タグ:美術 ( 77 ) タグの人気記事

【561】アート・オブ・我慢

Blog友のtabikitiさんから、尊厳の藝術Art of Gaman(我慢)のことを
教えていただいて、24日、上野の東京芸術大学に出かけてきました。
翌25日、NHK、日曜美術でも、この展覧会について取り上げていましたから、
ご存じの方もおられるでしょう。
c0128628_1628688.jpg

今年は、太平洋戦争中、日系移民が強制収容されてから70年の節目にある
年だそうです。アメリカ在住の日本人は、移民とは言え、敵国日本に有利な情報を
もらしたりする恐れがあることから、12万人以上の人々がある日突然、住まいも
農地も取り上げられ、アメリカの奥地にある強制収容所へ連行され自由を奪われました。
c0128628_1629484.jpg

粗末な収容所では、人々は、通し番号で呼ばれ、個人の尊厳は著しく損なわれたの
です。そういう辛い生活は、終戦まで続いたようですが、当事者は、その記憶を封印し、
多く語ることをしませんでした。最近になって収容所生活をした人々の遺族から、
遺品の中に非常に手のこんだ手工芸品があることがわかり、それを収集して展示されることになりました。
c0128628_16303836.jpg

芸大の校門のところに植わっていたナンキンハゼ

それが、2010年にアメリカ・ワシントンのスミソニアンアメリカ美術館
レンウィック・ギャラリーで展示され反響を呼びました。今回の日本での展覧会は、
ワシントンの内容の日本公開版のようです。東京の他、福島、仙台、広島、沖縄でも
順次公開されるようです。

  関連HPは、ここ

アート オブ 我慢と名付けられたその展覧会は、いつまでそういう不自由な
生活が続くかわからない状況で、材料も道具もないのに、人々が廃材や自然の拾得物の
中から、ものを作り出して、生きる喜びを見出していたこと、日本人の手先の器用さ、
創造の中に生きる意味を見出していた人々の精神の気高さ・・・そういう
ものにアメリカ人が尊敬の念を抱いたからでしょう。
c0128628_1633568.jpg

杖や、机、腰かけのような実用品から、自然に曲がった木の枝を蛇に見立てた彫刻、
何かの紐をほどいて編んだバスケット、貝殻で作ったブローチなど、
愛するだれかに贈り物として上げるために、手をかけ、ひまをかけ作った装飾品なども含まれています。
小さな手製の仏壇、そろばん、二宮尊徳の薪を背負う少年像など、ああ、海を渡った
移民も我々と同じ価値観を持ち続けているのだ・・・と感動しました。

閑話休題
近ごろ、アメリカのオバマ大統領が再選されたわけですが、オバマ氏は
人種的に言うと、WASP(White Anglo-Saxon Protestant)には属さない人です。
ケネディーが登場する前までは、WASPの条件を満たさない者は大統領には
なれないと言われていました。それが、カトリック系のケネディが登場し、
キリスト教のProtestantでなくても大統領になれるのだと注目されたのです。
オバマ以後、Whiteでなくても、Anglo-Saxon、Protestantでなくても、
そういった属性は、問題ではなくなりました。

話は違いますが、この一年、合衆国で生まれた幼児の数は、はじめて非白人が白人を
上回ったということです。非白人というのは、ヒスパニック系、黒人、アジア系などですが、
その人たちが50.4%で、対するヨーロッパ系の白人が49.6を占めているということです。
c0128628_16333987.jpg

上の写真は、ウチの孫が幼稚園の砂場で遊んでいる写真なのですが、
行列の右端の男の子を除いて、後の4人が非白人系です。ウチの孫は、
日本人とアメリカ人とのハーフで、(左の2人)アジア系家族の子供ということに
なります。
アメリカに住んでいると、民族的にどこの出自であるか、いちいち気にしては
おれません。ただひたすらに、自己表現してフェァーに生き抜くほかはありません。

この展覧会で示された日本人の、厳しい状況におかれても美しさにこだわり、
ものを大事にし、人に認められようが認められまいがいつもbetterを目指して
努力する健気さを、日系の血を引いている孫たちが受けついてほしいものだと
思いました。

