♪ ミソトウの下で

クリスマスらしい植物と言えば、モミの木、ポインセティア、
赤い実のついたヒイラギでしょうか。
緑と赤と白が、クリスマス・カラーですね。

日本では、あまりなじみがない植物ですが、ヤドリギ
クリスマスの風物詩です。信州の山中で高い木の
こずえ近くに丸い形のヤドリギがたくさんついているのを
見たことがあります。
c0128628_20265222.jpg

このカードのネコは、目を閉じてうっとりと何事か
念じているように見えませんか。彼の頭上に吊るされている
ものがmistletoe (和名 ヤドリギ ビャクダン科)の枝です。

赤いリボンで束ね、戸口にかけておくのが、お約束です。

その下をくぐる客人に幸せが来るように。
その下でキスする男女がきっと幸せになれますように。

ヨーロッパでも北アメリカでも信じられている風習です。
c0128628_20282499.jpg

米国から来た小包に含まれていたヤドリギ模様の
ペーパーナプキンに異国情緒を感じました。日本では、
花屋さんでヤドリギの枝は見つからないでしょうね。

実は、透き通ったような白で、中にねばっこい果汁が
入っています。日本では、冬に緋レンジャクや黄レンジャク
がこの実を食べに集まるそうです。粘っこい種を排出するとき、
そばの枝にくっつき、そこから再び新芽が出てくるのです。
植物と鳥の、持ちつ持たれつの関係ですね。

マライヤ・キャリーのクリスマス・ソングの中では、
♪・・・・I'm just gonna keep on waiting
underneath the mistletoe・・・
と歌われます。

長い間 “ミソトウ“というのは何かしらと思って
いました。mistletoeが、ミソトウに聞こえるのです。

c0128628_20312813.jpg

ドイツから来たプレゼントの中に毎年小さい
オーナメントが一つ入っています。木をくりぬいて
作った星。ブリキで作ったハート。
一個、一個集まってくるのが楽しみです。

素朴なこういう手仕事は、南部の黒い森地方に住んでいる
キコリさんの冬の副業なのかもしれません。
by tamayam2 | 2009-12-21 20:38 | 日々のできごと
<< クリスマスの明かり 来週はクリスマス >>