タグ:銀座 ( 34 ) タグの人気記事

【759】スノーマンに会いに、銀座ブラ

10月31日に骨折して、7週間(49日)目に入った。
松葉杖が2本から1本になり、ゆっくりながら歩行できるように
なった。整形外科に毎週通っているが、薬をくれるでなし、
レントゲンを撮って骨がちゃんと着いているか確認するだけ。
でも、むくみも少なくなったし、だんだん健康な足の状態
に近づいていることがわかる。骨折の治療は、本当に
時間をかけて忍耐強くやるしかないのだ。
c0128628_1511830.jpg

12月に入って、気温は低いが晴れ渡った気持ちの良い日。
ちょっと気分転換に電車に乗って外出したくなった。
ウチからバスで西武池袋線練馬まで行く。そこから地下鉄
有楽町線に乗って、銀座一丁目まで行こうと計画を立てた。
もちろん、保護者付き、杖は、一本。
c0128628_15114979.jpg

地下鉄の区間は駅は12,3あるが、乗り換えなし。
銀座松屋で、「スノーマン展」をやっているので、それを目的地とする。
スノーマンは、イギリス人が創作した漫画。緩やかなストーリーは
あるが、セリフがないから、大人から子供にまで愛されている。
c0128628_15122275.jpg

ウチの孫たちは、なぜかスノーマンを溺愛しており、これが
無ければ夜も日も明けないほどなのだ。幼児のころ、ちょっとでも
スノーマンが見つからないと火がついたように泣く。代用品では
ダメで、自身の匂いのついた自分の人形でなくてはいけないのだった。

ピーナツという漫画のライナーズという子供が、ボロボロになった
毛布を引きずっているのと同じことだ。
「Security blanket」 あるいは、「安全毛布」という。

2010年に子供たちと一緒に過ごしたカナダ、ヴィクトリア島での
写真を見ると、二人は、いつもこの人形を抱えている。
このとき、1歳、3歳だった孫たちは、今は小学生になった。
c0128628_1513873.jpg

今年の2月に訪問したとき、子供部屋で見せてもらった、スノーマンは、
7体。あるものは、ボロボロになり顔は真っ黒だ。それでも、
洗うわけにはいかないのだった。
c0128628_15593196.jpg

最近の親からの便りによると、この子供たちの成績は、クラスで中位。
親はどちらもPh.D保持者なのにね~と、嘆いていた。
親は親、子は子、関係ないよ~と言っておいたが、幼少時の
「安全毛布」へのこだわりと成績は関係があるのだろうか・・・
c0128628_1514194.jpg

さて、金曜日の銀座は、人通りも多くなく、爆買いのガイジンさんたち
も目につかなかった。MIKIMOTO(御木本)は、社屋を改装中で
今年は、名物のクリスマスツリーはなかった。が、お隣の山野楽器が
大きなクリスマスツリーを店頭に出していた。
キラキラの♪のオーナメントがぶら下がっていた。
c0128628_15144853.jpg

三越の壁には、ショー・ウィンドーからはみ出した人形の
キャラクターたちが壁に落書きのように描かれていた。
「Life is a gift」 というような訳のわからない英語が書いて
あったが、こういうあいまいな言い方をしないで、
「年始年末は、三越でしっかりお買い物を!」と正直に
言ったらいいのに…。日本人は、直接にズバリということを避けて
なんとなく曖昧にへらへらと笑っていることがある。
「こんなん、世界では通じませんよ」とTamayam2は思いながら通りすぎる。
c0128628_15153418.jpg

杖をついて歩いているので、歩行は問題がないのだが、人に
接触すると困る。だから、デパートの中では、その点に注意し
ながらしずしずと歩いた。
Appleの前には若い人たちがいっぱいいて、道行く人たちで
さえスマホを見入っている。こういう人にぶつかると危険
なので、近づかないようにした。
c0128628_1516528.jpg

Ito-ya(伊東屋)は新装ビルで、入りたい気もあったが、
人が多そうなので、止めておく。
いつもなら必ず入る「教文館」のビルにも入らなかった。
c0128628_1516356.jpg

保護者と少しへヴィーな昼食をして、また、同じ行程で、
家にたどりついた。地下鉄は、エスカレータやエレベータが
整っていてほどんど問題がなかった。ありがたいこと!