[PR]
by tamayam2 | 2012-11-26 16:34 | 日々のできごと | Comments(10)

【557】石見銀山と群言堂

群言堂(ぐんげんどう)というユニークな会社がある。
主に、衣類、服飾品、生活雑貨を作って売っている。素材は、昔から日本にあるものを見直して
現代の生活にマッチするように工夫されたもの。そして、失われかけた日本のモノ作りの技術を
再評価するような仕事をしている。
“エコ”とか、“和のテイスト”といったベラベラした風潮とは一線を画している。
会社のHPはここ

群言堂の服を初めて買ったのは、東京の小田急デパートで、かれこれ10年ほど前の話。
10年も経つのに、布地の風合いや着心地がますますよくて捨てられない。海外で着れば、
さり気なく日本をアッピールできる。織りも、染めも、刺繍も昔から日本にある技法だし、
なんだか落ち着くのである。
会社の本拠が島根県の山奥にあるというのもユニークだし、設立者ご自身の理想や信念
を若い人に伝えつつ、地元に仕事を創出しているという生き方も素敵だ。
c0128628_7353579.jpg

石見銀山に行ったら、群言堂の本店に出会えるかナ~と楽しみにしていたら、中央の通りに入ってすぐの
ところにあった。
看板の上には、木彫りのミシンの飾りが! 
手仕事に従事しております、という主張だな。
道の向こうから来るのはVeloタクシー。ここでは、環境保全のため車が使えない
から、観光客に利用されている。
c0128628_736539.jpg

ショップの内部は撮影しなかったが、中庭やインテリアなどを撮影させてもらった。
美しいものを追及し、モノを大事にしながら生きる生き方が、伝わってきて
居心地のよい空間ができている。そこで働く人たちも生き生きとして楽しそうだった。
c0128628_736425.jpg

c0128628_7372763.jpg

c0128628_7375150.jpg

こちらは、床屋さんの店先に飾ってあった昔の椅子。
c0128628_738268.jpg

こんな椅子に座ってバリカンで頭を刈ってもらった経験がある人もおられるでしょう。
c0128628_7385680.jpg

「弥七」という屋号を持つ貸自転車の店先で。気のいい青年で、見物している間、
荷物を預かってくれた。窓枠にからまっているのは、テッセンか半鐘ヅルの綿毛。

[PR]
by tamayam2 | 2012-11-13 07:40 | たび | Comments(12)

【551】秋の生け花展で

秋にはいろいろな展覧会、コンサートがあって、友人知人から
チケットをいただく。先日行った生け花展では、伝統的な生け花に混じって
野菜を生けた生け花ならぬ 「生け野菜」 があって、おもしろく拝見した。
c0128628_1182656.jpg

これは、トンガラシ。シダのような植物とよく合っていました。

下の赤い実は、フサスグリ(スグリ科)。英語でRed currant 、 仏語Greseille,
独語 Johannisbeeren 日本ではあまり見かけないようですが、ヨーロッパで
よく見かけるものです。ジャムにしたりお菓子に焼きこんだり。
c0128628_119297.jpg

こちらは、サヤエンドウとルバーブでしょうか。
c0128628_1192777.jpg

驚いたのは、こちら。赤キャベツの間にカイワレ大根を挟んで、中に小花を
あしらったもの。サラダのようですね。ドレッシングをかけて食べられそう。
よく思いついたものですね。じっと野菜を凝視していたらアイディアが湧いてきたのかも。
c0128628_1195543.jpg

c0128628_11102897.jpg

ネギと極楽鳥花のコラボ。
c0128628_111117.jpg

こちらは、何の実かわかりませんでしたが、大きな作品でした。
c0128628_11112150.jpg

葉や花、茎や実、それに調和する花器を考え、ガラス、プラスティック、金属など、
いろいろな新素材も取り入れて・・・
現代の生け花はアートとして、とても斬新です。

[PR]
by tamayam2 | 2012-10-29 11:11 | 日々のできごと | Comments(10)

