タグ:山 ( 36 ) タグの人気記事

【537】北海道紀行(最終回)水辺にて

何でも大きいものを見るのは、気持ちがよい。
北海道の自然は、規模が大きく胸がすく思いがする。
なのに、町興しとか、観光客誘致とか、いろいろなイベント、祭りとか・・・
人が企画するものは、なべて志が貧素で、金儲け主義がちらちらほの見える。
c0128628_11225467.jpg

札幌から、函館に南下する途中で、洞爺湖に一泊した。
2008年に洞爺湖サミットがあった場所として有名。福田元首相のときだったか。
会議のロケーションとしては、理想的な場所で、湖水を渡る遊覧船の
上から、城郭のようなホテルを仰ぎ見ることができた。

また、昭和19年に火山の噴火でできた昭和新山、今も時々噴火する有珠山の
姿を見ることもできた。ロープウェイで中腹まで登る計画だったが、天候が
下り坂なのであきらめた。
c0128628_11235134.jpg

遊覧船で、洞爺湖の中ほどの小島へ。そこで飼われていたシカ。シカが樹木の
皮を食べるのか、どの樹の幹にも金網が巻き付けられていた。
c0128628_11244057.jpg

カモメも、船の甲板に来て乗客を物珍しげに見ていた。
観光地なのに人の気配がなく、サミット以来さびれてしまった感が否めない。

函館の郊外、大沼公園の散策で見た植物たち。
島全体に、イワガラミ(ユキノシタ科)というツルアジサイに似た蔓草が
本当に岩といわず、樹木にもからみついていた。

その他に多かったのは、マイズルソウ(ユリ科)が林床を覆っていた。
c0128628_11253316.jpg

c0128628_1125597.jpg

マイズルソウは、初夏に白い細かい花を咲かせるが、それが、今は
赤や渋いウズラ色の実をつけているのだった。
c0128628_11272453.jpg

そのそばで見つけたツルリンドウ(リンドウ科)。
c0128628_11264581.jpg

全島でよく見たのはミヤマホツツジ(ツツジ科)春のツツジより、控えめながら、
長く伸びた雌蕊がかわいらしい。
水辺に多かったのが、ドクゼリハッカの花。
c0128628_11275948.jpg


島めぐりの途中に、 「♪~千の風になって」の碑があった。
作曲家の新井満さんの別荘がこの近くにあり、ここの自然の中で、生まれた曲だ
そうだ。もともとは、英語の歌だったのが、新井さんの手によって、日本語訳ができ、
あの曲に仕上がった。ちょっとさびしい歌だったなぁ~

    新井満さんの「千の風になって」

c0128628_11291656.jpg

私のズボンにへばり着いて東京まで運ばれてきたのは、このヌスビトハギの種

キンミズヒキ、エゾノコンギク・・・そろそろ秋の花々が登場しかけているようだった。

[PR]
by tamayam2 | 2012-09-15 11:29 | たび | Comments(4)

【536】函館にて

札幌から、南下し、洞爺湖を経て、最後は、函館に宿をとった。
c0128628_14255892.jpg

函館山から眼下を見渡すと、左に函館湾、右に津軽海峡と、まことに
雄大な景色が広がる。
c0128628_1422576.jpg

ロープウェイの下は、元町の教会群。
カトリック教会、ロシア正教、聖公会、プロテスタント・・・各派に
加えて、東本願寺の函館分院や大きな神社もあった。
(宗教関係者は、街の一等地をちゃんと押さえているのね。目ざとい!)
c0128628_14242469.jpg

かなり急な坂を上りつめると、どこからでも海が見え、頬に当たる風が心地よい。
c0128628_14265374.jpg

カトリック教会の前でちょうど花嫁さんが車から降りてくるところを目撃。
(女の子は、年をとってもお嫁さんを見るとワクワクしてしまうのね。)
c0128628_14273747.jpg

翌日は、バスで五稜郭へ。
五角形の珍しい城郭のモデルは、ヨーロッパだとか。
徳川幕府が北方警備のために築いたのが1857年、明治維新の前の話。
北の果てに、こんな巨大な建造物を造ってしまうとは、驚きです。

