タグ:歴史 ( 82 ) タグの人気記事

木曾 妻籠宿

8月になりました。

先月29日、木曾路、妻籠宿と馬籠宿を訪ねた。
京と江戸を結ぶ大事な街道、中仙道の宿場町。
妻籠は「つまご」と読み、馬籠は、「まごめ」と読む。
c0128628_831221.jpg

昔の旅籠屋の家並が保存されていて、
ほっとするようなやすらぎを感じた。
c0128628_8312460.jpg

c0128628_832198.jpg

糸瓜だろうか、軒先にからみつくツル草が涼しげ。

変体仮名の看板の文字がおもしろい。
読めるけれども、書けないなア~。

飲食店のほかに、曲げ物や、ヒノキの木製品を
売る店が立ち並ぶ。
私も、ヒノキのまな板を買った。
まだヒノキの香りがしている。
c0128628_8323312.jpg

上の写真の風景を見たとき、あっと思った。
亡母の遺品の中にこれと同じ景色ののれんがあった。
のれんを掛けるような住宅ではないので、
処分してしまったけど・・・・。
母もきっとこの道を歩いたのだろうと思うと、
いとおしいような思いで眺めた。
c0128628_8325570.jpg

これは、看板ネコ。座布団の上にきちんと座ってお客に
挨拶をしているよう。
c0128628_833209.jpg

昔の糸車が飾ってある店先。
[PR]
by tamayam2 | 2010-08-01 08:34 | たび | Comments(5)

北国街道、白鳥神社の大ケヤキ

先日、長野県 東御市(とうみし)へ行く途次、
北国街道、海野宿(うんのじゅく)に立ち寄りました。
寛永2年(1625年)に江戸幕府によってつくられた
日本の古い街道の一つです。
この写真右に、だらぁ~んと寝そべっているようなモノ、
何だかおわかりでしょうか。 ↓
c0128628_14522617.jpg

街道の入り口に白鳥神社という古い神社が鎮座まします。
その境内にあるケヤキの根っこです。
その根もとに水源でもあるのか、根を洗うように
清流が流れております。
あまりに巨木ですから、全容をレンズに納めることが
出来ず、根っこだけを写すとこういう写真になります。
樹齢700年以上、高さ30mということです。

樹のこずえのほうだけを撮るとこういう写真に↓
なります。 (すみません!頭の中で合成してください。)
c0128628_14525297.jpg

新緑がまばゆく、輝くようなケヤキの若葉が風に
そよいでいました。

日本の道、百選に入っているとか、何となく昔ふうの
家並みが続きます。電線が地中に埋められているので、
古い民家の格子やウダツがよく観察できます。
c0128628_14532935.jpg

一軒の家の軒先で、ツバメが巣を作っていました。
じっと見ていたら、向こうも遠来の客を観察して
いるようでした。


c0128628_14534959.jpg
住民の
方の、
ご接待の
心遣い
でしょうか、
見ごろの
鉢植えなど
さり気なく
並べて
あります。










瓦の縁についている白いものは、一種のコケ(地衣類)です。
c0128628_14544460.jpg

真っ白なサクラソウは、日本サクラソウでしょう。


c0128628_14553361.jpg
















ピンクの地植えのサクラソウも古典的なサクラソウの
ようです。
ニホンサクラソウは、江戸時代、大名や庶民に、大そう
人気を集めた古典的園芸植物です。

人の趣向は移ろいやすく・・・園芸の世界では、
今、何が人気者なんでしょうか???
[PR]
by tamayam2 | 2010-05-22 15:03 | たび | Comments(8)

阿蘭陀と Nippon展

渋谷の たばこと塩の博物館で、
「阿蘭陀(オランダ)とNippon」展が行われている。
日蘭通商400年記念行事。


c0128628_1232151.jpg
1609年(慶長14年)徳川 
家康がオランダ国に対して
貿易を許可する「朱印状」を
発行したときから、
日本はオランダを通して
西洋の文物、事情を知るように
なった。

