タグ:歴史 ( 80 ) タグの人気記事

【802】中井の「染の小道」

自分が住んでいる場所の歴史は、あんがい知らないものだ。ウチの近くに
妙正寺川が流れていて、新宿のほうへ行くと神田川になる。新宿の手前、
落合・中井辺りは、戦後は染物屋さんが軒を連ね栄えた町だったという。
中井に住んでいるYさんの案内で、25日は、かつての染物の町、
中井の「染の小道」を歩いてきた。
c0128628_19231754.jpg

c0128628_19234494.jpg

いつもの川にたくさんの染物が飾られて…着物姿の人が散策し、こまやかな手仕事
の技をたくさん見せていただいた。
最寄り駅:西武新宿線・地下鉄大江戸線「中井」、地下鉄東西線「落合」。
c0128628_19243590.jpg

昔は、きたないドブ川だったが、今はきれいになっていた。カモたちも
日向ぼっこをしていた。しもた屋風の家を履物を脱いで入ると、みごとな作品の
数々を見せていただけた。狭い日本の家屋だが、うまく工夫してアトリエとして
改装している。特に関心したのは、この催しものは、たくさんの若い人が参加して
いること。造形大学の学生さんや、若い造形作家など。
若い人が何かやってみたくなるような”仕掛け”を仕掛けた人は、えらいなぁ~
c0128628_19245996.jpg

こちらは、山手通りから見た全貌。

16日、友人と銀座で会って、軽食をいただいた。
銀座駅の数寄屋橋交差点のところに新しいビルが建っていて、銀座東急プラザという。
中には、小洒落た店舗や、軽食屋が入っていて、これは、若い女性がターゲットだと
わかる。銀座四丁目は、大人の町だが、数寄屋橋は、銀座で働く若い女性の好みを
反映している。健康志向、ナチュラル・テイスト、シンプルで、お金をかけないで、
生活をエンジョイするライフスタイルが好まれているようだ。
やや居心地が悪かったが、でも、くつろげる空間だった。
c0128628_19261134.jpg

6Fは27mの吹き抜けになっており、デザインのコンセプトは、切子ガラスの江戸模様。
和風でもあり、モダンで機能的でもあり、いい演出だった。
c0128628_19263227.jpg

6Fの窓から下を見下ろすと数寄屋橋交差点。
今から60数年前に、「君の名は」というラジオドラマがあり後に、映画も作られた。
ここ銀座・数寄屋橋がお話の舞台だったと言っても、今の若い人は、岸恵子主演の
映画のことを知らない。”真知子巻き”も、春樹さんと真知子さんの待ち合わせ場所が
ここだったことも知らないのだ。だから、こういう話題は、避けた。

若い人が知っているのは、昨年来ヒットしているアニメ映画!
「君の名は。」……文末に「。」があるかないかの違いだそうです。でも、なかなか
評判の映画らしいので、観てみようかなと思う。

数寄屋橋交差点をあわただしく行き交う人々を見ていると、
「年年歳歳、花相似たり、歳歳年年、人同じからず」
という中国の古い詩の一節が浮かんできた。こんな話をしても誰も
理解できないので、口をつぐんだ。私が、現代のギャグにあまり通じていない
のと同様に、若い人は、古いことは何も知らないのだから。

by tamayam2 | 2017-02-26 19:28 | 日々のできごと | Comments(4)

【798】正月の風景

★成人式 6日、横綱の出数り儀式を見た後、二十歳のお嬢様がたの群れ
 には弾けるような笑い声が満ちていました。どんな人にもこんな時が
 あったのよね~
c0128628_859519.jpg

★その少し先、原宿口の方へ歩を進めると、参道に新春奉納の菰樽がたくさん
 飾ってあった。日本酒ばかりではない、道の反対側にはウィスキーの樽も
 ズラ~と並んでいました。地方、地方に美酒があって、うれしいこと!
 私が知っているのは黄桜とか浦霞ぐらいかな。
c0128628_903173.jpg