函館から特急で30分ほどの北へ行ったところに大沼国定公園がある。
c0128628_14283360.jpg

全国に「駒ヶ岳」と名がつく山々は数多いが、ここの駒ヶ岳は、蝦夷駒ヶ岳、
または、北海道駒ヶ岳と呼ばれる活火山である。とてもユニークな形の山だ。
c0128628_14293128.jpg

この山裾に拡がる大小様々な沼は、おそらく火山の噴火で生まれたのだろう、
冬になると沼の水が氷結して、歩けるようになると言う。しかし、夏場は、
小島と小島を結ぶ橋をたどって、一周できるようになっている。
北海道の植物が見たい私にはぴったりの場所。水辺の散策を楽しんだ。

北海道で、どこでもよく見かけたのは、オオウバユリの実。
背の高さが1mを越す頑丈な作り、大粒の実。何もかも大振りな植物の中でも群を抜いて
ユニークな存在だ。
c0128628_1434366.jpg

オオウバユリ【大姥百合 ユリ科 Cardiocrinum cordatum var. glehnii】
その他に北海道で優勢を誇っている植物の代表格は、オオイタドリであろう。
c0128628_14312177.jpg

背の高さが3mもある物さえあるという。葉も大きく、ジャングルのように
生い茂っている。
どちらも、アイヌの人たちの生活になくてはならない天然資源だったそうだ。
デンプンを採ったり、繊維を取ったり、薬用にしたり・・・。
オオイタドリ【大虎杖/ 痛取 タデ科 Peynoutria sachalinensis】

函館は、関東地方の横浜のように、西洋文化の影響が色濃く、エキゾティックな町。
同行者が殊のほか喜んだのは、イカなど、新鮮な魚介類が豊富なこと。
海の幸を満喫することができて、旅行の〆としては、最高の場所であった。
終わり良ければ、すべて良し、と言いますからね。)

[PR]
by tamayam2 | 2012-09-14 14:32 | たび | Comments(12)

【533】山ガール

9月になりました。
あの暑い夏の日々に一応カンマを打って猛暑から離れたいところですが、
まだまだ暑さが衰える気配がありません。皆様は、お元気でお過ごしでしょうか。
c0128628_2224553.jpg

(8月19日 白馬岩岳(1289m)から白馬三山の雪渓を見る)
この夏には、7月と8月に白馬方面へ2度出かけ夏山の楽しさを味わいました。

中高年の登山経験に乏しい女性が2000m級の山に登ることができるのは、
何を隠そう、ゴンドラやローウェイ、スキーリフト等、文明の利器を
存分に活用できるからできることです。本当にありがたいことでございます。

昔は、登山と言えば、大きなリックを背負って、ごっつい登山ウェアに身を
固めた男性が主でしたが、今は、登山用品の開発が進みハイテク化したおかげでしょう、
身なりもずいぶん軽々しくなりました。

一般に“山ガール”と呼ばれる若い女性たちも多いです。
c0128628_2227178.jpg

カップルで登山を楽しむ方も多く、中には幼児や乳児連れの方も見かけます。
子供たちは、とても元気で、どうしてあんなに身のこなしが軽いのかと
感嘆するほど、どんどん先に登って行きます。

私は、肺活量が少ないのかすぐ息が上がってしまう質なので、ひたすら、
黙々と歩を進めていきます。カメラを片手に、スティックを片手に持ちますので、
あまり良い姿とは言えません。

全般的には中高年の方々が多いですが、中高年の方々は、余裕があるのか、
親切で、仲間同士で仲良くおしゃべりを楽しんでおられます。
c0128628_22281740.jpg

“山ガール”の典型的なファッションは、上のようなものですが、
男女の場合、両方とも半パンツで、スパッツ、あるいはレギンス履きの方が多いです。
この頃のスパッツは、カラフルで、テーピング効果も考慮され筋肉をトレーニングしたり
保護したりする機能付きだそうです。
ファッションばかりでは、ないのですね。
c0128628_22292518.jpg

私がひとつ、とてもゲンナリすることは、登山する人の層が広がったせいか、
山の中で、べちゃべちゃと際限ないおしゃべりを耳にすることです。
過去に出かけた山の話・・・家族の話、孫の話、同僚のダレソレさんの話を、
グループでベチャクチャやられると、狭い山道では、否応なく耳に
飛び込んできますので、避けようがないのです。一種の口害ですねぇ。

