タグ:音楽 ( 4 ) タグの人気記事

【706】アウェイ インナ メンジャー

子供のころ教会学校で習った歌に、
“Away in a manger”というのがある。
子供だから意味はわからなかったけれども、メロディーは覚えている。
この歌は、「まぶねの中に」とか「かいばおけで」という名がつけられている。
Mangerというのが、飼い葉桶(かいばおけ)の意味で、
イエス・キリストがベツレヘムの貧しい旅屋の馬小屋で生まれ、
ベッドの代りに馬の餌を入れる桶の中に寝かせられた聖書の記述による。
                (ルカによる福音書2章6節以下)

Away in a manger no crib for a bed
(飼い葉桶の中、寝床のベッドもなく)
The little Lord Jesus laid down his sweet head
(小さな主イエスは、かわいい頭を寝かせていた)
The stars in the bright sky look down where he lay
(お星様は空から赤ちゃんを見下ろして)
The little Lord Jesus asleep on the hay
(小さなイエスは干し草の上で眠っておられた)


中学生になってミッションスクールに入ってからは、歌詞の意味を教わった。
詩の末尾に、bed と head、 layと hay・・・のように韻が踏んであること
などをアメリカ人の先生に教えてもらって、感心した覚えがある。

先日、親しい方から“Away in a manger”というクリスマス・キャロルを知っている?
と聞かれたので、こういうメロディでしょう?と言って歌ったら、それじゃないと
おっしゃった。

私が覚えていたのは、James Murrayという人が作曲した曲(1887年)


彼女が言うのは、William Kirkpatrickという人が作曲した曲(1895年)


Murrayのものは、日本やアメリカで有名で、Kirkpatrickのものは、英国やアイルランド
で有名だそうです。Youtubeで見て見ますと、今は、Kirkpatrickのもののほうが
圧倒的に多く演奏されているようです。
いずれも、懐かしく、美しい旋律です。

作曲者は二人いるわけですが、作詞のほうは、よくわかりません。
一説にマルティン・ルターという説があるようですが、これは、信ぴょう性が薄い
とWikipediaに書いてありました。

明日の夜は、クリスマス・イヴ・・・
いと高きところには栄光、神にあれ、
地には平和、みこころに適う人に、ありますように。

[PR]
by tamayam2 | 2014-12-21 20:20 | 音楽 | Comments(8)

♪~G線上のアリア

秋の午後の陽がてらてらと庭のハナミズキの葉を
照らしています。その日差しに誘われて、車で10分ほどの、
杉並区善福寺池に出かけました。イチョウイロハモミジ
センダンの葉も全然色づいていない! ありゃ!?
こんな11月ってあったのかしら。
c0128628_1938117.jpg

大きなジョロウグモの巣が目に入ったので、ふと、Blog仲間
のnenemuさんが紹介していた「太陽マジック」(この言葉は
宮沢賢治の言葉だそうです)が見られないだろうか、と
望遠レンズを覗いてみました。太陽に向かっていろいろな角度に
動かしていたら、蜘蛛の巣の糸がキラキラと虹色に輝き、
時折、楽器の弦が震えるときに見える機織りのオサのような
紡錘形の図形が見えたのです。これかなぁ? うむむ・・・
きっと、これだねっ!

蜘蛛が大嫌いな方は、ごめんなさいね。

c0128628_19384219.jpg

Nenemuさんは企業機密でも何でもなくて、だれでも見ようと思えば、
見えると言っていた。きっと、このことだったのだ!
nenemuさんが撮られた「太陽マジック」ここ


c0128628_1940226.jpg
















c0128628_19405484.jpg




























Tamayamは、今バッハの「G線上のアリア」をオルガンで弾こう
と挑戦しているのですが、なかなかうまく弾けなくて、呻吟して
います。同じ音がタイで結ばれているときには、その音は、響かせ
るだけで、弾き直さないという規則がありますが、タイの音を
うまく響かせられれば、あの美しいメロディーが彷彿と浮かんで
くるという不思議な音楽なのです。

私にとってはとても難しいチャレンジなのですが、この蜘蛛の巣が
作った太陽の光のマジックのように、ふっと角度を変えたら、美しい
メロディーが立ちのぼって来てほしいものと思い、練習に
励んでいます。

みな様のよくご存じの「G線上のアリア」はこちらです。 ↓


[PR]
by tamayam2 | 2011-11-08 19:43 | 日々のできごと | Comments(18)

木琴の音色

森の中に置かれた長い、長い木琴。
バッハを奏でてくれます。

これがケータイ電話のCMだなんて・・・
しゃれていますね。
私の好きなピタゴラ・スィッチから発想を得たの
かしらん。


[PR]
by tamayam2 | 2011-04-16 22:53 | 日々のできごと | Comments(16)

ハレルヤ・コーラス

ドイツの友人からYouTubeの動画が送られてきた。
アメリカのご友人から送られたものの転送だとか。

YouTubeのダウンロード数がその時点で2700万回。

高校生のころ学年全体で歌った♪ヘンデルのハレルヤ

とてもドラマティックな展開です(^_-)-☆
アメリカ市民の表情がいいわ~

さ、どうぞ、ご一緒に歌ってください!



あるいは、ここからも開けます。
[PR]
by tamayam2 | 2010-12-28 16:44 | 日々のできごと | Comments(17)