【503】トルコ ③アヤソフィア博物館

アヤソフィア(Ayasofya)は、今は博物館になっているが、東ローマ時代は、
ビザンツ帝国(キリスト教)の大聖堂だった。360年の建立。
c0128628_16314968.jpg

それが、1453年、帝国がオスマントルコに占領されるや、イスラム教の
寺院に変えられてしまった。キリスト教とイスラム教の様式が
複雑に残存している、ビザンチン様式の巨大な建造物である。
ひとたび堂内に入ると、その巨大さ、荘厳さに人は言葉を失ってしまう。

中は意外と暗く、巨大なシャンデリアのような明かりが灯っている。
c0128628_16323817.jpg
c0128628_16325120.jpg

1700年ほど前から人々が歩きすり減った石畳を伝って、階上に上がると、
やっと堂の全体像が見られる。
c0128628_16333028.jpg

c0128628_1633574.jpg

メッカの方向にその印のようなものがあり、
円天井の四隅には、キリスト教のものか天使の像が見られる。
c0128628_16343275.jpg

天蓋には、イスラム教の美しい飾り文字が見える。イスラム教は偶像崇拝を
禁じている関係から、カリグラフィー(イスラム文字の習字)が描かれている。
コーランの詩なのだろうか。文字に躍動感があり美しい。
c0128628_16345128.jpg

外に出ると、カンカン照りだった。考古学博物館のわきの緑地には、
人々が憩い、トチノ木の高いところに白い花が咲いていた。
c0128628_16353889.jpg

乾ききった路上で見た花、サクラマンテマ(ナデシコ科)か。
c0128628_1636337.jpg

ガマズミに似た白い花。

[PR]
by tamayam2 | 2012-05-30 16:37 | たび | Comments(11)

昔懐かしい映画

この映画「明日に向かって撃て」 (1969年)を知っている
人は、かなりの年配者でしょうね。
c0128628_9334469.jpg

こちらは、どうです?
c0128628_9335388.jpg

もっと古そうです。ジェルソミーナという主人公の名、
せつない音楽。覚えています。
「道」 (1954年)・・・私が小学生のころ。近くの○○○平和
という映画館で見ました。映画好きの母が連れて行って
くれました。初めて見たイタリア映画だったかもしれません。
c0128628_9344240.jpg

「鳥」 (1963年)怖い映画でした。これ以来、ヒチコックの
作品が好きになりました。
c0128628_9345328.jpg

「リオブラボー」 (1959年)この看板を一緒に見た友人は、
高校生のころ、わざわざ大きな町に出かけて行って、この映画
を見た、と懐かしげに話していました。
c0128628_9355329.jpg

「フーテンの寅さん」 (1970年)どのシリーズも面白かった
ですね。この映画のマドンナは、新珠三千代、舞台は、種子島
です。笠 智衆(りゅう ちしゅう)もよかったなぁ~

「危うし怪傑黒頭巾」 (1960年)、
「一乗寺の決闘 宮本武蔵」(1964年)原作 吉川英治
監督 内田吐夢、懐かしい名前です。青梅街道沿いの商店
には、古い白壁のこんな建物がまだ残っています。
c0128628_9411233.jpg

「丹下左膳」 (1954年)この人、片目なんですよね。
c0128628_940660.jpg

「花笠道中」 (1962年)美空ひばりの凛々しい姿!
この写真の下に道路標示があるように、中央線青梅駅の
駅のそばの旧道で、こんなレトロな映画の看板を見ることが
できます。お近くに行かれたら、ぜひ、立ち寄ってみてください。

[PR]
by tamayam2 | 2012-04-19 09:41 | 日々のできごと | Comments(19)