山では、お静かに~と私は、心の中で思っているのですが・・・
はしゃいでいる人々は、ますますテンションが高まって歌を歌う人、大声で
叫ぶ人・・・まるで、街中の行動と変わらないのです。

やはり、高度の高いところに行ったら、心を静かにして、自然の声に
耳を澄ませたいなぁ~と思います。
c0128628_22303362.jpg

以前にも掲載したのですが、8月半ばに再訪した栂池の亜高山地帯で見た
ハイマツの雄花オオシラビソ(青森トドマツ)の球果の美しさを再録しておきます。

こんな美しいものが目の前にあるのに、娑婆のよしなし事をベチャベチャ話していたら、
もったいないと思うのですよ・・・。

[PR]
by tamayam2 | 2012-09-01 22:33 | たび | Comments(16)

【523】アジサイの仲間たち

アジサイのころ、鎌倉にアジサイを見に行った。
都会で園芸用に改良されたアジサイをたくさん見たけれども、
山地にもいろいろなアジサイがあることを知った。
c0128628_17324329.jpg

最近、出かけた日光植物園では、タマアジサイの蕾がかわいらしかった。
球の中に花全体をぎっしり籠めて、ほどけると、中から花が現れる。
その頃にまた再訪したいものだ。
c0128628_17334991.jpg

コアジサイもまだ蕾だった。薄紫の細かい花がじき咲くだろう。ギザギザの葉っぱもきれいだな。
c0128628_17342795.jpg

ノリウツギ(糊空木)もアジサイの仲間。チョウが止まっていたが、
羽が少し痛んでいるようだった。
c0128628_17345468.jpg

栂池で見たのは、ツルアジサイ。シラカバの木にまつわりついている。
秋になれば、きっと紅葉が美しいに違いない。
c0128628_17351341.jpg

八方尾根でよく見かけたカラマツソウ。白く、繊細な花びらが美しい。
c0128628_17353353.jpg

たった一つしか見つけられなかった花は、ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)。
ユキノシタの仲間で、花びらが大の字のようだから、大文字草と呼ばれる。
園芸種がたくさん出回っているが、自生しているのを見たのは初めて。
c0128628_17373670.jpg

もう一つ、ちょっと珍しかったのは、チャボゼキショウ(矮鶏石菖 ユリ科 )。
c0128628_17371136.jpg

コットン・ボールのようなワタスゲ
風になびいている姿はユーモラスで、滴る汗も引っ込む感じ。
c0128628_1738127.jpg

ワタスゲの野には、ハクサンチドリコバイケイソウが混生していた。
こんなに多くの植物に恵まれて・・・日本の草原や山はすばらしいなぁ~と
思わずにはおれません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-08-04 17:39 | たび | Comments(10)

【517】八方尾根で見た花々

田中澄江さんの「新・花の百名山」で話題になっている花々を
いつの日にか実際に見てみたいもの・・・と思っていましたが、八方尾根でいくつか
見ることができて、本当にうれしかったです。
c0128628_1027427.jpg

その一つ、ユキワリソウ(類種にハクサンコザクラというのもある)
日本サクラソウの原種に当たるのでしょうか。
キンポウゲ科のユキワリソウとは別種。
c0128628_10281147.jpg

ユキワリソウ【雪割草 サクラソウ科 Primula modesta】
白山とか、立山とか山の名、土地の名をを冠した高山植物も初めて見た。
c0128628_10283699.jpg

タテヤマリンドウ【立山竜胆 リンドウ科 Gentiana thunbergii var. minor】
c0128628_1028597.jpg

ハクサンチドリ【白山千鳥 ラン科 Dactylorhiza aristata】
c0128628_10292239.jpg

ハッポウウスユキソウ【八方薄雪草 キク科 Leontopodium japonicum f. happoense】
c0128628_1029436.jpg

チシマキキョウ【千島桔梗 キキョウ科 Campanula chamissionis】

たまたまご一緒に歩いた70代の婦人は、東北のご出身で、山歩きの
経験が相当ある方だった。ベテランなのに、偉ぶらず私のような初心者を
励まし、要所要所で、適切なアドヴァイスをいただいた。花の名にもくわしく、
「あっ、これは、なかなか美形だわね」、などと教えてくださるのだった。
ご自身は、全然写真を撮られないのに・・・。
よい方と出会えて、山歩きが一層たのしいものになった。
下は、14日曇り空の中、栂池高原を歩くハイカーたち。

c0128628_10302373.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-07-23 10:30 | たび | Comments(2)