また、その後は、長崎の出島
を通して、日本の文物や
日本事情が西洋に伝わった
ことは、歴史の授業で
習ったとおり。




Tamayam2は、過去にドイツの西側の都市に住み、
何かにつけてオランダの町々を訪問したので、
オランダと聞くと、とても懐かしい印象をもっている。

特に、シーボルト記念館や植物園のあるライデン(Leiden)
は、もう一度訪れたい町である。
シーボルトから、私の植物趣味が始まったと言っても
過言ではない。

渋谷の展覧会場で見たものは、どれも興味津々のもの
ばかりだった。長崎、オランダから貴重な展示物が
集められ、蘭学、日蘭交流史に関心のある方には
ヨダレが出そうなものばかり。
くわしくは、HPで

特に地階で、「シーボルトの眼になった男」という
短いフィルムをやっている。シーボルトが江戸城に参内する際
随行した絵師、川原 慶賀について紹介している。
6月末まで、関連の講演会があるようで、楽しみだ。


c0128628_125828.jpg
たばこと塩の博物館は、
渋谷区役所の近く、
若者がぞろぞろ歩く
道沿いにあり、
1階は、ショッキング
ピンクのカフェ
になっている。
その奥が非常に地味な
博物館。










c0128628_1274515.jpg

その付近の路上で見つけた野草たち。
ナガミノヒナゲシ【長実の雛罌粟 ケシ科 Papaver dubium】
これは、外来種で一種のめいわく植物。
最近、Yamyamchoでも見られるようになった。


c0128628_1283927.jpg
シラタマソウ
【ナデシコ科、マンテマ属
 Silene vulgaris】

ガク筒が、風船のように
ふくらんでいる。
西洋に多い。
これも帰化植物。




c0128628_1293391.jpg
ツルボランの仲間?【ユリ科 ツルボラン科 ススキノ科 ?
          Bulbinella floribunda】

アロエなどの仲間、
これも帰化植物くさい。

追記:Blog仲間のnenemuさんから
教えてもらいました。
ハナアロエ
ですって。
ありがとうございます。
やはり、アロエと
無縁ではなかった
のね (^^♪




渋谷には、外国人が大勢歩いているので、珍しい帰化植物も
種を落とすのだろうか・・・・これはナゾです。
[PR]
by tamayam2 | 2010-04-28 12:14 | 日々のできごと | Comments(13)

チュ-リップいろいろ

この絵は、1608年フランス、Florilegiumという本に
収められている植物画、今ふうに言えば、フローラル
アートです。(米国 The Cleveland Museum of Art蔵)


c0128628_22324398.jpg

ずいぶん花数の多い、変わった植物です。

左にチョウが描かれているのは、いいとしても、
右下には、そのチョウ幼虫である毛虫まで
描かれています。
(チョウ好きには、うれしいことですが・・・)

茎の長い植物らしく全景が画面におさまらないもの
だから、茎を途中でちょん切っちゃった!
大胆なデフォルメ、少々ユーモラスです。
c0128628_2225593.jpg

こういう植物は実際に存在します。
2008年4月、ボンの植物園で撮影。
フリチラリア【ユリ科 Fritillaria imperialis】
日本名は、瓔珞(ようらく)ユリ、バイモ〔貝母〕などと
同じ仲間です。
c0128628_22265527.jpg

西洋の庭園では、中央部に堂々と配置され、
ひときわ高くそびえているさまは、立派なものです。

ドイツ語ではKaiserkrone 王様の冠という意味。
チューリップの中の王の王、園芸家に愛され、高値で
取引されるのでしょう。

チューリップと言えば、オランダが有名で、西洋の
花のようですが、じつは、トルコ原産です。
c0128628_22531964.jpg

オランダは、トルコから球根を買い、品種改良を重ね、
一大産業に成長させたのです。
チューリップの取引をめぐっては、殺人事件も起こるし、
小説種にもなるし・・・この美しい花は、人を狂わせる
魔性を秘めているようです。


c0128628_22273889.jpg

ベルリンの
植物園で見た別のヨウラクユリ

チュリーップの原種は、丸みを帯びておらず、細長い形
をしています。


c0128628_22282333.jpg








トルコのタイルに描かれたチューリップとカーネーションのモチーフ。

ブルーのものがチューリップ。
カーネーションもトルコ原産の植物です。
[PR]
by tamayam2 | 2010-04-18 22:44 | 日々のできごと | Comments(14)

