐ヶ谷の家 の跡地である。
       過去ログ2007年:阿佐ヶ谷の家

それから、2年後、
この家は、放火によって全焼した。
       過去ログ2009年;トトロが住む家 焼失
c0128628_802238.jpg

そして先月、2010年7月、この敷地は、6300人の署名
が効を奏して、杉並区によって買い上げられ、
住宅地の中に“Aさんの庭” という名で、市民に公開
されることになった。

私は、毎週この道を通るので、阿佐ヶ谷の家その後を
ご報告いたしましょう。

・・・・・旧近藤邸は、昭和初期の古き佳き時代の、
いわゆる中央線文化人の住いだった。
成金のけばけばしさは無く、個人で管理できる程度の
慎みがある美邸だった。和風住宅の一部に洋館があり、
庭にはバラの花が植わっていた。竹の籬(まがき)には、
つるバラがからみ、垣越しに四季折々の花々が咲いている
のが見られた。
洋館から流れ出すピアノの音色が、その家の住人の
落ち着いた暮らしぶりをうかがわせた。

私も少女時代この道を通い、
「お嫁さんになったら、こんな家に住みたい!」
と、漠然と夢を抱いたものだ・・・・・・・

今日、ここを通ったら、”Aさんの庭”という看板が
かかっていた。Aさんとは、阿佐ヶ谷のことらしい。
c0128628_805981.jpg

中にポンプ式の井戸があり、「ご自由に水を汲んで植物に
水やりをしてください」と書かれた札が下がっていた。

昔の住宅をしのばせる赤い屋根の小屋は、じつは、
公衆トイレと消防用具の倉庫。

建物の周りは籬(まがき)で囲まれ、その足元には、
グラウンド・カヴァーのような白い花が一面に咲いていた。
シジミチョウやハチが飛んでいたから香りがよい花の
ようだ。
あまり見かけない花だが、何という花なのだろう。
花の直径1.5cmほど。


c0128628_812135.jpg
普通の庶民の声が
行政を動かし、
紆余曲折が
あったものの、
3年かかって、
最終的に
よい結果に
なったことは、
やはり、
近隣に住む者
としては、
うれしい。




  関連記事:月刊旧建築:阿佐ヶ谷「トトロの家」

追記:Blog仲間のToti51さんから、白い花の名前を教えていただきました。
ヒメイワダレソウ【姫岩垂草 クマツヅラ科 Lippa nodiflora】
アジア原産、昨今、グランド・カヴァーとして注目されている植物だそうです。
ありがとうございました。
by tamayam2 | 2010-08-09 08:08 | 日々のできごと
<< ネコがいなくなった ランの顔 >>