7月の路上ウォッチング 危険な植物

都内を歩いていると、ゴーヤアサガオなどで
上手に“緑のカーテン”をこしらえておられるお宅を
見かける。陽よけにもなるし、目隠しにもなるし、
最近かまびすしいエコロジーの見地からも
良いことなのだろう。
c0128628_17284985.jpg

こちらのお宅は、↑ 年がら年中アサガオのような濃い青の
花が絡みついている。晩秋まで花が咲き、この家自体
が蔓草に覆われているようだから、宿根花みたいだと
思っていたら、はたして宿根花。

宿根アサガオ ヒルガオ科  Ipomoea indica】   
別名:ノアサガオ、リュウキュウアサガオ
園芸種名:オーシャン・ブルー または、サフィニ・ブルー)
種はできず、挿し木で増やす。葉は、ハート形。
                       豊島区で

c0128628_17305915.jpg

この ↑ トランペットが吊り下がっているような花を最近
都会でよく見かけるようになった。四谷駅前の土手の
傍らにもある。
                 こちらは、渋谷区の町角。

看板、標識、ミラー、郵便ポスト・・・たくさん
立ち並ぶ通学路の角地に、大輪の南国の花が咲きこぼれ
花がらが地面にも落ちていた。

ダチュラ ナス科 Datura metel】
別名:チョウセンアサガオ、曼荼羅華(まんだらげ)
園芸種名:キダチチョウセンアサガオ
       エンジェル・トランペット

江戸時代の蘭学医、華岡 青洲がこの種の植物を使って
日本初の全身麻酔術を行ったことが知られている。

ダチュラの種類は多いが、どれも触ったり、口にすると
非常に危険な植物である。
       (通学路に植えるとは、モノ識らずねえ。)

都会の街路樹の植え込みの中で、うす紫いろの花が
咲いている。 ↓ ジャガイモの花によく似ている。
c0128628_1739434.jpg

 ワルナスビ ナス科 Solanum carolinense】
全身トゲトゲで覆われており、触ることもできない。
繁殖力が旺盛で、毒草。明治時代に北米からもたら
された。要注意外来生物の一つ。  渋谷区で

和名の植物名のつけ方を観察していると、
人間の犯しやすい悪意のない勘違いや、
多少偏見を含む独断もあり、思わず笑ってしまう。

琉球とか、朝鮮や蝦夷という接頭語は、
日本を中心にして考えると、やや亜流の、正統から
外れたという意味があるようだ。
一昔前のどーしようもない旧弊な考え方だと思う。

ワルナスビという名から、よくよく嫌われている
らしいことがわかる。この草を駆除しようとして、苦労している
人々の憎しみがしっかりこめられている。

ダチュラが麻酔薬として使われていたころには、
キチガイナスビという異名もあった。文字通り、
精神障害を引き起こすほどの毒性があるからだろう。

ナス科の植物は、ジャガイモ、トマト、ピーマン、
トウガラシ
・・・夏野菜の代表格だが、大変クセが
強い。共通点は、花びらが一枚ずつ離れていないで、
底が筒のようにつながっている点である。

エンジェル・トランペット(天使のラッパ)などと
呼ばれる園芸種は、ちょっと見には素敵だが、
植える場所や扱い方をよく知っていないと、どんな
悪さをするかわからないぞ~。
外来種が増えすぎると怖いとtamayam2は思っています。
by tamayam2 | 2009-07-11 17:42 | 日々のできごと
<< 尾瀬で見た花 覚えきれません >>