★このところ、空が澄み渡り、青い空、白い雲がとてもきれい!
 新宿駅はどんどん進化しており、これは、ミナライナタワー出口。
 そこから見たドコモタワー。私は、ここから徒歩で、新宿御苑まで
 歩いた。
c0128628_91627.jpg

この日、学生時代の友人2人と会食。昨夏亡くなった先輩Sさんの著作物を
 お送りした関係で古い友人との縁がつながった。もうお互い退職している
 から時間はたっぷりある。これからも折々会いましょうと約束。
 でも、①健康の話、②子供や孫の話、③年金やお金の話はしないように
 しましょう、と誓いあった。
  老人の話からこれらのトピックを差し引くと、さぁ~て、何が残る
  だろうか(笑)楽しみです!
 
c0128628_922790.jpg

★この高木は、メタセコイヤというスギ科の植物。1950年ごろ、日本にも
 種がもたらされ、公園などに植えられた。見上げるばかりの冬木立。
 青い空、白い雲に映えて、とても美しかった。和名はアケボノスギ
 Metasequoia  glyptostroboides
 元北大植物園長の辻井達一氏の書かれた『日本の樹木』という本が私の愛読書。
 その本のメタセコイヤのところを読んで思わす笑ってしまった。園長は札幌市民
 から庭に植えたメタセコイヤを寄付したいという依頼を受けることがある。
 いろいろ話を伺っていると、どうやら大木になりすぎて処置に困っている様子。
 立派な木ですからぜひ大事に育てなさい、とアドヴァイスすると、いや~10m
 にもなると聞いた、と本音が出てくる。庭木には全く不向きなこの樹を
 植えてしまった人の悲劇について笑えぬ話なのだが、味のある文章をお書きに
 なるので、つい笑いを誘われてしまう。Web-siteですでに、故人になられた
 と知ったが、実に惜しい方だ。私は、日本の樹木について、この本からどんなに
 多くのことを学んだかしれない。
 
c0128628_9366.jpg

★ 初詣の帰りの皆さんが大事そうに抱えているのは破魔矢(はまや)。
  その他、お札、お守り、絵馬などには、有効期限があることをご存知でした?
  有効期限は、きっかり一年!それが過ぎると効き目が無くなるので、処分
  するわけですが、ゴミとして捨ててはいけません。ちゃんと寺社に持って
  行って「古札納所」に「お焚き上げ」をお願いするのが正しいやり方だという。
  たまたま通りかかった神社で、「お焚き上げ」の準備をしているのを見た。
  「どんど焼き」をするのだろうか。15日は小正月ですね。
  閉じこもりがちな老人を誘って、バスに乗り杉並の大宮八幡で撮影。
  
c0128628_934224.jpg

★ 米国から百人一首の箱が送られてきました。これは昨年95歳で亡くなった
  叔母の遺品です。今の人にはさっぱり意味がわからないでしょうが、
  一日一枚、筆ペンで書写することにしました。100枚ありますから、100日
  かかるわけです。ボケ防止(という言葉は好きではありませんが)
  精神のヨガのつもりで、一字一字ていねいに書写すると、昔の日本人の繊細な
  気持ちが伝わってきます。
★ 百人一首が何か、まったく知らない米国の親類のためには、Facebookで
  英文の説明を書きました。叔母の子供たちは(私の従妹ですが)日本語がまったく
  わかりません。
  My aunty who passed away in Seattle last year has left an interesting
box, which she presumably appreciated during her life in US. The Box
contains 100 cards of Japanese poems written by 100 poets who lived
circa 600 years ago. Japanese school children learnhow to read and
interpret the poems in classic literature classes. Thus most of the Japanese
can tell whole verse when they heard the first part. For some reason,
this box was given to us, now we are enjoying reading the old-time poems.

by tamayam2 | 2017-01-18 09:04 | 日々のできごと | Comments(8)

【796】2017年新年

年が改まりまして、新年おめでとうございます!
c0128628_1043546.jpg

 ここのところ、Blogがおろそかになりまして、友人から
 ずい分間遠くなったかれども、調子が悪いの?と聞かれる始末。
 やはり、年のせいか何もかものろくなっているのでしょう。
 それと、Facabookに毎日1枚写真をUpしようと決意してから
 というもの、そちらにかまけてしまっておりました。