銀座通りも段差が少なく安全だが、一番心配なのは、人の動き
だった。とっさに駆け出す人、とっさに止まる人、
おしゃべりに夢中な人。そういう人に対して、
一般の人よりずっと動作の緩慢な「歩行不自由者」は、素速い対処
がしにくく、転倒しそうになるのだ。

今回は、ゆっくりと銀座一丁目から四丁目まで歩いただけだが、
都会の空気を胸いっぱい吸って、とてもいい気分転換になった。

by tamayam2 | 2015-12-19 15:23 | 日々のできごと | Comments(30)

【747】敬老の日の銀ブラ

4か月ぶりの銀座。
友人の写真展に行った帰り、銀座通りを歩いてみた。

日本は、春のゴールデン・ウィークになぞらえて、秋は、
“シルバー・ウィーク”という連休ができたらしい。
土曜日が休みの会社員なら、19日(土)から秋分の日の
23日(水)まで、5連休。
c0128628_1440832.jpg

21日は敬老の日、22日は国民の休日という、要するに
橋掛けするための苦肉の策の休日…ともかく、働き過ぎの
日本人には、うれしい秋の休日なのだった。

新橋寄りの外堀通りから銀座通りを四丁目のほうへ、歩いていく。
さすがに歩行者天国の銀座通りは、賑わっている。
私どももなんだか気分がウキウキしてゆっくり歩いた。
c0128628_14403685.jpg

ん? ちょっと不思議な音がする。
ゴロゴロ、ガラガラ、ゴロゴロ、ガラガラ・・・
何だろう?
c0128628_14413151.jpg

取り壊された松坂屋デパートの跡地のあたりで、それが、
旅行用トランクを引きずる音だとわかった。
四丁目の交差点のあたりに近づくと、トランクを引っ張る人が
どんどん増えていったからだ。
c0128628_14415865.jpg

旅行者が駅でコインロッカーが探せずに、重い荷物を持ったまま
銀座へ繰り出した???
連れが言うには、「買い物したものを入れて持ち運ぶため」!
なぁるほど!
c0128628_14423515.jpg

いつものように、ご自慢のイヌにコスプレさせて、自慢している
おじさんもいた。帽子、サングラス、襟巻、お洋服を着せられて
暑苦しいだろうに、イヌはしっかりと任務をこなしていた。
健気で、気の毒なワンちゃん。
c0128628_14425991.jpg

こちらのイヌは、まだ自然体で、よかった。
フランスでのびのびと沼を泳ぎまわっていた友人のイヌと
比べ、なんだか気の毒な日本のおイヌさま。

さて、どこで食事をしようか、ということになった。
有楽町と新橋の間のガード下を最近は、コリドー通り
というそうだ。Corridor(回廊、廊下)という言葉から
来たのでしょうね。
“こりどーどおり”・・・舌を噛みそうだな。

その中に、「近畿大学水産研究所」というレストランが
あって、連れ合いが入ってみたいと言う。
“研究所”と言ったって、そうではなく、喰い物屋さんなのだが、
近畿大学のこの名の研究所が養殖したマグロなど、和歌山産の
養殖魚を中心にしたレストランなのだ。
30分前に出かけたのに、すでに列ができており、番号を
登録して平均1時間待ちというふれこみだった。
幸い私どもは、30分待ちぐらいでテープル席に案内された。