台北にて

15日から台湾の昔の友人のお招きを受けて、
台北市を訪問した。

暖かい土地だと思って軽装で出かけたら、
気温が10度前後で薄ら寒く、友人に
キルティングの上着をお借りして凌いだほど。
(日本も寒気に覆われていたそうですね)
c0128628_11131722.jpg

なのに、野山にはサクラも開花しているし、秋の
ススキが見られ、また、キクやツバキも見られるし・・・
花好きの私としては、目がまわりそう。
この島は、げにFormosa(ポルトガル語で麗しい島)だった。
c0128628_11105430.jpg

友人のご両親(80代と70代)とも会食したが、
子供時代、日本の教育を受けられたそうで、立派な
日本語をお話しになる。日本語の読書量も相当なもので、
BS放送を視聴し、日本の最近の事情にも通じておられる。

日本が戦前の一時期、植民地として支配していたという
のに、恨みというより、インフラ整備をよくしてくれた
という感謝の念を言葉の端々に表される。なんだか
面映くかたじけない気持ちでいっぱいだった。

台湾大学や旧総統府など、日本統治時代の建物もよく
保存されており、現在も使われている。
近代的なビルに建て替えたほうが効率がよいだろうに・・・。

壊してしまうのは、簡単。
歴史の跡をとどめおくには、お金がかかる。

一方で高層タワーやピッカピカのショッピング・センター
もあり、台湾人の若く、たくましいエネルギーを十分
感じることができた。
「新光三越」という三越デパートも何軒もあり、「そごう」
も台湾人に人気ある百貨店なのだった。
しかし、一歩路地おくに踏み込めば、早朝から、
白粥や油条というネジリン棒の揚げパンを売る屋台も
ある。
c0128628_11114717.jpg

若い人のファッションは日本と変わらない。
39元は日本の百円ショップ。吉野屋の牛丼の店や
Family Mart(全家)もよく見かけた。
c0128628_1116678.jpg



c0128628_11123567.jpg





















町中でよく見かけた樹木にピンクの美しい花が咲いていた。
(写真 一番上)
羊蹄甲【和名 フイリソシンカ 斑入り素芯花 マメ科
 Bauhinia variegate L.】
葉が羊の蹄のように見えることから。香港では市の花。
Hong Kong Orchidとも言われる。
c0128628_111501.jpg


ホテルの前庭の生垣は、シマトネリコだった。↑
日本では街でよく見られる観葉植物だが、実が赤いこと、
花が白いことは知らなかった。
シマトネリコ【別名タイワンシオジ モクセイ科 
       Fraxinus griffithii】
[PR]
by tamayam2 | 2010-03-20 11:18 | たび | Comments(10)

ローマ(2) ヴァチカン システィナ礼拝堂

ヴァチカンはカトリックの総本山。その中のトップの
地位にある法王、ヴェネディクト16世に、驚くまいことか
謁見することが許された。(もしかしたら、会えるかもしれ
ないとは聞かされていたが、みな半信半疑だったのだ)

6000人ほどの謁見団体でいっぱいの会場で、我々日本人の
グループの席は、比較的前のほうだった。
c0128628_1855853.jpg

世界中から集まった団体が紹介され、
法王は各国語でお言葉を述べられた。
日本人には、英語で祝福された。
c0128628_187373.jpg

外に出ると色々な民族衣装を着た人々が興奮して談笑して
いた。
(写真の人たちは、おそらく東欧から来られたのだろう)

世界遺産に登録されているヴァチカン美術館では、ミケラン
ジェロが設計した巨大なクーポラ(丸天井)と美術品を観た。

その後で、夜、システィナ礼拝堂(教皇庁の奥まった内部)
に入ることができた。そこで、ラファエッロ
ミケランジェロの傑作を観せられて、もう目玉が
興奮して、見開きぱなしという状態に陥ったのですよ・・・
c0128628_1881787.jpg