白日会展覧会へ

昨日3日、日本中を吹き抜けた春の嵐に、終日翻弄されました。
みな様は、いかがでしたか。
c0128628_65596.jpg

その前日2日(月)私は、東京・六本木にある国立新美術館へ
出かけました。Blog仲間のKanmyougamaさんこと、上名窯さん
の油絵の大作を見るためです。
上名窯さんとのお付き合いは、Blogを通じて、もう7,8年に
なるでしょうか。
薩摩焼の流れを汲む陶芸家でいらっしゃいます。
ご自身が二束草鞋 とおっしゃっていますが・・・油絵のほう
でも大きな作品を生み出されています。そのテーマは、一貫して
陶芸工房のある丘の上から見下ろす八代海の島々の風景です。
c0128628_67741.jpg

定点撮影で四季折々の風景をBlog上で見せてくださっています
から、Blog愛読者にはおなじみの景色です。特に早朝や、日没の
空気と光の様子は、写真で拝見しても清々しく壮観です。
c0128628_681281.jpg

その景色を、上名窯さんは、18年も、同じモチーフで
油絵を描き続けておられるのです。Blog上では、サイズが
よくわかりませんでしたが、実際に作品を目にしてみますと、
とても大きい作品でした。何号というのでしょうか、
畳2枚分ぐらいの大作です。
白日会という会の、一般入選から、会友になられて、今回は
準会員になられたそうです。
c0128628_6111917.jpg

「長い年月です。途中いろいろあって投げ出したくなったり
 しましたが・・・今日まで続いています。」と控えめに
おっしゃっています。だれかに強制されてするわけではなく、
お仕事のためでもなく、彼を一つのテーマに向けて絵を描かせた
のは、朝夕向かい合う、いろいろな表情を見せてくれる八代海の
自然の力なのでしょう。

その絵の前に立ちますと、民家が立ち並ぶ島のようす、航行する
小舟、輝く空、雲、光る海が見えてくるようです。すべての色が
曇りがなく鮮やかで、見る者の心を朗らかにさせます。

上名窯さんのNO.588 「うれしい出来事」によれば、
「毎日眺めるその景色は、最初は箱庭のようで弱いぼんやりした
景色が特段好みではありませんでした・・・・今は日々の自分の
気持ちを映しているようにさえ思えてきました。」
c0128628_6115193.jpg

国立新美術館の外に出ますと、入口わきの政策研究
大学院大学の敷地内のサクラがほころびかけていました。
ちょっと中に入らせてもらって撮影。その後、青山墓地
のほうへ下る小道を歩きました。
道すがらに見たミツマタの花。(写真上)
昨日の嵐で、あのサクラはどうなってしまったでしょうか、
ちょっと心配です。

c0128628_6122254.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-04-04 06:13 | 日々のできごと | Comments(5)

スペインの聖地、のこぎり山

バルセロナから北西へ53Km、カタルーニャの聖地と
言われる場所がある。のこぎり山(Mont serrat)という
その山は、本当にギザギザの形をしている。私が今まで
見たこともない不思議な形。この山の形から、ガウディは
サグラダ・ファミリアのモチーフを得たと言われている。
c0128628_135355.jpg

標高はたかだか720mほどだが、高く、高く隆起して増殖
し続けるような生成のイメージが、この山にはある。
c0128628_13535082.jpg

信仰の対象になっていて、頂上付近にヴェネディクト派の修道院
が建っている。聖堂中央に大切におさめられている黒い顔の
マリア像が有名で、それを拝むためにたくさんの人たちが
押しかけるという。
c0128628_13542199.jpg

のこぎり山は、太古に海だった地面が隆起して、何千年もかけて
自然に形成された山だというが、形が奇想天外で、自然の力の
大きさに圧倒され、どこをどのように切り取って撮影したら
よいか途方にくれてしまった。
c0128628_135571.jpg

c0128628_13553584.jpg

こちらは、マドリッドから北西へ95Kmのところにある古都、
セゴヴィア(Segovia )3月24日の「イベリコ豚」で、
カピトリーノの雌狼という銅像を載せた。狼の乳を
飲んでいるのは、ロームルスとレムスという兄弟なのだが、
兄のロームスが後にローマ帝国の祖になる。(BC7Cの頃の伝説)
c0128628_13565534.jpg