 Facabookでは、昔の友人に出会ったり、交友関係が一気に広がり
 ましたが、一番の収穫は、海外にいる友人とリアルタイムでお話
 ができることです。しかし、Facabookを全くしない方も多く、
 私のBlogに来てもまったくコメントを残さずごらんになっている
 方もあることを知り、今年は、心を入れ変えて頑張ります。
 こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

★さて、上の写真はニワトリではなくて、キンケイ(金鶏)と
 いいます。2006年10月にロンドンに行ったとき、Kew Garden
 で撮影しました。この庭園は広大で、とても一日で回りきれるもの
 ではありませんが、私は西のはずれの方に関心があり、その辺りの野草を
 撮っていたら、ごそごそと動くものが草の茂みから出てきて、たまげました。
 つがいで、3,4羽はいたでしょうか。飼っているのか、野生なのか?? 
 後ろ羽も長く、クジャクのようです。キンケイは中国南西部原産
c0128628_1065774.jpg

★万両は万のくらい、次は千両、百両、十両、一番下のくらいは一両です。
 幕末では、一両は、4千円ぐらいの価値があったらしいとどこかに書いて
 ありました。正月の縁起物でよく寄せ植えにされるのが十両のヤブコウジ
 (写真左)、少し背の高いのが百両のカラタチバナ(写真中央)。
 写真右のマンリョウ(万両)が一番背が高くて、和風庭園では見栄えがします。
 ふふふ、江戸時代のお大尽はこういう植物を愛し、大枚をはたいたようです。
 現代の流行りもので言えば何なのでしょうね。クリスマスローズは、もう
 人気者の座を降りたようです。私は、あまり新奇なものは好きではなく、
 昔から日本にある野草が一番すきですけど・・・この写真は、暮れに
 世田谷ボロ市で撮影

★上の写真で欠けているセンリョウ(千両)は、ウチの鼠額大の庭にあります。
 ムクドリが赤い実を食べている気配で、上のほうの実はあらかた失われて
 しまいました。
c0128628_107343.jpg

★実は、一番下の単位、一両と呼ばれる赤い実を見たことがあります。
 これは、ツルアリドオシ アカネ科 Mitchella indulate Sieb.et Zucc.
 学名によると、シーボルトとツッカリーニの命名ですね。
 彼らは、東洋でこんな珍しい植物を見つけてどんなに興奮したこと
 でしょう。私も彼らに劣らずこの植物を見て不思議な感銘を覚えました。
c0128628_1081877.jpg

c0128628_1084533.jpg

c0128628_10973.jpg

 見たのは、長野県阿寺渓谷の湿った山道で。白い花は、別のときに
 新潟県十日町で見ました。2つの白い花の子房の部分が合着していて、
 実が一つなるのですが、実には、その痕跡として2つの穴が見られるのです。
 不思議な植物です。
【お断り】白い花の欄外に
十日市町と誤って書いてありますが、十日町の間違いです。失礼いたしました。
c0128628_109354.jpg

★じつは、 世で「一両」と言われているのは、この親戚筋のアリドオシと
 いう樹木です。トゲトゲがあって鳥も近づけないような樹なのですが、
 アリなら通れるということでアリドオシと呼ばれるそうです。
 いつかぜひ見てみたいなぁ~
 アリドオシ アカネ科 Damnacanthus indicus C.F. Gaertn.

 はい、一応このページで、一両~万両までご紹介いたしました。

 
by tamayam2 | 2017-01-02 10:10 | 日々のできごと | Comments(13)

【795】クリスマスから年末へ

2016年度のクリスマスの諸行事はすべて終わり、やれやれ一安心です。
教会の役員をしておりますので、いろいろなお役が当たっていて忙しかったです。
 
c0128628_12255996.jpg

★子供たちのための降誕劇(ページェント)の撮影を頼まれました。
 ウチの教会は、少子化のあおりを受けて幼児から高校生まで、16人しか
 おりません。でも、毎年降誕劇を演じる必要があります。子供の脳裏に
 何が残るかは・・・???ですが、「子供のころ、マリヤ様の役をやった、
 ぼくは、羊飼いの役!」これが大事なのです。ウチの教会では大きなお姉さん、
 お兄さん(おじさん、おばさん)も友情出演をしないと配役が埋まりませんでした。
c0128628_12264792.jpg

