タグ:銀座 ( 34 ) タグの人気記事

○○○が無いと、困る

いよいよ一年の最後の月になりました。今日は、陽もささず、
うすら寒い一日です。
さて、東京都23区にあるわがYamyam町一丁目のお話。
c0128628_12185912.jpg

町内に古くからあったXX湯という銭湯(お風呂屋さん)が
取り壊された。こう燃料費が高騰しては、持ちこたえられなかった
のに違いない。
更地になってみると、銭湯が占めていた面積というのは、
意外なほど広い。ここに早晩、大型都会風マンションが建つの
だろう。どっしりした破風の構えがあるお風呂屋さんがあった
ことなど、たちまち人々の記憶から失われるだろう。

聞けば、いま銭湯の大人料金は、450円だとか。(安いなあ)
450円という額は、コーヒー店(あ、喫茶店というものもあまり
見かけなくなりましたね)のコーヒー一杯の値段ぐらいだろうか。
c0128628_12194661.jpg

Yamyam町は都心から通勤1時間圏内だから、付近には、圧倒的に
若い勤労者や学生が多い。そういう人たちの住む小型アパートの
どの部屋にもお風呂が付いているかどうか・・・。
銭湯が無くなって困っている人たちも少なくないのではないか。
c0128628_12201298.jpg

○○○が無くなって困っているという話になると・・・・。

私の家の周りに最近見かけないもの、米屋、魚屋、豆腐屋。
パック詰めの切り身でなく、魚の目の輝きをみて、生きがよければ、
半身をお刺身に、もう一方に荒塩を振って、塩焼きに、という
ぐあいに一本まるごと買いたいのだが・・・魚を並べて売る魚屋
自体が消えてしまったのだ。幸いなことに、まだまともな八百屋と
肉屋は存続している。

豆腐屋も一丁売って、たった170円しか取れないのだったら、後継者
が絶えるのは当然だ。早朝に起きて冷たい作業をして、一丁、一丁
売っていたのではいくらも日銭が稼げまい。豆腐好きの私なら、
出来たての豆腐に500円払っても惜しくはないが・・・。
米、魚、豆腐・・・どれをとっても日本食に欠かせない食材
なのにね。

自分の町で気安く買えないというのは、困る、困るわけですよ。

お宅の町ではいかがでしょうか。


写真:11月28日 銀座通りにて。
    一番下:76年ぶりに全面改装したWAKOのショー・ウインドー
[PR]
by tamayam2 | 2008-12-02 12:22 | 日々のできごと | Comments(12)

銀座 H & M店

連休の一日、久しぶりに銀ブラとしゃれこんだ。
新橋から銀座7丁目の辺りに来たら、なにやら人だかりが。
歩行者天国の銀座通りに大勢の人が列を作っている。
なんだ、なんだ!


c0128628_10284949.jpg












よくよく見れば、
警備員のような人に
誘導された人の波は
一つの店舗の入口へ
吸い込まれていく
ではないか。


9月13日にオープンしたスウェーデンのアパレルメーカー、
H & M(Hennes & Mauritz)の入場制限だった。
赤いマークのこの店は、ヨーロッパではおなじみで、
たいていの町のメインストリートに並ぶファッションのお店
の一つ。


c0128628_10311354.jpg











日本のユニクロの
ように、ベーシックで,
色々なサイズが揃って
いて値段も
まあ、まあ手ごろ。




私のように、若くない人、標準サイズからやや外れる人、装飾より
も着心地を重視する人、手持ちのものと合わせ、組み合わせを
楽しみたい人にも、支持されていた。

特に大騒ぎするほどの店とも思えないのに、
やはり、本邦初というのが目新しいのでしょうね。
c0128628_10323542.jpg

7丁目から6丁目のほうへ歩いて行くと、H & Mの
白地に赤のロゴが入ったビニール袋を提げた人たちをたくさん
見かけました。どの人たちも、なんだかうきうきとして楽しそう
です。
c0128628_10331134.jpg

秋の陽が身体に気持ちよく照りつける歩行者天国。
銀座は、やはり日常からちょっと遊離していて、
夢を楽しむところです。

私は、いつものように、7丁目のクラシックなライオン・
ビアーホールに立ち寄って、中ジョッキでのどを潤して帰宅しま
した。
[PR]
by tamayam2 | 2008-10-16 10:40 | 日々のできごと | Comments(10)