礼拝堂の内部の撮影は許されていないらしいのだが、
ガイドさんが「フラッシュを焚かなければOK」と
間違えて伝えたので、私は10枚ほど撮ってしまった。
あとで、係り員に注意された。
暗い礼拝堂の中とて、あまり鮮明ではないのですが、
ここで、公開するのは、一種の禁断の画像です。
c0128628_1884912.jpg

正面の絵はミケランジェロの「最後の審判」 ↑
死後天国に行く者と地獄に落ちる者を描いた
恐ろしいフレスコ画。
c0128628_1895318.jpg

天井画は、同じくミケランジェロの「天地創造」
c0128628_18104819.jpg

神に似せて人を創造された「アダムの誕生」・・・上
アダムとイヴが楽園を追われる「楽園追放」・・・下

美術史の教科書で見た絵がここにあるとは!
その質感と量に圧倒された。16世紀の作品。

文盲が多かった時代には、人々は旧約聖書物語を
ミケランジェロが描くイメージで理解していたのだろう。

この作品の大掛かりな修復は、近年(1980年~1992年)
行われ、莫大な費用を日本テレビが負担したと聞いた。

「天地創造」のオリジナルを観て、たいそう感激して
帰国したのだが、先日、週刊誌を見ていたら、
徳島県にある大塚国際美術館に、そのそっくりの模造品が
あることを知った。

横綱、白鵬の結婚披露宴が近ごろ、その美術館で行われた
のだという。

ヴァチカンのシスティナ礼拝堂のほうは、明かりを落とした
薄暗い空間だが、日本のそっくりさんは、絢爛豪華な天井画
となって一般公開され、ときには、有名人の結婚披露宴の会場
としても使われているようだ。

何でも日本に持ってきてしまう日本の経済力とその貪欲さに
再び、驚嘆してしまった。
[PR]
by tamayam2 | 2010-03-13 18:14 | たび | Comments(21)

ローマ(1) ジェズ教会

先週、イタリア、ローマ市とヴァチカンに行ってきました。

ヴァチカンは、世界で最も小さい国、ヴァチカン市国
いう国家なのですが、人口は800人たらず、住人の大半が
ローマ法王を頂点とするカトリックの聖職者です。

私はカトリックの信者ではありませんが、ローマ市のホテルに
3泊し、ヴァチカンに出かけたり、市内の教会を訪問したり・・・

一番目に訪問したのは、イエズス会(カトリックの一宗派)
の教会、ジェズ教会
c0128628_2128668.jpg

内部の天井はこんな感じ。
c0128628_2128366.jpg

フレスコ画ですが、裸体の天使や人々が空から降ってくる
ように見えませんか。

たいそう立体的に見えますが、平面に描かれている絵です。
驚くべき表現力ですね。どんな姿勢で描いたのでしょうか。

案内してくださった神父は、日本に初めてキリスト教を
紹介したフランシスコ・ザヴィエルゆかりのこの教会から
案内を始めたかったようです。


c0128628_21314086.jpg
フランシスコ・
ザヴィエル

(1506-1552 
スペイン人)
















下の写真、聖壇の下部にある黄金色、楕円のフレーム
にご注目ください。じつは、この中にザヴィエルの腕が入って
いるのです。
こういうものを聖遺物(せいいぶつ)というようですが、
カトリックの寺院ではわりによく見るものです。

(日本の寺などには、お釈迦様の足跡、仏足石などがあるわね。)
c0128628_21303431.jpg

これは、確かにミイラ化した人の腕でした!
彼は、日本の伝道を終え、ローマへ帰る途中、マカオ近くの島で
亡くなります。遺体を全部移送することが出来ず、体の一部だけ
を持ち帰ったということです。アジアの多くの人々に洗礼を授けた
右腕が、この教会に安置されています。


c0128628_2134756.jpg
















c0128628_2134464.jpg




















町で見かけた若く、美しい男性たち。
上は、中世の兵士に扮した人でしょうか。観光客がよく
集まる広場で見かけました。
下は、ヴァチカンの聖ピエトロ寺院の衛兵で、スイス人です。
スイス国籍を有し、独身、背の高さが ・・・cm以上と、
非常に厳しい審査に通った人ばかりだそうで・・・・・
まっこと、りりしく立派な容姿の若者でありました。
(*^v^*)♪
[PR]
by tamayam2 | 2010-03-12 21:39 | たび | Comments(15)