【516】八方尾根にて

7月15日栂池高原で雨に降られましたが、翌16日は快晴になり、
予定通り白馬連峰の唐松岳に続く八方(はっぽう)池まで登山しました。

登山と言っても、麓からゴンドラやリフトを乗り継ぎ、標高1880m
の地点まで連れていってもらえるのです。そこから木道や岩ゴロゴロの山道を
進み2080mの高さまで登ります。時おり、雲が流れ、白馬岳、杓子岳
の岩肌が見えることもありましたが、ほとんど厚い雲に覆われていました。
雪渓の脇を通ると、下から涼しい空気が流れてきて気持ちがよかったです。
八方尾根トレッキング HPはここ
c0128628_2141486.jpg

2000mを越えると、さすがに植物の様子が違います。
「高根の花」という言葉がありますが、これは、タカネバラ
岩ゴロゴロの砂礫地に、バラがひっそり咲いているのを見ると誰でも顔が
ほころんでしまいます。
タカネバラ【高嶺薔薇 バラ科 Rosa suavis ssp. nipponensis】
学名にnippon がしっかりついていますね。
栂池の湿地帯で見たチングルマもバラ科でした。東日本の高山でしか見られないと
のことです。私は、2008年9月に北海道・大雪山で見たことがあります。
チングルマ【稚児車 バラ科 Geum pentapetalum】
c0128628_21422483.jpg

花は白い丸みを帯びた花ですが、葉は、確かにバラのような羽状複葉。
花後の種をつけた穂が風車のように揺れている様が、子供が遊ぶ稚児車に
見えるのでしょう。美しい命名です。
c0128628_21425466.jpg

私にとって初見の花は、ミヤマムラサキ。勿忘草のような花です。
本当に険しい砂礫地に岩と岩の間のわずかな隙間にひっそりと咲いていました。
ミヤマムラサキ【深山紫 ムラサキ科 Eritrichium nipponicum Makino】
牧野先生のお名前が見えます。
c0128628_21462465.jpg
c0128628_21464614.jpg

ちょっと珍しかったものとしては、ムシトリスミレ
ムシトリスミレ【虫取り菫 タヌキモ科 Pinguicula  vulgaris】
c0128628_21472227.jpg

どこでもよく見かけたのは、ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ【四葉塩竈 ゴマノハグサ科 pedicularis chamissonis
var. japonica】
c0128628_21474050.jpg

こういう花を見ながら、しゃがんで写真を撮り、汗をぬぐいつつ一歩一歩登りました。
まだ地面に雪が残る八方池に着いたとき、ちょっと雲が途切れて白馬の岩肌が
ちらっと見えました。

c0128628_21483070.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2012-07-22 21:48 | たび | Comments(2)

【515】栂池(つがいけ)高原にて

7月の連休に、長野県栂池高原の自然園へ出かけた。
木偏に母と書いて、ツガと読む。マツ科。コメツガは、長野県で広く
見られる美しい樹木だ。

栂池自然園へは、栂池高原駅から70人乗りロープウエイで一気に自然園入り口まで
登ることができる。麓の駅が、839mで、登ったところが1829mというから、
高低差990m!   悪いなぁ~と思うけれども、私のような年よりには本当にありがたい。
しっかり2010mの展望高原まで歩く予定だったのだけど、だんだん小雨が
本降りになってきたので、1920mの浮島で引き返した。
それでも、途中雨が小止みになって、白馬の嶺をちらっと見ることができた。
c0128628_15152375.jpg

