タグ:信州 ( 84 ) タグの人気記事

かんてんぱぱガーデンにて

長野県駒ヶ根にある かんてんぱぱガーデン へ行った。
地元のNick-1さんのサイトで知って以来、長野県へ
行けば、足を伸はしてみたくなる。

いま、見ごろは、カタクリ、ショウジョウバカマなど、
早春の山野草が植え込みの中にうまく配置されている。これらの
植物の画像は、上記のNickさんのサイトが圧巻です。

かんてんぱぱ とは、まったく変った名前だが、これは、
伊那食品工業という かんてん製造会社の本社なのだ。
広々とした敷地内に駐車場、トイレやベンチ、和洋のレストラン、
蕎麦屋、ショップ、美術館が併設されていて、どうぞ、そうぞ、
どなたでも、いらっしゃいという歓迎の気持があふれている。
c0128628_16211267.jpg

芝の中ご自由にお遊びください こんな
鷹揚な立て札を見たことあるだろうか。
禁止事項ばかりの公立公園関係者、とくとご覧くださいナ。 入場無料。

かんてんと言えば、蜜豆の材料ぐらいしか思い浮かばなかったが、
かんてんは長野県の名産であり(原料の海草は、海のない長野県
では採れないけれど)いまを時めく健康食品なのだ。
c0128628_16231240.jpg

  ↑エンレンソウ(ユリ科 延齢草 Trillium Smallii)
館内のポスターによると、かんてんは食物繊維が多量に含まれ
ていて、大腸がんの予防や、血圧、血糖値、コレステロール、
体重を下げる働きが著しいという。
c0128628_16233655.jpg

  ↑白花エンレンソウ
その上、高齢者の誤嚥を防止するため、液体にとろみをつける食材
として、注目されているのだそうだ。ジュース、スープ、だし、お茶
などかんてんを利用した食材がたくさん売られていて、それを
買っていく人の多いこと。介護をしている家族には、どんなに
ありがたい食品だろうか。
ミネラルがたっぷり含まれた肥料も売っていた。
c0128628_16241621.jpg

  ↑ヤマエンゴサク(ケシ科 山延胡索 Corydalis lineariloba) 
        
かんてんで儲けたお金を、地元に還元し、みんなで人生を楽しもうという
余裕が感じられる。それにしても、かんてん は解るけど、
ぱぱ というのは、一体何なんだろう。 Papaのことかしら???

一番下の花は、ドイツで見かけたことがあるが、名が分らなかった。
わかって、うれしい。      
[PR]
by tamayam2 | 2008-04-16 16:48 | たび | Comments(0)

ハクチョウの飛来地

信州のほうへ出かけているうちに一月は去り、はや如月(きさらぎ)。
相変わらず、寒いですね。
c0128628_9255427.jpg

茅野市上原の上川沿いの道を通っていると、「ハクチョウ飛来地」
という立て札を見つけたので立ち寄ってみました。残雪の上を
カモが舞い、地元の人が撒いてくれた餌をついばんでいました。
写真上:コハクチョウ    写真下2枚:カモ


c0128628_9265497.jpg


c0128628_9281380.jpg
コハクチョウは、
3月ぐらいまでに
北のほうへ
旅立つという
ことです。





この辺りでは、温度は、マイナス5~10度。残雪が畑をおおって
います。別荘地には人影がなく、スキー場もひっそりしていました。
c0128628_929661.jpg

2月1日の蓼科山。
[PR]
by tamayam2 | 2008-02-02 09:30 | たび | Comments(0)

養命酒駒ヶ根工場にて

Blogの仲間たちが、すばらしい紅葉の写真を見せてくださる。
私はそういう写真をうっとり眺めている。


c0128628_14395975.jpg
紅葉は、
葉の裏からすかして
撮るほうが赤が
鮮やかで
きれい。



c0128628_14412034.jpg
このカエデ
(ハウチワカエデ?)は、
裏も表も
よいなぁと
思った。






これを撮ったのは、養命酒駒ヶ根工場の健康の森のカフェの脇で。

この工場敷地内の森林や野草園はすばらしい。工場見学も約40分
ほど。礼儀正しい案内嬢の誘導でピカピカの工場内を見せて
いただける。この工場敷地内は、電線が地中に埋められているため、
どこからも美しい山並みが撮影できる。これは、じつに気持ちのよい
ことである。
c0128628_14431573.jpg

上の写真は、八が岳連峰の一部。
8日 八ヶ岳中央実践大学校から。標準レンズ50mmで撮影。

右の高いのが阿弥陀岳。中央のすこし冠雪しているものが横岳。
[PR]
by tamayam2 | 2007-11-10 14:48 | たび | Comments(0)

霧が峰のシシウド

連日、熱帯夜が続いております。みなさんは、いかがお暮らしでしょうか。
夜、熟睡できないので、日中もぼぉ~としています。ただでさえ、めぐりの
悪い頭なのに・・・。
c0128628_100494.jpg

全国的にお盆の帰省ラッシュが始まる前の、9日~11日まで信州の別荘へ
出かけました。

■日本にあってドイツにないもの:有料の高速道路。ドイツも消費税を上げるか、
アウトバーンを有料化するかなどという論議がありましたが、いまのところ、
アウトバーンは無料です。(市街地を除いて、制限速度もなし・・・・)
日本の高速料金の高さに仰天したことと、のんびりと行きたいという理由で、
中央道の双葉SAから、一般道で蓼科へ向かいました。途中、富士見付近で
一面のヒマワリ畑を見かけました。向こうに見える山は、入笠山。
c0128628_1011245.jpg

写真上:フシグロセンノウ(ナデシコ科)Lyohnis miqueliana
c0128628_1014556.jpg

湧き水の近くには、ローズ色のツリフネが。ドイツでもよく見かけたキツリフネ
(Impatiens noli-tangere)も咲いていました。
c0128628_1022226.jpg

トンボは、ノシメトンボ(?)。日本全体が高温になったためか、最近アカトンボの
数がすくなくなったそうです。
c0128628_103741.jpg

翌日、霧が峰で、終わりかけのニッコウキスゲや、クルマユリもみかけましたが、
今元気よく、スクスクと盛夏を制しているのは、シシウド。大きいものは、高さ1m
以上で、丸い笠状のレースのような花をいっぱいに広げて、青い空に向かって伸びて
います。霧が峰の自然を説明してくれるお兄さんによると、この根をイノシシやシカ
が掘って食べることもあるとか。今年は、シカ害が多いというお話。山道を下る村で、
クマが出るから注意、という看板も見かけました。シカやクマたちだって、ヒトと
この自然を共有しているわけで・・・・。一方的に害獣扱いしては悪いなあ、と思いながら
下山しました。
シシウドの茎は、砂糖漬けにし、洋菓子の飾りにするアンジェリカの材料。
シシウド(セリ科)Angalica pubescens)
c0128628_1034180.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2007-08-13 10:07 | たび | Comments(0)