    ★クリスマスのページェントで/日曜学校の
     上級生たちは/三人の博士や/牧羊者の群や/
     マリヤなど/それぞれ人の眼につく役を/
     ふりあてられたが/一人の少女は/
     誰も見ていない舞台の背後にかくれて/
     星を動かす役があたった/
     「お母さん/私は今夜星を動かすの/
     見ていてちょうだいねー」/その夜、堂に満ちた会衆は/
     ベツレヘムの星を動かしたものが/誰であるか気づかなかったけれど/
     彼女の母だけは知っていた/そこに少女の喜びがあった
     (松田明三郎 詩)

★教会の図書委員なので、クリスマスの書籍のコーナーを作りました。
ついでに長期未返却者に督促状も書きました。
c0128628_12293047.jpg

★次の二枚の写真は、2012年3月にスペイン・トレドを訪問したときのもの。
 トレドは、城砦都市で道が迷路のようになっており、迷子にならないように
 おっかなびっくり歩きました。エル・グレコの住んでいた町なので、彼の
 作品を見にトレド大聖堂へ行ったときの絵です。
 闇夜に幼子の誕生がよく描かれていて印象に残ったので、撮影しました。
 F.Bassanoという方の作品。
 
c0128628_1230517.jpg

★もう一つは同じ大聖堂で見た絵説き聖書。
 聖書に書いてある降誕の物語は、不思議がいっぱい。処女が懐妊するとか、
 星が羊飼いにイエスが誕生したことを知らせ、三人の博士をベツレヘムの
 馬小屋まで案内するとか…昔の人の大半は字が読めなかったから、絵を
 見て降誕の物語を理解したのに違いない。こういう金パクが施された古い
 聖書を見るのが好きです。
 
c0128628_12303560.jpg

★年末は、海外に住んでいる親類や友人にクリスマス・カードを出す仕事が
 一仕事。昔は、いろいろ楽しんでクリスマス・ショッピングをしたもの
 ですが、今年からやや簡略化することにしました。やっぱり年なのね~
 その後が、年賀状。日本に住んでいる限り簡略化できない部分があって、
 今年は少し数を減らしたものの用意しました。

★秋の実が美しいころ。たった一つ枝に残った赤い実に心惹かれました。
 (写真一番上・・・六義園で)
 
c0128628_12313870.jpg

 こちらはガマズミ。やっぱり、秋の野には存在感があります。
 (新宿御苑で)

by tamayam2 | 2016-12-27 12:32 | 日々のできごと | Comments(2)

【794】世田谷ボロ市

★江戸よりもっと前、北条氏の時代に栄えたという世田谷ぼろ市
 出かけてみました。世田谷線というのどかな電車に乗って、時空を
 越えた小旅行。
c0128628_10222566.jpg

 面白かったのは、古い絵付けの陶器、ハサミ、包丁などの刃物。
 そば殻のまくら。ヒノキの桶やお寿司を混ぜる飯台。地元の方が
 「白菜漬けはおいしいよ」と教えてくださったので、漬物類を
 買いました。
c0128628_10232168.jpg

売る方も買うほうも、商売はヌキでおしゃべりを楽しんで
 いるようでした。このような伝統的な行事が438年も続いている
 こと自体が驚きです!毎年12月と1月の15日、16日と決まって
 いるので、覚えやすいですね。
c0128628_10241764.jpg

 古物以外にも食ベものの屋台や占い小屋なども出ていました。
 後ろは、代官屋敷。中にお白州跡などもあり立派なものでした。
c0128628_1025097.jpg

★一見バラの花のように見えるのは、ハボタンとケール(下)
 色彩の乏しくなった冬の庭に植えられる古典的園芸植物。
 キャベツの仲間です。ハボタンといいますよ。
 食用ではありませんから、残念ながら食べられません。
 ハボタンもケールも(アブラナ科)Brassica oleracea
c0128628_10253769.jpg