すべて近大卒業の折り紙つきお魚の刺身は、大変おいしかった。
うん? 養殖=品劣ると思っている方には向かないと思うが、
品質もサーヴィスも実によかった。
お勧めです。
この大学は、1948年から、「海を耕す」という信念のもと、
日本人の食は、海の畑で創り出さなければ、という思いから
和歌山県白浜に研究所を作り、魚の養殖について研究しているそうです。
くわしくは、HPここ
c0128628_14453928.jpg

(このお嬢さんたちは、きれいだったが、スカートが短すぎて・・・
 正面から撮影した写真は、ここに載せるわけにはいかないのだった。)

銀座にアジアからのお客様が増え、日本料理を飲食するように
なって以来、元々生魚を食する文化の無い国の方々も刺身に
舌つづみを打つようになったという。そういう方々の人口は、
日本どころではない。

やはり、天然モノに頼っていては、今に資源が枯渇するのでは
なかろうか。養殖について研究している大学は立派だ。

喰い物屋さんが、研究所と名乗っても、まぁいいと思うよ。
ちょっと、紛らわしいけれどもね (^_-)-☆

by tamayam2 | 2015-09-22 14:47 | 日々のできごと | Comments(10)

【729】久しぶりの銀ブラ・・・小さなコミュニケーション

銀座の歩行者天国からしばらく遠ざかっていた。
久しぶりの銀座通り。松坂屋のビルが建て替えのため、ぽっかりと空地に
なっている。外国ブランドのショップが増え、外国人の姿が目立つ。
四丁目の角には、相変わらず、ご自慢の犬を連れた人も大勢。
犬を見せたい人、見たい人・・・ちゃんと需要と供給のバランスが
とれているような気がする。
c0128628_0175796.jpg

道路の脇に、イスラム圏の女性が数人立っていた。
ヒジャーブというのだろうか、頭の被り物をして、長い衣に身を包んでいる。
汗ばむような陽気の中、顔以外、身体をすっぽり覆う民族衣装を着て暑くない
だろうか、などとぼんやり考えながら通りの反対側から眺めていた。
c0128628_0183647.jpg

衣類は伝統的ながら、みな片手にスマホを持っている。
と、その時、
向こうから着物姿の女性が、これまた、スマホ片手に歩いてきた。
イスラム圏の女性が、つ、つっと近づいて行って、
「写真を撮らせてください」と交渉している。
・・・交渉成立・・・
c0128628_0191495.jpg

互いにスマホで写真を撮りあいながら、なごやかに談笑。
こういう会話を、何語でしたのか・・・よくわからないけれど、
対岸から見ていて、なんだかほほえましい姿だった。

知らない者どうしが、ちゃんと交渉し、話が通じているのだ。
スマホを通じて、そういった未知の人とのコミュニケーションに
習熟しているのだろうか。
面識のないイスラム圏の人と着物姿の女性が、くったくなく談笑している姿は、
やはり、じつに今日的だと思った。
c0128628_020655.jpg

さて、銀座四丁目の山野楽器店前で見たこちらの青年は、おもしろい方法で
銀座通りを行く人々を撮影していた。
小さな自家製の滑車に載せたカメラを静かに移動させながら、
道行く人々の動画を撮影しているのだ。
とっても興味深かったので、声を掛け、撮影した動画を見せてもらった。
低い位置から撮影しているのに、足もとだけではなく、通行人の全貌が映っており、
かなりドラマティックな映像が撮れている。

私は感心して、彼にお礼を述べた。
小さなコミュニケーションだったが、
私も銀座のホコ天に集う人を定点撮影しており、なんだか共通の関心を
持つもの同志の喜びを感じることができた。

知らない者どうしが、声をかけ合うのは、ちょっと勇気がいる。
でも、こういうパブリックの場所で、ホコ天のようなスペースなら、
なんとなく普段の垣根を乗り越えられる気がした。
c0128628_020557.jpg

銀座通りにしっかり陣取っているおなじみのApple Store.
ちょっと入ってみたが、若い人々でいっぱい。
更に奥へ進む気力が失せるほどの混雑ぶりだった。
店頭のApple Watchだけ、撮影して撤退。
c0128628_0211840.jpg