銀座で 見た美しい人たち

まだまだお寒い日が続いていますね。
先日、用事があって、銀座に出かけました。
c0128628_1872027.jpg

4丁目の角の和光は工事中。そのお隣のミキモトの前庭には、
いつものことながら心ときめくオブジェが。
Shell-Cube と名づけられた作品。アコヤ貝が黒の大理石に
埋めつくされている。


c0128628_1881335.jpg
有楽町駅方面へ
抜ける道には、
MIKIMOTO2の
超モダンな建築。
















c0128628_1885623.jpg
その並びの
ぐにゃりと曲がった
建物は、
イタリアン・ファッシ
ョンのビル。














MIKIMOTO2の前の歩道を渡る男女の姿の美しきこと。
寒さにも関わらず、コートを羽織らず、真っ白なスカートで
さっそうと、ランチにお出かけ。


c0128628_18103942.jpg
日本橋のほうへ
歩いていくと、
古風な穴子の
老舗が。

















穴子も悪くなかったのですが、 
その直前に鰻を食べたばかりでしたので、この日はパス。

後で気づいたのですが、店の前を行く男性の後ろ姿が
なかなかいいわね。

銀座を歩く男女は、いずれもきりっとしていて、さ~すが
でしたよたまには、銀ブラでもしなくっちゃ

Yamyam町内ですっかり充足し、くすぶっているわが身
を振り返り、ちょっと首をすくめたものでした。
[PR]
by tamayam2 | 2008-02-21 18:16 | 日々のできごと | Comments(0)

神谷町と銀座

東京には、ゆっくり散歩できる道はないのでしょうか。ぼやぼや歩いていると、
自転車の人に追っ立てられるし、他所のお宅の玄関先の植木の花などカメラを向け
れば、怪しいヤツかと誤解されそうです。

【8月1日 港区六本木一丁目→ 神谷町の遊歩道】
アークヒルズ界隈に用事があったので、サントリー・ホールの裏手の散歩道を
歩いてみました。泉ガーデン、スウェーデン大使館の脇を抜けて神谷町の駅まで
ぶらぶら歩いて25分ぐらいの心地よい散歩道。


c0128628_16182622.jpg

大都会のド真ん中に
あって、比較的大きい
樹木が見られ、
(人工的に植栽された
もののようですが・・・)

舗装された小道は
起伏があり、なかなか
しゃれた空間を
形づくっています。



(東京も捨てたものではないなぁ
とつぶやく。)

ちょうどお昼休みの時間だった
ので、木陰のベンチでお弁当を
食べている若い人たちを
見かけました。


ドイツで見かけないもの:日傘をさした女性の姿。↑
そして、なぜか、みな真っ黒の日傘をさしているのです。どうしてかなぁ??
c0128628_16203145.jpg

tamayam2は神谷町から、銀座まで地下鉄で行き、WAKOの隣りのMIKIMOTO
ところで、御木本 幸吉さんの像にご挨拶。この場所には、いつも季節の花壇が
見事に作られているのです。この日は、白を基調にした清楚な花々でした。

すぐ先の、キムラヤパンには、有名な酒種入り桜アンパンが売っているのですが、
tamayam2の目当ては、ドイツ式穀物ギッシリの固いパン。
ありましたよ!薄茶色の生地にナッツやデイツ(乾燥イチジク)の詰まったパンが。
さすが、老舗のキムラヤです!(再度、東京も捨てたものではないなぁ、と独りごと。)


c0128628_16214366.jpg

30度以上の炎天下を、
tamayam2は、
日本橋に向かって
歩きました。
室町あたりの
交差点で、
ウナギ昇りの水銀柱
というような、赤い棒状の
彫刻とその脇に卵のような
オブジェを見かけました。



道を渡ってそばまで見に行けば
よかったのですが、暑いので、
わざわざ水銀柱のような彫刻を
見るのも、気が進まず、
クーラーの利いている建物へと
吸い込まれるように入っていった
のです・・・・(嗚呼、アジジ)
[PR]
by tamayam2 | 2007-08-04 16:38 | 日々のできごと | Comments(0)