★植木を雪の重みから守る雪つりというのがありますが、
 そういうものを作る職人さんが考案したようです。
 名付けて「メジロの遊び場」 やさしさが感じられます。
c0128628_1026750.jpg

★こちらは、獅子ユズ。普通のユズの10倍ぐらいの大きさ。
 ジャムを作るのでしょうか。
c0128628_1026379.jpg

★こちらは、鬼おろし。鍋ものや焼き魚に欠かせない大根おろし。
 なかなか手間ですよね。これならハカが行くでしょうね。
c0128628_1027694.jpg

★ちょっとスネ者のような顔をして、お腹の真ん中に真っ黒な丸い印を
 つけたこの魚、マトウダイ。弓の的(まと)のようですからね!
 タイの仲間ではなくマトウダイ科の魚。長さ20㎝のこの魚が2尾400円
 足らずで売りに出ていたとき、わたしゃ、即ゲットしましたよ。
(こういう場面では、急に本性が現れ出て下卑た物言いになります・・・)

 この魚、東京で見たことがありません。私が知ったのはNewZealandで。
 非常にうまい魚と知って、よく買っては、干物にして食べたものです。
 刺身でも、煮つけ、干物、ムニエルすべてGoodです。
 フランスではSaint Pierre, 英語はJohn dory!
 学名:Zeus faber な、なんと?Zeusって神様のことですよ!
 それほどおいしいのです。

by tamayam2 | 2016-12-17 10:28 | 日々のできごと | Comments(10)

【793】神戸散策

12月の第1週に、たまたま神戸に立ち寄った。
2日の晩、食事をしていたら、そこに居合わせた方が、「今夜はルミナリエが
あって特別に賑わっている」と、言っていた。ホテルに戻ってから、
8時すぎに元町の大丸のほうへ行き、行列に加わってみた。
c0128628_7574010.jpg

1995年1月17日に起こった関西・淡路大震災で犠牲になった方々の
鎮魂のためにこの光の点灯が始まったと聞いた。
c0128628_871819.jpg

あれから、21年、神戸の街は見事に復興して、外国人を含めたくさんの観光客で
にぎわっていた。当時、元町付近は、火の海になって、TVの画面に見るも恐ろしい
光景が映し出されているのだった。そして、その年の3月、オウム真理教の地下鉄
サリン事件が起こった。まったく、世の中が神からも仏からも見放されたような
悲惨な冬だった・・・

神戸には、City Loopというコミュニティ・バスが町中を走っており、
われわれ(老人2名)はそれを利用して、神戸港に面したメリケン波止場から、
南京町(中華街)を散策した。乗り降り自由のこのバスは、停留所で待って
おれば15分おきにやってくるので、とても便利だった。
c0128628_7592567.jpg

一日券が630円。タクシーを利用しなくて、町中の主要な場所は見て回れる
のだった。過去の思い出をたどって、気ままに町を見たい老人は、特にルート
などが決まっているわけではないから・・・(笑)

ガイジンさんもけっこう多かった。そのことに配慮して、車掌さんも各国語に対応
していた。聞かれることはだいたい決まっているので、中国語、韓国語、英語
で対応できれば、たいていのことは間に合う。さ~すが国際都市!と感心した。
c0128628_7585969.jpg

新幹線の駅に近い布引ハーブ園では、ケーブルカーで山頂まで登った。紅葉が
まぶしい山肌を見ながら、遠くに光る海や高層ビル群を見下ろして、爽快な気分
を味わった。

by tamayam2 | 2016-12-14 08:00 | たび | Comments(4)

【786】黒い森の古城にて

ドイツに3年間仕事のために滞在していたが、黒い森地方は、
ほとんど出かけたことがなかったので、いろいろ楽しい発見があった。
c0128628_7271851.jpg

さて、私が宿泊していた場所から30分ほど歩いた所に小さい
集落があり、古城址があるというので、案内の人に従って出かけた。
c0128628_7274927.jpg