ツバキ(椿)

先日、鎌倉の寺社をいくつか巡ったとき、庭園で
たくさんのツバキを見た。

日本原産のこの木はいったいどのぐらいの種類が
あるのだろうか・・・
江戸時代にとくに多くの品種がつくられたという。

何百ではなく、千を越す数だろう。
西洋でも、バラ、ラン、シャクヤクなどと並んで、
愛好者が多い。
c0128628_11481215.jpg

個人のお宅の庭園を案内されて、
これが、タロウカジャ、
これが、ヒカルゲンジなどと説明されることも多い。

私は、ツバキの種類についてまったく不案内で、
むむむ・・・となってしまう。
(ヤブツバキとオトメツバキぐらいしか知らない。
下の写真がヤブツバキ 1日鎌倉で撮影)

c0128628_11484834.jpg

ツバキは18世紀に、チェコのイエズス会の神父が
フィリッピンで種を採取して、ヨーロッパに伝えたと言われる。
その神父の名がGeorge Josef Kamelというので、
学名が 【Camellia japonica ツバキ科】である。
c0128628_11491274.jpg

「椿姫」というオペラがあるが、西洋人にとってカメリア
いう名は妖艶な女性のイメージなのかしら。
c0128628_11493393.jpg

ドイツでは、ドレスデンPillnitz 宮殿庭園の大ツバキの樹
が有名だ。この樹は、樹齢235年、高さが9.5m、2月には
約2万個の花をつけるという。

1756年に、ツーンベルグ(Thunberg)が長崎で採取して、
ヨーロッパにもたらした4つの種の一つと言われ、
唯一現存しているものである。

この貴重な樹を冬の寒さから守るため、この宮殿では、冬に
周りをガラスの屋根で覆い、春になるとその覆いをはずすと
いう作業を繰り返しているという。レールで移動できるよう
になっている大型移動式温室だ。異国でこんなに大事に
されている日本原産のツバキを見てみたいものですね。

ドレスデンのピルニッツ宮殿のツバキについては、こちらから。

ドレスデンの別の植物園、 ツシェンドルフ城の椿園についても
どうぞ。
[PR]
by tamayam2 | 2010-02-04 11:56 | 日々のできごと | Comments(17)

富山の薬売り

先日の夕刻のことでした。

夕飯の支度をしていましたら、勝手口でベル。
中年の男が立っていて、「もう帰りがけなのです
が、ひとつお宅に置いてください・・・」と
プラスティック製の薬箱を置いていくのです。
じつは、家の前は薬屋なんですけど・・・。

まあ、お金を要求することもなかったし、
「半年後にまた、来ま~す!」とにぎやかに
話す男は悪気があるようにも見えなかったので、
受け取りました。

江戸時代からある 富山の薬売り ですね。
正規の薬売りであることを証明するように、
お決まりの紙風船を置いていきました。
富山県八尾産の和紙でできた折り紙の紙風船。 ↓
c0128628_23292940.jpg

風船の6面には、
  どうき息切れに、永春丸、
  下痢、腹くだしに、赤玉小粒 腹薬(はらぐすり)、
  食べすぎ、飲みすぎに、立山胃腸薬A・・・など等

だいたいが漢方薬のようですが、消毒液や傷薬
などもありました。立山は富山県でしたね。
c0128628_23322737.jpg

江戸時代には、柳行李(やなぎごうり)に薬を
詰めて、大人には、版画(役者のブロマイドのような
もの HPのイラストのような絵 ↑ )、子供には
紙風船をおまけに配ったそうです。
そのころから、おまけがあったんですね。

今のようにTV、ケータイ、コンピュータがない時代
には、薬売りのおじさんが、文化の伝播役を荷なった
ことでしょう。

あっちに適齢期の娘さんがいて、こっちに年ごろの
跡取り息子がいれば、match maker(仲人)の
役割もしたんでしょ。
今風に言えば、婚活をサポートしてくれる大人が
いたんですね。

私、最近は地元の信用金庫にお金を預けたりして
います。そのほうが大銀行よりご相談しやすいし、
ときどき抽選があって、お米が当たったりするので(笑)。
・・・・・・・( 花より団子)
じつは、信用金庫の起こりは、富山の薬売りから
なのですって。やはり、顔と顔を合わせるコミュニケ
ーションが、信用できるのですよ!

