タグ:歴史 ( 83 ) タグの人気記事

今日の切手(12):寅年

1月も半ばを過ぎ、今日は暦の上で、大寒(たいかん)
というのに、20度を越すぽかぽか陽気でした。
クリスマス・カードや年賀状の整理をしております。

今年は、寅年ということで、寅のディザインの年賀状を
たくさんいただきました。たいていのものは、寅と
言うよりは、大型ネコと言ったらよいほど愛嬌のある
かわいらしいもの。

野生の寅を思わせる堂々とした寅の姿はあまりお目に
かかりませんでした。と言うのも、現代人は実物の
トラをご覧になる機会があまりないのでしょう。

トラは、ネコ科ヒョウ属の動物ですが、いま全世界に
4000頭ほどしか生存していないそうです。(国際自然
保護連盟IUCN 2009年の調査)絶滅が心配される
動物の一つです。
乱獲の実情を知りますと、背筋に寒気が走ります。


c0128628_7285056.jpg
新年にある方から
いただいたカード
です。

珍しく野生的な
寅が堂々と
描かれているのに、
注目しました。

目の鋭さが
良いわね!











少し浮世絵を思わせるようなタッチ、背景は、金箔を貼った
襖絵ふう。これを描かれたのは、イタリア在住の若い
アーティスト、ayumiさんです。
彼女の作品は、右のリンク絵本の王国 Ⅱでごらんに
なれます。

ワイルドな虎のイメージと、お口で手をなめなめしている
うちの愚ネコのような仕草が、面白い雰囲気をかもし出し
ています。この方のジャポニズムが漂う感性は
ステキだと思います。海外在住のアーティストの
新鮮な視線を感じさせます。

ayumiさん、いいお仕事をなさってください!
応援していますよ。
c0128628_7302329.jpg
私のコレクションの
寅の切手は、
二枚しか
ありませんでした。






1962年(昭和37年)。
このころまだ生まれていらっしゃらなかった方も
おられましょう。封書が10円、はがきが5円!
私は、高校生でした。

ダークダックスという男声のヴォーカル・グループが
「山男のうた」というのを歌ったのがこの年。
♪~むすめさん、よく聞けよ
  山男にゃ、ほれるなよ、
  山で吹かれりゃよー、若後家さんだよ・・・

若後家さん・・・って何かしら?

と思ったけれど、山男ってステキだなぁ~と
あこがれていました。
ふふふ・・・

それから、24年後、

1986年(昭和61年)
封書が60円、はがきが40円の時代です。

レンズ付きフィルム・・・FUJI FILMの
「写るんです」が登場。
カメラを忘れても駅のキオスク
で買えばいいんですって。1380円でちゃんと写るカメラ
が買える・・・これは画期的な出来事でした。

「使い捨てカメラ」という言い方もされましたね。
いまは、エコの観点から、回収して一部再利用している
ようですが。

あれから、24年後・・・の2010年。

いまでは、国民総カメラマン。珍しい被写体があれば、
だれでも、ケータイでパチリ、コンデジでパチリ。

重々しい一眼レフや三脚を持ってふうふう
言っている小父さん、小母さんもおりますが、やや
アナクロニズムという感じがして・・・気恥ずかしい
こともありますね。

軽 小 薄 が主流になりました。
そういう時代なのですね。
[PR]
by tamayam2 | 2010-01-21 07:38 | 日々のできごと | Comments(14)

お鷹の道 (国分寺)

先日、東大和市の野火止の散歩道を歩いて東京近郷に
すてきな湧水があることを知った。

東京の水源について関心をもつと、28日
偶然にも、東京の水源のひとつに出会った。

ヒトも歩けば、水源に当たる~なぁんてコトもあるん
ですね。


c0128628_15404840.jpg
中央線
国分寺、
土地の名の
由来、
国分寺跡地は
どこか?
探していた。














「湧水百選」という札を見つけて、崖の下のほうへ下りて
行くと、細い遊歩道があり、水を汲んでいる人に出会った。
c0128628_15461310.jpg

あたりの民家は、本多さんというお宅が多い。
流れのほとりの農家で野菜を買った。
そのお宅も本多さん。


c0128628_15465023.jpg
周りは高い
ケヤキの木、
竹やぶ。

ケヤキの
黄金色の葉や
山茶花の
花びらが
水に
浮いている。









「国分寺市元町、自治会」がこの遊歩道を管理
しておられる。
道の途中に心やさしい木製ベンチが設置されていた。
c0128628_15491057.jpg

現在の国分寺の境内は、万葉植物園になっていて、お庭
を巡ることができる。
c0128628_1554674.jpg

武蔵國、國分寺という古い石柱の文字を見ていると、
ああ、東京は、むかしは武蔵國と呼ばれていたのだ
と思い出した。
c0128628_15533088.jpg

武蔵野のハケ(崖地)の道は、徳川時代には、将軍の
お狩り場だったのだろう、 お鷹の道と呼ばれている。
[PR]
by tamayam2 | 2009-11-30 15:55 | 日々のできごと | Comments(6)

今日の切手(11):マルタの切手



c0128628_910384.jpg














 1. ベゴニアの類   2. ミズヒキ 
 3.ヒメツルソバ    4. ベゴニアの類 
植物の中には、斑入り(ふいり)の美しい葉のものがある。
園芸用に作られたものもあるが、自然の斑が入っている
ものもある。たとえば、Yamyam町で見た、
写真2ミズヒキや、写真3ヒメツルソバ(いずれもタデ科)
の斑はどうだろうか。
Vサインのような自然の刻印。

写真1と写真4は、米国の植物園で撮ったものだが、
自然の造形の美に驚嘆してしまう。

写真4のベゴニアの葉を見ていると、突然マルタ騎士団
旗を思い出した。騎士団の旗に描かれている十字架に
似ているので。


c0128628_9164658.gif


マルタ騎士団は、カトリックの修道会であるが、国家と
言える体裁を備えている主権実体というそうだ。

世界の96カ国と国交をもち、国連総会にもオブザーヴァー
として加入している。

日本は国交がないので、大使館はない。
世界の小国のひとつ。
c0128628_9193674.jpg

古い切手張の中にマルタがあるかどうか調べたら、数枚
あった。 (これは、マルタ共和国のものかもしれない。)
1959年に発行された切手を解読すると、
次のような歴史上の出来事がわかった。

AD59年、パウロがローマに行く途次、船が難破し、
一行は3ヶ月マルタ島に滞在せざるをえなかった。
それから1900年後、マルタはその史実を記念するため、
切手を発行したのだ。 XIX Centenaryは1900年周年。
今から50年前の発行である。

西欧に旅し、古い聖堂などを訪れると、2000年以上
も前に聖書に書かれている出来事が、ステンドグラス上に
絵巻物のように再現されている。
文盲が多かった時代には、絵で表現するのが一番よい
方法だったのだろう。

パウロの遭難事件
(St.Paul’s Shipwreck)については、
聖書、使徒言行録 28章にくわしく記述されている。

切手に描かれているのは、イエスとパウロの図で
あろうか。久しぶりに聖書を開いてその箇所を
確かめてみた。
[PR]
by tamayam2 | 2009-07-18 09:28 | 日々のできごと | Comments(8)