大きな旅行用トランクを引きながら歩いているガイジンさんをたくさん見かけた。
トランクにまだタグがついているところを見ると、
日本での買い物がいっぱいで・・・さらに、運搬用のトランクが必要なんでしょうね。

by tamayam2 | 2015-05-07 00:22 | 日々のできごと | Comments(10)

【695】10月の銀ブラ

10月も終盤に近づいてきました。
愛猫との別れ、親しかった叔母との別れがあり・・・
それとは別に、いろいろな行事がありました。
一つ記念すべきことは、私の卒業した中・高校の創立記念礼拝で、
スピーチをする機会が与えられたことです。
卒業後50年もたって、懐かしい母校で私が何かを話すなんて考えてもいなかったことでした。
緊張のあまり、一月も前から準備しておりました。
それが終わり、ほっとしました。
c0128628_13333029.jpg

ウチの庭の西洋ハナミズキの葉が紅葉しています。
19日に、久々に銀座通りを歩きました。
c0128628_13341412.jpg

定点撮影のWAKOのディスプレー、「ブチェラッティ展」の案内でした。
真っ先に私の眼に止まったのは、中央左奥の、蛾です。
これは、【693】でご紹介したアフリカ尾長ミズアオ(ヤママユガ科)に相違ありません。
c0128628_1337527.jpg


c0128628_13351497.jpg

Apple社のほうへ歩んで行きますと、宝飾店の小さいウィンドーにかわいい秋の虫が!?
c0128628_13354044.jpg

虫好きには、虫がすぐ目に留まるのです。
高さ5㎝ぐらいのガラス製あるいは、陶製のオブジェでした。
近くには、主役のアメジスト、ダイヤモンド、黒真珠など・・・が輝いておりましたっけ。
c0128628_13362633.jpg

c0128628_13365070.jpg

なんだかこの日は、いい陽気に誘われたのか、どこも人がいっぱいで、
皆ウキウキと弾んでいるようでした。

by tamayam2 | 2014-10-29 13:38 | 日々のできごと | Comments(14)

【672】2014年7月…銀座の愉しみ

東京は、何だかわからないが、ともかく暑いです。

34度とか35度とか・・・そんな暑さに慣れないものだから、あわててしまう。
26日(土)、東京新聞で見たので、銀座のSONYビルへ。
沖縄の美ら海水族館から魚類が1000匹も船で連れて来られたという。
大きな水槽ができているそうだ。
c0128628_20321567.jpg

SONYビルの前には、夏休みになったばかりの子供たちや親たちでいっぱい。
c0128628_20324679.jpg

しかし、エレベータで8階に上ると、そこでは、慶良間諸島で4K撮影されたザトウクジラ
映像を見ることができる。すばらしい迫力。
c0128628_2033131.jpg

しばし、下界の暑さを忘れ、心は南の島の大海原に・・・。
8月31日まで見られます。入場無料。
HPは、ここ
c0128628_20332738.jpg

定点撮影の四丁目のWAKOは、なんだか動物の脚のようだった。
c0128628_20335046.jpg

ラクダだろうか、馬だろうか・・・?
c0128628_2034738.jpg

遠くから見ると、地の部分がアフリカの壺のようにも見えてくる。

アフリカは、もっと暑く、乾燥しているのだろう。
そんなことを考えていたら、だんだん頭がぼぉ~としてきた。

by tamayam2 | 2014-07-27 20:34 | 日々のできごと | Comments(2)

【682】憲法の日だから?

