今日の切手(8):Helvetia ってどこの国?

11月も最後の週になった。外国宛てのクリスマス・プレゼントや
カードは、だいたい用意ができたので、次は、国内向け年賀状の
準備にかからなくちゃ。

今年からは、生活を本格的に老後モードに切り替えたので、
かつての仕事関係のお付き合いのご挨拶は失礼しよう。
個人的な友人は、私のたから物。
簡単でもご挨拶はしよう。
どこかで線引きをしなければならないが、なかなか、これが
むずかしい。人はこうやって、老いていくのでしょうね。

さて、昨年中にいただいた手紙類を整理し、ついでに
切手の整理をする。よく使う国内の50円や80円切手も、
寄付するところがあるので、丁寧に水につけ、のりをはがして
乾かす。

どこの国からのものかわからない外国の切手は、未整理の箱に
入れる。さぁて、Helvetia というのは、どこの国だろうか?
c0128628_1519557.jpg

知り合いからの手紙類から取った切手なのよねぇ・・・。
外国にいる友人の顔を思い浮かべてみる。
美しいトンボやチョウの絵がついているから、自然の豊かな
アフリカ? 南米地域? どこからだろう・・・?

どうもよくわからないので、Googleで調べてみました。
あっ!ドイツの隣国、スイスでした!
それなら、バーゼルやベルンの友人に違いない。

いつもは、ドイツ語で国名を Schweiz と書いていましたが、日本から
カードを出す場合は、Switzerland(英語) と書かなければ、郵便局の
人がわからないかもしれない。

スイスは、公用語が4つあるので、切手に4か国語書くわけにはいかず、
ラテン語のHelvetiaを使うのですって。
4つの公用語は、先のドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。

日本では、スイスを普通名詞のように使うが、正しくは形容詞です。
スイス ワインなどは形容詞なので、問題ないのだが、国名を指す
言葉ではないようです。

それにしても、スイスのチーズ、ワイン、クリスマスころよく食べる
レープクーヘン(Lebkuchen)という堅いスパイスたっぷりの
ビスケット、三つ編みにした白パンなど・・・・これがおいしいんです。
なつかしいスイスの味を思い出しました。

切手のトンボは、日本のシオカラトンボ、蝶は、ミドリヒョウモン
のように見えますが、なにか特殊なものなのでしょうか。
日本では、珍しくはありませんが、ヨーロッパでは珍しい部類に
入るのかもしれません。
by tamayam2 | 2008-11-27 15:32 | 日々のできごと
<< ○○○が無いと、困る ひとつとなりの山 >>