タグ:旨いもの ( 43 ) タグの人気記事

元旦に、高尾山へ行く

浮世の些事にかまけている内に暦はめぐり、新年を迎えました。
おくればせながら、新年、おめでとうございます。
Blog上でのお付き合いとはいえ、かれこれ3,4年もお付き合い
が続いている友人もおります。どなた様にとっても、よい年の
始まりでありますよう、心からお祈りいたします。
今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。
c0128628_8485653.jpg

さて、みな様は、どのように新年をすごされたでしょうか。
私は、芸がないと言おうか・・・・東京都民がよく出かけると
いう高尾山へ出かけてみることにしました。それも、昼近くに
なって、フラッと思いつきで・・・。(一年の計は元旦にあり
という教訓があったはずですが、この無計画さぶり。)
中央線で、高尾駅に向かう車窓から、きれいな富士山が見られ
ました。(Oh、Mt. Fuji! どういうわけか、ここで英語が
出てきて、外人さんのように感動する。)

高尾山に着いてからは、ま、悲劇ですね。人が多くて、新宿駅の
ラッシュ時並の混雑でした。登りはケーブルカー、帰りは、
徒歩で山を降りたのですが、かなりきつい勾配の坂道でした。
(タカが高尾山などと、山を侮ってはいけない、教訓その2。)

↑ お地蔵さんは、みな真新しい毛糸編みの帽子を頭に頂いて、温そう。
c0128628_8515360.jpg


↑ 京王線高尾山口駅の近くで、まんじゅうや煎餅を売る店。

c0128628_8525117.jpg

自然薯(じねんじょ)を売っている店を見かけました。
とろろ芋ですね。擦りおろしても、酢の物にしても、
揚げてもよし、しみじみとおいしい日本の味。
自然薯とともにだるま、招き猫を並べて売っている点が
いとをかし。

ドイツでは、ハイキングに出かけてもいわゆるお土産屋さん
というような店が無いので、新年から店開きしているこんな
門前町の賑わいを面白く眺めた。
私同様に、行くところが無いのか、外国人の家族連れの姿を
見かけた。耳慣れぬ外国語があちこちから響いてきた。

やはり、年の初めに小高い丘に登って、新年の祈願をすると
いうような風習がよその国にもあるのだろうか。
[PR]
by tamayam2 | 2008-01-02 08:55 | 日々のできごと | Comments(24)

物くるる友

よき友に、三つあり。
一つ、物くるる友。二つ、くすし(医者)、三つ、智慧ある者。
                    兼好法師(徒然草117段)

先日、旧友から、電話があり、今が旬の蟹を食べに来いとのお招き。


c0128628_713552.jpg
一般名は、
ズワイガニ。

北陸方面では、
越前ガニ、

山陰地方では、
松葉ガニと
言われるカニが
昼頃、宅急便で
届くからと。











漁の解禁日が11月6日。
オスは、3月20日まで、香箱ガニとか、セイコガニと呼ばれる小型のメスは
1月10日までしか捕獲できない。
まさに、今がそのシーズンの最盛期なのだそうだ。
c0128628_7162376.jpg

両手足を拡げたら、お盆からはみ出しそうな、大蟹を、一人宛、一匹ずつ
召し上がれと言われたら、どーする?
もう一生、蟹は食べなくてもよいと思うほど、ひたすら食しました。
蟹みそから、爪先まで余すところなく、味わいつくして、思いましたよ。

こんな貴重な物を、人を呼んで振舞おうという人の心意気。

海から揚がったばかりのカニを、昼ごはんに間に合うように届けられる
日本の流通のすごさ。

カニと聞いただけで、二つ返事で駆けつけちゃうわが身の行動力の機敏さに、
冒頭の、「物くるる友」という言葉が浮かんできて・・・・我ながらちょっと
顔を赤らめたものです。
[PR]
by tamayam2 | 2007-11-22 07:21 | 日々のできごと | Comments(0)

甲斐路

東京も、皆既月食が過ぎたあたりから、やっと秋風が立ち始めた。
大きな仕事に区切りがついたので、甲斐路を経て蓼科へ行った。
c0128628_1132485.jpg

秋の七草が咲きそろう街道をのんびりと走る。
韮崎のあたりに、鄙びた神社があったので、立ち寄ってみた。武田八幡宮


c0128628_1145358.jpg
甲斐武田家の
発祥の地である
ようだ。
信玄の先祖は
このあたりから
出たのだろう。







小高い丘にあり、訪れる人もなく、森閑としている。御神木にからむカズラ(?)



c0128628_117597.jpg
鳥居の前に
白いユリ。














c0128628_118037.jpg

白州町の「道の駅」へ行く手前の旧道(台が原地区)に、造り酒屋があったので
中に入って、冷酒を求めた。三年ぶりに会う蓼科の友人と杯を重ねるために。
やはり、旧友との再会には、何か手土産がなくちゃ。 甲斐銘酒 七賢
c0128628_1183825.jpg

日本には、きれいな水が湧き出る里が至るところあって、そこで造られる地酒、
米、とうふ・・・・そういう素朴なものが、飛び切りおいしい!

水に関しては、ひどいカルキに悩まされたケルン生活から見ると、日本は、
ほんとうに水の旨い瑞穂の国だと感じる。
[PR]
by tamayam2 | 2007-09-01 11:12 | たび | Comments(0)