5月3日は憲法記念日。とてもいい天気だったので、久しぶりに銀ブラに
出かけました。みな様は、大型連休の日々、いかがお過ごしでしたでしょうか。
(日本橋)
まず、二、三の用事を済ませに日本橋へ。この辺りは最近、COREDO日本橋に続き、
COREDO室町という洒落た商業スペースができて、人気スポットになっています。
この際そこは賢明に避けて・・・。COREDO室町のHPはここ
c0128628_8423813.jpg

高島屋デパートの裏手には、生きた植物のフェンスができていました。
こういう葉っぱの組み合わせ、これから初夏にかけてもいいなぁ~と眺めました。
c0128628_8431071.jpg

歩道わきの花壇には、江戸情緒を意識してか、屋根瓦が使われています。
伝統的な素材を生かしましたね。
そこから、東銀座方面へ移動。
(築地)
築地の場外市場あたりでお昼を、と思ったのですが、同じことを考える人がいるとみえて、
どこも長い行列ができていました。
c0128628_8443476.jpg

来月、岩手県に行く予定なので、歌舞伎座近くの岩手県のアンテナショップ
観光地図など情報をゲット。ローカル線の乗り換えについて親切なアドヴァイスを
受けました。旅行の情報は、このごろは、アンテナショップが便利です。
いわて銀河プラザのHPはここ
c0128628_8451524.jpg

昔は、川があって橋があったところが、いまは「築地川銀座公園」になっており、
一休みしたい人には格好の空間です。家族連れ、犬連れ、母の日サービスの親子連れ、
カップル、外人さん・・・どの人の顔もゆったり、微笑みがこぼれています。
まさに五月晴れの下、花壇は色とりどりのお花でいっぱいです!

銀座四丁目の角の方に向かって歩いていきますと、突然、耳をつんざくような大音響が!
街宣車です。 !!!!GGG ::: VVV:::QXQX!!!!
c0128628_847287.jpg

何台も何台も!日の丸を立てて、マイクを最大のヴォリュームにして・・・。
ゆったり歩いている私どもも、外人さんの銀ブラ族も、腰を抜かしてしまいました。
ああ、今日は憲法記念日なのです。護憲の人も改憲の人もいるわけですけれども、
あんなヒドイ手段で通行人を驚かさなくてもよいでしょうに!!
左のおじさんは、手で耳をふさいでいます。外人さんは逃げ出しました。

機動隊もおりましたが・・・四丁目の交差点の侵入を防ぐほか、なすすべがありません。
ののしり、がなり、絶叫する声を聞きながらの銀ブラ! 
独特のリズムで繰り返される汚い日本語。
ガイジンさんは、何事かと思ったことだろう。
c0128628_848650.jpg

定点観察のWAKOですが、5月は、白いレースのような透き通ったソファーに
高級品を満載したディザインです。
陶製のネコの置物と、レースでできた犬のオブジェ・・・豊かな暮らしのシンボルなの
でしょうか、すべては絵空ごと! スノビッシュな趣味・・・
c0128628_848454.jpg

歩行者天国の広場には、お人形のように毛を刈り取られたお犬様が
通行人の注目を浴び、妙にお行儀よく座っていました。

そう言えば、先のアメリカ旅行で、たくさんの犬を見ましたが、洋服を着ている犬
には一度も会わなかったことに気がつきました。

最近のWAKOや御木本のディスプレイは、やや面白みに欠けるような
気がしています。

そろそろ昼どきのピークが過ぎたころになったので、歌舞伎座の方へ戻りました。
道路の向こう側に、黒々と墨で書かれた「壽司」という文字が!勘亭流ですね。
その文字の勢いに思わず見とれて、足がそちらのほうへ向かいました。
c0128628_8491465.jpg

「すし」という字は、寿司のほか、鮨や鮓もありますが、旧漢字の複雑な「壽司」は
なんだか凄みがあるようではありませぬか。

みなさまは、この字、書けますか?
土書いて、片仮名のフ、その下にエ、更に下に数字の一、
左に片仮名のロ、右に漢字の寸で、出来上がりですよ。(^_-)-☆

by tamayam2 | 2014-05-06 08:50 | 日々のできごと | Comments(6)