ロープウェイの窓越しでうまく撮影できなかったのだけど、
何年ぶりかに実るというオオシラビソ(別名 青森トドマツ)の濃紺の球果を
高い梢に認めることができて、心が躍った。
大きい球果は、10~20cmもあり、遠目には、小鳥が止まっているように見える。
白いものは、実から染み出るマツヤニ。
c0128628_15153826.jpg

c0128628_15162244.jpg

雨の中の撮影は、どれもうまくいかなかったのだが、図鑑でしか見たことが
無かったキヌガサソウ【衣笠草 Paris japonica】の群生を見ることができたのが、
なによりうれしかった。輪生した見事な大振りの葉、そして中央に一輪、
白い、大きい端正な花が咲いている。見事な造形美に、その場を通るときには、
だれもが手を合わせたくなるほどの感動を覚えるのだった。ちょうど、時期的に
よかったのだろう、どの花も今が盛りのようだった。
japonicaがついているので、日本固有の植物なのだろう。
田中澄江さんの新・花の百名山にも登場している。
             Cf.針の木岳(P.236)
c0128628_15172093.jpg

c0128628_15174456.jpg

近くには、サンカヨウシラネアオイの群生も見られた。
この二つは、そろそろ花期の終わりごろという印象だった。
植物がその生息地に自生し、生き生きと生命の輝きを見せているのを
見せていただくことのできる幸せ、この喜びはここに足を踏み入れた人々がみな抱く
感動だろう。
栂池自然園のHPは ここ

c0128628_15185223.jpg

雨の中昆虫はあまり見ることができなかったが、ここで珍しい蛾を見た。
調べてみると、農家の人たちには、よく知られた害虫であるようだったが、
エダシャクの仲間で、姿が見ようによっては威嚇する面に見える。

信州在住のNickさんのBlogで例年7月ごろ紹介されていた白馬の大自然の中へ
やっと足を踏み入れることができ、とても幸せだった。

[PR]
by tamayam2 | 2012-07-18 15:21 | たび | Comments(10)

箱根・湿性花園で見た花

連休もあと数日を残すばかり、何だか梅雨のような日々でした。
この雨も、考えようによっては植物には恵みの雨。
水分を十分に吸収して、これから生き生きと生育するでしょう。


c0128628_14285478.jpg
先日出かけた
箱根・湿原花園
で見た忘れがた
い植物をUpして
おきましょう。



























ヤマエンゴサクは、先月、小石川植物園のところに取り
上げましたが、青い色のものを湿原花園では見かけました。
これは、ジロウボウエンゴサクという種類かもしれませんが、
くわしい差異がわかりません。白、薄ピンク、紫、薄青、青など
さまざまな色のヴァリエーションがあるようです。小さい花ですが、
その繊細な美しさに魅せられました。
c0128628_143219.jpg

ジロボウエンゴサク【次郎坊延胡索 ケシ科 
                Coridalis documbens】



c0128628_14384214.jpg

c0128628_14332727.jpg

青い花と言えば、数センチの小さい花ですが、フデリンドウも見ました。  ↑
フデリンドウ【筆竜胆 リンドウ科 Gentiano zollingeri】
c0128628_14341464.jpg

イワウチワは、『花の百名山』で田中澄江さんが、2度書いて
おられます。1回目は、奥多摩の大岳山、2回目は奥秩父の雲取山。
関東の東京郊外に咲いているのだと驚きました。「私は、今回見たのが
初めてです。花弁のギザギザがとても繊細。薄暗いところで咲いて
おりましたので、その辺がぼぉっと明かりが灯ったような感じでした。
極々薄いピンク色です。
イワウチワ【岩団扇 イワウメ科 Shortia uniflora】
c0128628_14344576.jpg

珍しい花としては、シラネアオイ。北海道や日光・白根山で咲く
花です。
c0128628_14355612.jpg

シラネアオイ【白根葵 キンポウゲ科 Glaucidium palmatum】
c0128628_14363590.jpg

オオバナノエンレイソウ【大花延齢草 ユリ科 Trillium kamtschaticum】  ↑
以前にUpしたものは、もっと小花で、紫色でした。

この湿原花園には、湿原の植物だけでなく、標高の高いところ
に咲く植物を集めて見せているようです。箱根町立の施設です
が、植物の生育環境によく配慮されて注意深く育てられていました。
きっと管理者によい指導者がおられるのでしょう。

[PR]
by tamayam2 | 2012-05-04 14:39 | たび | Comments(2)