Blog仲間の寧夢さんが、どうして、スペインにローマ帝国?
と疑問を投げかけられた。(良い質問を、ありがとう!)
c0128628_13571710.jpg

何を隠そう、この地は、ローマ帝国の遺跡、水道橋があるのです。
ローマ人は、野望を抱いてここまで押し寄せてきた。
大きな石と石の間に接合材のようなものは無く、こんな巨大
な水道橋を築きあげたローマ人って、文句なしに尊敬に値する。
川から水を引いてこなければ、どんな都市にも人が住めない。
この水道は、1世紀に建設され、1884年まで、実際に機能して
いたということだ。(ユネスコ世界遺産)
c0128628_13574777.jpg

これで、一応スペイン旅行の話は終わりです。ありがとう
ございました。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-29 13:59 | たび | Comments(12)

スペインで見た植物

どこに行っても植物は気になるほうだが、今回は、
自由に歩き回れなかったので、ちょっと残念。
c0128628_2229182.jpg

一番目についたのは、イトスギ(糸杉)。
どこにでも、ひょろっと細長い杉が林立しているのだった。
ゴッホの絵の中のイトスギは、やや波打っているが、それは、
彼の感性が捉えたイトスギだろう。
高いものは、数十メートルもある。球果は丸くて
ウズラの卵大だ。
c0128628_22295020.jpg

地中海に面しているバルセロナ、グエル庭園で見たオウム
ナツメヤシ(Date)の実を食用にするのか、オウムの
鳴き声でうるさいほどだった。
c0128628_22303157.jpg

セゴヴィア(Segovia)というマドリッドから北に行った街
では、オオデマリ【スイカズラ科】の一種だろうか、
きれいな花が咲いていた。
c0128628_22312431.jpg

高いモミの木の梢には、コウノトリが巣をつくっていた。
羽を半分広げている姿を撮ったが・・・ご覧になれる
だろうか。鶴のように大きい鳥である。
c0128628_22321077.jpg

マドリッドを南下したところにあるトレド(Toledo)の植物は、やや
亜熱帯ふうだった。センダンの実がどこでもたわわになっていた。
c0128628_2233056.jpg

乾ききった大地には、リュウゼツラン(龍舌蘭)が逞しく生えていた。
枯れた花が株から1mも茎を長く伸ばした先端についていた。
いろいろな薬効があるらしい。
c0128628_22332036.jpg

この二つのステンドグラスは、バルセロナの大聖堂のもの。
アーチ形のフレームの中に精巧な文様が散りばめられていて
美しかった。

c0128628_22334064.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-26 22:34 | たび | Comments(15)

イベリコ豚

今回の旅行では、スペイン、バルセロナ近辺(カタルーニャ地方)、
北側バスク地方、マドリッド近辺のカスティーリャ地方を
巡りました。団体旅行ですから、自分でレストランに入る機会
は、一度しかありませんでしたが、Bar(バル)という軽食屋は、
日本の居酒屋のようで大いに気に入りました。
c0128628_11384533.jpg

この写真の玄関右手にかかっている長細いものは、生ハム。
店の奥にぶら下がっている黄金色の筒型のものもすべて
生ハムです。豚か羊の大腿の部分の塩漬け(数年熟成したもの)。
c0128628_11391290.jpg

デパートの食品売り場にも、この大腿が1本丸ごと売って
いました。1本2~3万円ぐらいだったかなぁ~。
大腿1本をスタンドのようなもので固定して、よく切れる
ナイフでそぎ切りにします。切りたてのハモン・セラーノとか、
ハモン・イベリコは絶品。シェリー酒とかワインによく合います。

スペインのパンは素朴ながら外側がパリッとして、内部が
ふわふわ。そのパンとワインと生ハム、フレッシュなサラダが
あれば、あとは何も要らないと思うほどです。
c0128628_11393984.jpg