【658】新年、おめでとうございます

2013年が静かに去り、2014年になりました。
c0128628_18233956.jpg

一日が過ぎただけですが、今日まで健康を支えられて新年を迎えることが
できたことに感謝します。

今年、Tamyam2は70代に、家人は80代に入ります。
平均寿命の延びた日本では、めずらしくもありませんが、
アジア、アフリカ、中南米の国の人たちから見れば信じられぬ高齢でしょう。

今朝、新年礼拝で、読んだ聖書の箇所は、詩編90篇10節~12節。
  「人生の年月は七十年ほどのものです。
   健やかな人が八十年を数えても、得るところは労苦と災いにすぎません。
   瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。
    (中略)
   生涯の日を正しく数えるように教えてください。
   知恵ある心を得ることができますように。」

新年早々、教会では、こんな暗い言葉を読むなんて・・・と不思議に思われるかもしれ
ませんが、キリスト教の人は、あまり縁起をかつぎませんから・・・これで
問題はありません。この箇所こそ、新年にふさわしいのかもしれません。
c0128628_19424738.jpg

さて、2013年は【578】号から始めましたので、この稿【658】でちょうど、
80回進んだことになります。ややペースが落ちましたが、このようなスタイル
でまた、植物に関心を寄せつつ身辺雑事の記録を続けていくことにいたします。
c0128628_19431626.jpg

どうぞよろしくお付き合いくださいませ。
どなた様にとっても新しい年が、穏やかで喜びに満ちたものでありますよう、
お祈りします。

c0128628_19433377.jpg

by tamayam2 | 2014-01-01 19:44 | おしらせ | Comments(17)

【650】東京駅八重洲口側も進化中

東京駅丸の内側(皇居があるほう)の新しい駅舎、中央郵便局跡のKITTEという
商業スペースなど・・・駅が素敵な空間に変わっている。
    過去ログ:【543】新装なった東京駅 2012年10月
         【595】東京の新名所 KITTE 2013年4月
その反対側、八重洲側は、どうなったかというと、
これまた、着々と進化を続けているようだ。
c0128628_21355075.jpg

昔からある大丸デパートの位置が変わって、
グランルーフという大屋根ができ、
雨でも建物間の移動が楽になった。
c0128628_213721.jpg

この辺りの建物は、皆なぜか、フランス語的なGranがついている。
いわく、Gran STA、 GranAGE, Gran Roof    
Gran STA は、 Stationのことらしい。
フランス語ではgrandと書いても発音は、グランなのよね。
どうして、フランス語と英語をくつっけちゃうのか・・・。
こういう節操のなさは、もうお病気です~
c0128628_213881.jpg

この空間にある店は、大半がしゃれた飲食店です。東京駅の中に、いったいどのぐらいの
飲食店があるのか・・・見当がつきません。たくさんの人の胃袋を満たす巨大な装置という感じがします。
この頃のこうした公共空間は、歩きやすく、壁が本物の植物で埋めつくされていて、
心が和らぎます。いわく、緑の壁・・・
壁の中に繊維質のものが埋め込まれていて、水分や栄養分が
過不足なく供給されているのでしょうか。
どの葉も健康そうで、生き生きとしている。
c0128628_2139237.jpg

こちらは、FENDIというイタリアのブランド店
バッグがなぜか、喜劇のお面のようだ。
c0128628_21394091.jpg

Louis Vuittonは、黒いガチョウとリボンでバッグを飾っている。

銀座の四丁目のWAKOでは、11月のテーマは、男性の“口ひげ”らしく
ネコまでがエラソーに、口ひげをはやしている。
c0128628_21411541.jpg

12月のパーティ・シーズンを予感させるようなディスプレーだ。

バッグの言えば、女性は一体いくつのバッグを持っているのだろう。
いくつ持っていても、新しいものが出ると買いたいのよね。
私でも5,6個やそこいらのバッグを所有しているのですから、
世の女性は、もっとお持ちでしょう。