雪形の見える風景

先週、信州・蓼科に出かけた。ユキワリソウの写真を撮った
高台から見た八ヶ岳の雄姿。
c0128628_22144498.jpg

一番左端の白い山が赤岳(2899m)
八つ連なっている山の最高峰だ。
その右の鋭角にとがっている山は、阿弥陀岳(2805m)、
赤岳より手前にあるので、高く見える。
c0128628_22153283.jpg

山の斜面の残接の形を。雪形(ゆきがた)と言う。
その形をいろいろな形に見立てて、農家の人は、農作物の種まき
の好機を占ったとか言われている。
今年の春は、サクラも遅れ気味だったし、植物全体が
まだ冬の眠りから目覚めていないように見えた。
c0128628_22183314.jpg

こちらは、甲斐駒ケ岳(2967m)。この山を見ると世の中の騒がしいことは
みな小さく見えてしまう。甲斐の国の人たちは、このすばらしい山を
どんなに誇りにしているか。

c0128628_22155893.jpg

東京地方もこのところなんだかうすら寒く、まだまだ
油断ができない空模様だ。このところ外国からの
お客さまが多いが、たいていの人は、サクラ満開の
春うららの日本を目指して来られたのに、ちょっと
予想がはずれたみたい。
c0128628_22162237.jpg

ユキワリソウを見た広葉樹林のふかふかの落ち葉の中
で見たイチゲ(一華)の種類を記録しておこう。
イチゲと同じ仲間のキンポウゲ科のフクジュソウ(福寿草)。
キンポウゲ科のニリンソウと、猛毒のトリカブトの若葉
の形が似ているので、誤って命を落とした人の話が
今年も話題になった。
c0128628_22191633.jpg

キンポウゲ科(Ranunculaceae)は、花は美しいけれども、
危ないと思っていたほうが間違いがない。
クリスマス・ローズもアネモネも、春の訪れを告げ知らせる
イチゲやニリンソウの類も、強いアルカロイドを含んでいる。

[PR]
by tamayam2 | 2012-04-23 22:19 | たび | Comments(5)

スペインの聖地、のこぎり山

バルセロナから北西へ53Km、カタルーニャの聖地と
言われる場所がある。のこぎり山(Mont serrat)という
その山は、本当にギザギザの形をしている。私が今まで
見たこともない不思議な形。この山の形から、ガウディは
サグラダ・ファミリアのモチーフを得たと言われている。
c0128628_135355.jpg

標高はたかだか720mほどだが、高く、高く隆起して増殖
し続けるような生成のイメージが、この山にはある。
c0128628_13535082.jpg

信仰の対象になっていて、頂上付近にヴェネディクト派の修道院
が建っている。聖堂中央に大切におさめられている黒い顔の
マリア像が有名で、それを拝むためにたくさんの人たちが
押しかけるという。
c0128628_13542199.jpg

のこぎり山は、太古に海だった地面が隆起して、何千年もかけて
自然に形成された山だというが、形が奇想天外で、自然の力の
大きさに圧倒され、どこをどのように切り取って撮影したら
よいか途方にくれてしまった。
c0128628_135571.jpg

c0128628_13553584.jpg

こちらは、マドリッドから北西へ95Kmのところにある古都、
セゴヴィア(Segovia )3月24日の「イベリコ豚」で、
カピトリーノの雌狼という銅像を載せた。狼の乳を
飲んでいるのは、ロームルスとレムスという兄弟なのだが、
兄のロームスが後にローマ帝国の祖になる。(BC7Cの頃の伝説)
c0128628_13565534.jpg

Blog仲間の寧夢さんが、どうして、スペインにローマ帝国?
と疑問を投げかけられた。(良い質問を、ありがとう!)
c0128628_13571710.jpg

何を隠そう、この地は、ローマ帝国の遺跡、水道橋があるのです。
ローマ人は、野望を抱いてここまで押し寄せてきた。
大きな石と石の間に接合材のようなものは無く、こんな巨大
な水道橋を築きあげたローマ人って、文句なしに尊敬に値する。
川から水を引いてこなければ、どんな都市にも人が住めない。
この水道は、1世紀に建設され、1884年まで、実際に機能して
いたということだ。(ユネスコ世界遺産)
c0128628_13574777.jpg

これで、一応スペイン旅行の話は終わりです。ありがとう
ございました。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-29 13:59 | たび | Comments(12)