セゴヴィアという街に出かけたときのこと、土地の名物料理
なのでしょうか、生後まもない豚の丸焼き料理が出てきました。
こんなに柔らかい肉です、と証明するかのように料理人が
テラコッタの皿で肉を切って見せて、その皿を床に叩きつけて
割る・・・という儀式をしました。
ペッチャンゴになった子豚の顔が哀れで、私のような
気の小さい者は、食欲を失い気味でした。
日本の、鯛の生け作りのような物を客に見せるというのと
同様な趣向でしょうか。
c0128628_11401056.jpg

  写真上:カピトリーノの像 セゴヴィアにて
スペインでは、豚や豚を原材料とするハムが名物です。
イベリコ豚は、ドングリの落ちているような森の中に放牧して
育てるからうまいといいますが、スペインでも品薄で貴重品
であるようです。家庭で気楽に食べるというものではない
らしいです。肉が柔らかく、しっとりとしていて熟成した
うまみが何ともいえません。あの乾燥した土地だからこそ
できるうまみという気がします。
c0128628_11411683.jpg

 写真上:熊とマドリョニョ(ヤマモモに上る熊) マドリッドにて
ある時、ホテルのサラダに、白いパスタのようなものが
かかっておりました。説明によれば、ウナギの稚魚ということ
でした。味が淡泊で、魚臭さは全くありませんでした。
見た目には、シラスですが、特に味わいがよいというものでは
なかったです。ウナギの蒲焼のほうがいいなぁと思いました。
日本のTVによれば、日本ではウナギの稚魚が不足している
って、本当でしょうか。
c0128628_11423714.jpg

私がやや驚いた点は、この国では、飲み物と言えば、コーヒー
に決まっており、お茶があまり飲まれていないらしいことです。
ホテルで注文した紅茶も埃っぽくてまずく、日本からお茶を
持参すればよかった、と反省したことです。
私はコーヒー党ではないので、お茶が無いと腸の働きも
頭の働きもにぶるのです。
いままでの経験では、フランス、イタリア、それに加えて、
スペインがコーヒー党の国、お茶がおいしい国は、ヨーロッパ
ではやはり英国、アジアでは、中国、台湾がお茶飲み国ですね。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-24 11:43 | たび | Comments(6)

サグラダ・ファミリアで外尾さんに会った

バルセロナで、有名なサグダラ・ファミリア贖罪教会
訪れました。6年前にも訪ねたことがあり、その時より
工事がやや進んでいるように見えましたが、相変わらず、
教会を撮るのにクレーンを撮らずに写すことは難しい
のです。
c0128628_1544675.jpg

    過去ログ:2006年10月 バルセロナにて

c0128628_15444711.jpg

今回、とてもラッキーだったのは、この教会の彫刻を
担当しておられる日本人の彫刻家、外尾悦郎氏
お目にかかり、案内していただいたことです。下の赤いジャケットの方が外尾さん。
c0128628_15452390.jpg

3月19日、NHKハイヴィジョン特集で、
「いつでもスタンバイ」という番組で放映されたばかり
ですので、ご覧になった方がおられるかもしれません。
c0128628_15455920.jpg

この途方もない建築を志し、志半ばで世を去った
アントニオ・ガウディ(1852-1926)は、質素な生活をし、
信仰に生きた人であったと伝えられています。
c0128628_15462247.jpg

外尾さんのお顔を一目見たときに、あっ、この人は、
何か違う! 何か強い意志を持った人だ!という
印象を受けました。

一つ、一つの説明が力強いメッセージでした。
海外に33年間住み、ガウディに心酔して、ノミを振って
石を刻んでいる人の言葉は、無駄がなく心打つものでした。
仕事仲間のスペイン人から絶大な尊敬を得ているようでした。
c0128628_1547510.jpg

別れる前に、我々のグループと記念撮影に収まってくださった
のですが、「皆さん、僕が アントーニオ! と叫びますから、
皆さんは、ガウディ! と答えてください!」
とおっしゃいました。

写真のなかに写っていた人は、間違いなくみないい顔でした。
その後、我々の旅では、バルセロナとを去った後も、
アントーニオ! ガウディ!が飛び交ったことは
言うまでもありません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-22 15:49 | たび | Comments(15)