男性は、どうして口ひげを生やしたりしたいのでしょうね。
手入れも大変なら、納豆、ソフトクリーム等食べる時にご不自由でしょうに。

女性のバッグ好き、男性のヒゲ好き・・・
異性には永遠に理解できない謎ですね。ふふふ

by tamayam2 | 2013-11-25 21:42 | 日々のできごと | Comments(10)

【637】久々の銀座

本当に暑い夏だった。
銀座へ出かけるのも気が進まず、9月になって久々に銀ブラをした。
21日午後、Tamayamと同じような気分の人々なのかしら・・・
たくさんの男女、子供、犬たちがそぞろ歩きを楽しんでいた。
2013年のファッションと言えば、
このお嬢さんのような短いパンツとハイヒールかな。
c0128628_1229115.jpg

おやおや、着物にハイヒールのお嬢さんもいました!? これも、アリ?
c0128628_9234113.jpg

定点撮影のWAKOのウィンドーにも女性が佇んでおりました。
c0128628_924815.jpg

MIKIMOTOは、今年120周年だそうです。ミニ薔薇で埋め尽くされた空間。
c0128628_9242390.jpg

向いの銀座三越は、3周年。各国語で感謝を表していました。
c0128628_9244761.jpg

そう言えば、四丁目の角辺りには、外人さんがたくさん!
いろいろな言葉がにぎやかに聞こえてきます。
c0128628_925525.jpg

オリンピックも7年後には開催されるし、外国語学習が盛んになるでしょうね。
こちらが言いたいことを伝えるというより、相手の言うことをよく聞いて、その場で
必要とされる課題を処理する能力が必要かもしれません。(おお、けっこう高等能力だなぁ)
c0128628_9261185.jpg

銀座の街をふらふら歩いていると、こんなところにも美女が!
c0128628_9263523.jpg

ウィンドーに映る影が面白く、キョロキョロしながら7丁目まで歩いてしまいました。

by tamayam2 | 2013-09-26 09:26 | 日々のできごと | Comments(20)

【602】ゴールデンウィーク中の銀ブラ

ゴールデンウィークにお出かけの人も多かったことでしょう。
東京は、なぜか薄ら寒い日が続き、床暖房をつけて過ごしました。
みな様のところではいかがでしたか?
c0128628_6435916.jpg

ちょっと所用があって、久しぶりの銀座へ。
有楽町・交通会館から銀座方面へ向かいますと、並木の樹に赤い花が!?
紅花トチノキ、フランス語で言えば、マロニエです。
c0128628_6442413.jpg

ベニバナトチノキ【紅花栃の木 トチノキ科 Aeculus x arnea】
(北米産アカバナトチノキと欧州産セイヨウトチノキの交雑種。)
そう、そう、ここは、マロニエ通りというのでしたね。
c0128628_6451488.jpg

Mikimoto Ginza2のピンクのしゃれたビルのウィンドーには、
Thank you Mom・・・来週の日曜日は、母の日でした。
c0128628_6454641.jpg

銀座通りのMikimoto本店の前のディスプレーは、御木本120周年のプレートが。
真珠王、御木本幸吉翁の像の前には、相変わらず、人がいっぱい。
和光のディスプレーは、今月は、チョウでした!
c0128628_646462.jpg

四丁目の角の花屋で、見ました。母の日に、お母さんに花のケーキを。
セロシアケーキ、3000円!
c0128628_6482833.jpg

食べるケーキではなく、「乾燥したら、水をやってください」とのこと。
小型の園芸用ケイトウです。
セロシア【野鶏頭 ヒユ科 Celosia argentea】
花好きなお母様を喜ばせるには、いいでしょうね。
園芸屋さんもいろいろ考えますね。
c0128628_6501340.jpg

こちらは、老舗のとらやさん。
外国のブランド店が横溢する銀座通りに、どっこい、老舗は生きています。
左から右ではなく、右から左に書く暖簾が、粋ですねぇ!

by tamayam2 | 2013-05-05 06:50 | 日々のできごと | Comments(12)