富山のくすりHPを読んでみますと、けっこう面白い
です。庶民の生活感覚は、昔も今もあまり変わっていない
のだなぁ~と思います。
[PR]
by tamayam2 | 2010-01-28 23:45 | 日々のできごと | Comments(16)

今日の切手(12):寅年

1月も半ばを過ぎ、今日は暦の上で、大寒(たいかん)
というのに、20度を越すぽかぽか陽気でした。
クリスマス・カードや年賀状の整理をしております。

今年は、寅年ということで、寅のディザインの年賀状を
たくさんいただきました。たいていのものは、寅と
言うよりは、大型ネコと言ったらよいほど愛嬌のある
かわいらしいもの。

野生の寅を思わせる堂々とした寅の姿はあまりお目に
かかりませんでした。と言うのも、現代人は実物の
トラをご覧になる機会があまりないのでしょう。

トラは、ネコ科ヒョウ属の動物ですが、いま全世界に
4000頭ほどしか生存していないそうです。(国際自然
保護連盟IUCN 2009年の調査)絶滅が心配される
動物の一つです。
乱獲の実情を知りますと、背筋に寒気が走ります。


c0128628_7285056.jpg
新年にある方から
いただいたカード
です。

珍しく野生的な
寅が堂々と
描かれているのに、
注目しました。

目の鋭さが
良いわね!











少し浮世絵を思わせるようなタッチ、背景は、金箔を貼った
襖絵ふう。これを描かれたのは、イタリア在住の若い
アーティスト、ayumiさんです。
彼女の作品は、右のリンク絵本の王国 Ⅱでごらんに
なれます。

ワイルドな虎のイメージと、お口で手をなめなめしている
うちの愚ネコのような仕草が、面白い雰囲気をかもし出し
ています。この方のジャポニズムが漂う感性は
ステキだと思います。海外在住のアーティストの
新鮮な視線を感じさせます。

ayumiさん、いいお仕事をなさってください!
応援していますよ。
c0128628_7302329.jpg
私のコレクションの
寅の切手は、
二枚しか
ありませんでした。






1962年(昭和37年)。
このころまだ生まれていらっしゃらなかった方も
おられましょう。封書が10円、はがきが5円!
私は、高校生でした。

ダークダックスという男声のヴォーカル・グループが
「山男のうた」というのを歌ったのがこの年。
♪~むすめさん、よく聞けよ
  山男にゃ、ほれるなよ、
  山で吹かれりゃよー、若後家さんだよ・・・

若後家さん・・・って何かしら?

と思ったけれど、山男ってステキだなぁ~と
あこがれていました。
ふふふ・・・

それから、24年後、

1986年(昭和61年)
封書が60円、はがきが40円の時代です。

レンズ付きフィルム・・・FUJI FILMの
「写るんです」が登場。
カメラを忘れても駅のキオスク
で買えばいいんですって。1380円でちゃんと写るカメラ
が買える・・・これは画期的な出来事でした。

「使い捨てカメラ」という言い方もされましたね。
いまは、エコの観点から、回収して一部再利用している
ようですが。

あれから、24年後・・・の2010年。

いまでは、国民総カメラマン。珍しい被写体があれば、
だれでも、ケータイでパチリ、コンデジでパチリ。

重々しい一眼レフや三脚を持ってふうふう
言っている小父さん、小母さんもおりますが、やや
アナクロニズムという感じがして・・・気恥ずかしい
こともありますね。

軽 小 薄 が主流になりました。
そういう時代なのですね。
[PR]
by tamayam2 | 2010-01-21 07:38 | 日々のできごと | Comments(14)