ヘナと トウゴマ

ベルリンの植物園の温室で、とても美しい青い花を
見つけた。写真におさめた学名を、東京へもち帰り
調べたら、ヘナ(ヘンナ henna)だったと思ったが・・・
北アフリカ、南西アジア原産。
追記)これは、ヘナではなく、マメ科のチョウマメ 園芸名、ブルージャックだそうです。
    間違っていてごめんなさい。kvさん、ありがとうございました。感謝!
    間違いの原因は、この植物の近くにあった名札を信じてしまったことです。
    ヘナは、ミソハギ科で、花の色は白または薄いピンクだそうです。
    これから注意します。



c0128628_19572320.jpg



c0128628_1958767.jpg











私はヘヤーダイをしたことがないが、そういう名の
天然染料が、白髪染めやおしゃれ用に人気があるのを
知っている。

インドの女性が手に繊細な文様を描いているの
を見たこともある。染料の原料は、葉の粉末のよう
だが、花がこんなに美しいとは!
聖書にもコフェルという名で登場する。
(雅歌1:14)


c0128628_19594731.jpg

植物園の門前の植え込みの中央に聳え立っていたのは、
大きく育ったトウゴマ。赤いヤツデのような葉や茎が
美しかった。トウゴマのまたの名は、ヒマ。
トウゴマ【トウダイグサ科 Ricinus communis
      英Castor-oil plant】
東部アフリカ、インド原産。


c0128628_200182.jpg












ヒマシ油の原料で、薬品でもあり、毒薬でもあり、
工業用に印刷などにも使われるそうだ。

これも聖書に出てくる。(ヨナ記4:6)この植物の陰で
日をさえぎったと書いてある。旧約聖書の時代から
人々の生活の近くにあった植物なのだろう。

日本では、もはやヒマシ油も使わないだろうし、園芸用と
しては、成長しすぎるのかあまり見かけないなぁ。
c0128628_2012289.jpg

植物園の温室の中で見たウズラ。こういう野鳥に出会える
温室が植物園の中にいくつかある。
by tamayam2 | 2009-10-11 20:09 | たび
<< ニホンカモシカに出会った! エレベーターの 閉ボタン >>