遺跡の高い所に、1630年の年号が刻まれていたから、日本で言えば、
寛永7年、将軍家光のころ。この辺りも30年戦争に明け暮れていたのだろう。
c0128628_7282212.jpg

c0128628_7322915.jpg

城壁にしがみついた樹木が、今にこの遺跡全体を覆ってしまわないか、と
すこし心配になった。その集落の泉には、1620年と刻まれていた。
築城より10年ほど昔になる。
c0128628_7284937.jpg

その近くの民家に、変わった墓碑のようなものがあったので、
住民の方に聞いてみたが、私の覚束ないドイツ語では、くわしいことはよく
分らなかった。手作りらしい横長のボードによれば、この家に、織物をする
おばあさんが住んでいて、この家で1417 年に亡くなったと書いてある。
なんだか童話のようなお話!
c0128628_7291721.jpg

スイスで、高い山から下って、人口7000人の小さな町Appennzellに
立ち寄ったときのこと、ガイドさんがこの州は、青空広場で挙手による住民の
直接選挙で、大事なことを決定する、と話してくれた。へ~、今どき! 
町と言っても、30分も歩けば、町の端から端まで見て回れるほどの広さ(狭さ?)。
有権者は町の中心の広場に集まって、一つ一つの議案が読み上げられる度に、
賛成なら挙手をする。至極、原始的でシンプルな方法だ。
しかも、住民は正式な民族衣装を着用、男はサーベルを腰に差して、選挙に臨むそうだ。
すてきな伝統だなぁ~ 
スイスには、こういう原始的な選挙をする州がここを含め2州あるそうだ。
c0128628_7294248.jpg

メインストリートには、この州のシンボルである黒クマの旗がひるがえっていた。
c0128628_730597.jpg

c0128628_7302044.jpg

その下をぶらぶら歩いていたら、かわいい女の子がシャボン玉遊びをしていた。
どこでも、子供の表情はかわいい!

by tamayam2 | 2016-09-11 07:31 | たび | Comments(4)

【783】ボーデン湖を渡ってスイスへ

私のこの夏の旅は7月23日ケルンからスタートしたのですが、
そこから、ドイツ南部で行われたある集会に出て、その後、
ボーデン湖へ移動、そこを船で渡り、対岸のスイスの町に
着きました。国境を越えるのに、遊覧船で、というのは
なかなか面白い手でした。パスポートのチェックも無し・・・
へぇ~、こんなんでいいの?と思うくらいあっけなく国境を
越えました。スイスは、EUに参加しておりませんから、通貨
も違うのに・・・
c0128628_1124683.jpg

ボーデン湖は、ドイツ最大の湖です。その岸は、ドイツ、スイス、
リヒテンシュタイン、オーストリアが接しているはずです。
ドイツ側のリンダウという町で、乗船まで小一時間ほど散歩する
時間がありました。ぐるりと回っても30分もかからない小さな町です。
バイエルン州に属し、古い建物の壁面に描かれたフラスコ画が美しい
町でした。
見事なファサードの建物は、旧市庁舎。
c0128628_1132343.jpg

少し横道にそれますと、また、味わいの深い小路が。ある家の壁面には、
ボーデン湖を形づくったオブジェが!
c0128628_1134737.jpg

私は、こういう小路をぶらぶらするのが好きです。
c0128628_1141670.jpg

対岸の町は、Rorchachというスイスの町。
ロールシャッハと言えば、私はすぐ、若い頃に習ったロールシャッハテスト
という言葉を思い出し、周囲の方に話しかけてみましたが、だれも知らず~
こういうことが最近よくあります。
つまり、私の知識が古すぎるのでしょうね。周りにいた人は、若い人ばかり
ではなかったのですが、自分の持っている常識がだんだん通じなくなった
と気づきました。日本語も、「何それ??聞いたことがない」と言われることが
多くなりました。同じ日本人同士で通じ合えないとは、残念なことです。
(上の写真は、ロールシャッハテストの例です。Hermann Rorchach博士は
 このテストを世に紹介したスイス人の心理学者ですが、直接この地名とは
 関係がないようでした。)

c0128628_1144286.jpg

リンダウの町で、友人がコーヒーを飲みたいと言ってカフェに
座っていたら、スズメたちが列を作ってクロワッサンのおこぼれに
あずかろうと待ち構えておりました。ドイツのスズメはあくまで規律正しい!

のんびりリンダウの町を散策しながら、撮影をしていたのですが、
乗船してから、船の人が対岸のスイスは、8月1日は建国記念日で、すべての
店は閉店とおっしゃるのです。(それなら、リンダウで、サンドイッチぐらい
買っておけばよかった!と気づきましたが、後のまつり!)
建国は、1291年ですから、今から725年前のことです。
EUには属さず、通貨はスイスフラン。永世中立国として孤高の地位を
誇っています。
c0128628_1151361.jpg

ロールシャッハから、サンクト・ガレンへ移動。町中に、国旗が
翻っており、まるで私たちを歓迎するかのようで(もちろんそれは
美しい誤解ですが)・・・。人影が少ない町をウキウキしながら歩きました。
やっと数軒開いていたCaféに飛び込んで、昼食にありつけました。
c0128628_1153897.jpg

そこから、標高2504mのMt. Saentiesへ向かいました。
その山はだにもスイスの国旗が!この国旗は、建国記念日に合わせて
掲げたられたもので、巨大なものです。横幅80㎝の国旗を何百枚も縫い合わ
せて、それをロッククライミングの若者たちが、岩肌に張り付けたものです。
c0128628_1161561.jpg

翌朝、国旗を撤収作業中の姿を、ロープウェイの中から撮影しましたが、どれほど
巨大な国旗なのか、また、それを掲げるために捧げられた途方もなく大きな愛国心を
身近に感じることができ、心を熱くしました。
(左下に豆粒ほどの人の姿が確認できると思います。大事な国旗ですから、
 巻き上げて、一本の柱のようにして下に下ろす作業をしているのです。)

by tamayam2 | 2016-08-24 11:06 | たび | Comments(10)

【764】春先のタウン・ウォッチング

先日2月27日に六本木にある東洋英和女学院
行われたコンサートに出かけた。

それに先だって、神保町で昼食をとろうということにした。
神田・神保町のすずらん通り。
午前11時過ぎだというのに、もう列ができていた。
  【 スヰート ポーヅ 】
c0128628_81187.jpg

餃子と包子、どちらも似たようなものだが、違うの
だろうか。私は、看板の表記に関心をもった。
ヰやヅ…普段、あまり見かけない字ですね。

中国語のピンイン(拼音)では、包子Bāozi 餃子Jiǎozi
スヰート包子というのだから、餡マンのことかな??

私の関心事は、餃子よりもむしろ表記のほうなのですが・・・
ヰは、ローマ字入力では、wiで、ヅは、duと打つと
出てくる。
イとヰ、または、は、ヅとズの発音は同じなのか違うのか?
知り合いにチズ子さんもいるし、チヅ子さんもいる。
このようなことを、FaceBookで書いたところ、
かなりの反響があった。

たいていの人は、この界隈には、大陸風の変わったシナ料理を
食べさせる店が昔からあった、懐かしいというもの。

本当に、神保町の角には、救世軍があったり、岩波ホール
があったりする場所で、ちょっとエキゾチックな町並みが
おもしろい。主人がこの近くに勤務していたこと
があって、当時よく通っていた別の中華店で食事をした。
c0128628_8143747.jpg

そこから地下鉄で、六本木の東洋英和女学院へ。
いま、朝の連続ドラマ「朝が来た」のヒロイン、
広岡浅子というスケールの大きい女性と
以前の連続ドラマ「花子とアン」のヒロイン、
村岡花子の展示を、たまたま東洋英和史料館で見て、
面白く感じた。広岡浅子は、日本女子大学の設立者
でもあるし、スケールの大きい実業家。
c0128628_8155942.jpg

村岡花子は、東洋英和女学院の卒業生、明治から大正にかけての
知的な女性のはつらつとした活躍ぶりがまぶしいほどだ。
企画展のリンクはここ
ヴォ―リス(William Vories1880-1964)のディザインに似せて
作られた学院の扉。
c0128628_813383.jpg

ホールのパイプオルガン。
c0128628_8162161.jpg

そして、3月、友人のお玄関先でみた、紙細工のひな人形。
c0128628_8164429.jpg

その方のお宅には、立派な段飾りのお雛様があるそうだ。
それを出すお座敷もあるのだが、肝心の孫たちが、
そろって受験中。受験が終われば、スキー旅行だ、卒業式だと
いそがしい。
雛飾りを出して、ちらし寿司でもこしらえて祝ってやりたい
けれども、若い人は、関心なし!
さびしいわ~と彼女は語った。

そう、時代がそういう悠長な時の過ごし方の価値を
認めなくなったのか…。いろいろな行事は・・・
ひな祭りも、ヴァレンタインも、花見も・・・和も洋も
ごっちゃまぜになって商業的なものに支配されてしまった・・・
そう嘆く友人の話にひとしきり耳を傾けた。

by tamayam2 | 2016-03-07 08:18 | 日々のできごと | Comments(6)

【758】過去の写真 その2

先回は、2005年と2011年に訪れたルクセンブルグの
思い出を書いた。欧州の「へそ」のような金融都市、
小さいけれども大事な国だ。
c0128628_16262696.jpg

次は、イスラム教徒の国、トルコ。
パリの同時テロ以降、問題になっているISへの出入り口、
トルコへは、2008年と2012年に出かけた。最近、ロシアとの
関係が悪くなって、お互いに目には目を、歯には歯を、と
報復が繰り返されている様子が報道されている。
痛ましいこと!
c0128628_16265525.jpg

一般の旅行者から見たトルコは、まったく平和な国に映った。
西洋と東洋の両面の良さが感じられ、親日的で、おだやかな
性格の人たちだった。
2008年のときは、チャナッカレ大学で学会があって、その帰途、
トロアス、エフェソス、コンヤ、イズミール、パムッカレ、
カッパドキア、アンカラを周ってイスタンブールに戻るという
大旅行だった。2012年は、ドイツに友人夫妻と会うために
出かけた。向こうは、ドイツから、こっちは日本から、お互いに
中間地点で会いましょう、ということだったが、その翌年、
親友(妻のほう)が亡くなった。実質的にこれがお別れになった。

首都イスタンブールを歩くと、至るところでネコにあった。
c0128628_16272580.jpg

FaceBookに掲載したネコの写真。レストランの中庭の樹の上を
住みかにしている黄色いネコ。
c0128628_1627472.jpg

宮殿の中であろうと、マーケット中、モスクの中でも、
ネコが我が物顔に歩いている。住民みんなの飼いネコのような
感じだったが、衛生的に問題がありそうなので、
「触ってはいけない」のだった。
c0128628_16371311.jpg

c0128628_16345213.jpg

海外では、イヌ、ネコ等は、ペットと思わないほうがいいのだ。

日本では、見られなくなった狂犬病もまだ健在だ。
c0128628_16355321.jpg

シルケジ駅に住んでいたネコ。ホームを悠然と歩いていた。
c0128628_163948.jpg

この駅は、あくびが出そうなほど、のんびりとした田舎駅に見えるが、
130年ほど前には、ここが花のパリとコンスタンティノープル(現在の
イスタンブール)を結ぶオリエント急行の終着駅だったのだ。
c0128628_16373671.png

私の記憶では、アガサクリスティの『オリエント急行の殺人』という
作品があった。アガサクリスティは、イスタンブールの下町が
お気に入りで、定宿もちゃんと残っている。
私もこの駅の周辺の庶民的な通りが大好きになって、
徒歩で、あるいはトラムに乗って日に何度も歩き回った
ものだ。疲れたら、トルコのチャイを飲む。
わずかなお金で、チャイを飲ませる店がどこにでもあって、
暑さも足の疲れも吹っ飛ぶのだった。

by tamayam2 | 2015-12-04 16:39 | たび | Comments(10)