タグ:信州 ( 84 ) タグの人気記事

【753】北八ヶ岳「坪庭」にて

標高2240mの北八ヶ岳「坪庭」は溶岩台地。
風が吹き土が飛ばされ、植物にとってはこの上なく
過酷な環境だが、それでも植物は生えている。
c0128628_9413474.jpg

9月最後の日、友人たちとここを歩いた。
ロープウェイのおかげで、子供でも登ることができる。

岩石の上にシミのような地衣類が生え、
そこに苔が生えると、どこからか針葉樹の種が飛んできて
芽を出す。過酷な環境に耐えたものだけが、生き延びる。
ここの植物は、みな、岩に這いつくばるようにして
強風から身を守っている。
c0128628_9401436.jpg

ロマンティックに響くコケモモの実。
(ローウェイの乗り場のある売店でジュースやジャムを売っていたが、
そんなものが作れるほど実が採れるわけがない。
どこかの栽培地で採れた実を使っているのだろう。)

この辺りで、有名なのは、縞枯れ(しまがれ)現象
10年を単位にして、針葉樹が縞状に枯れてしまうのだそうだ。(写真上)
この辺りにしか観察されないので、不思議な現象と言われている。
確かに枯れた木々の筋が幾筋も観察された。
c0128628_9415793.jpg

珍しいと思ったのは、ゴゼンタチバナ(御前橘)の赤い実!
c0128628_9423492.jpg

7月ごろには、端正な白い花をよく見かけるが、初めて実を見た。
ゴゼンタチバナのそばに、てらてらと光る葉が生えている。
c0128628_9431192.jpg

これは、小イワカガミの葉。
c0128628_9433278.jpg

夏には、ピンクのかわいい花を咲かせるコイワカガミ
c0128628_944393.jpg

ヤマハハコもあちこちに咲いていた。
c0128628_9443694.jpg

ハバヤマボクチ(葉場山ボクチ)は、ここではなく、翌日の八島湿原で見た
ものだが、珍しい形をしていたので、ここに載せておこう。
「ほくち(火口)」というのは、火打ち石で起こした火を燃えやすい
ワラなどに移して薪へ移動させるもののようだ。その形がこんな形

なのだろう。アザミの仲間。
c0128628_9452182.jpg

アザミもあちこちに咲いていた。
強く健気な花だと思い、一つ一つ撮影せずになおれなかった。
10月下旬には、早くも初冠雪の時期を迎えることだろう。

私にとって懐かしいこの地を案内してくれた信州の友に
心から感謝している。

by tamayam2 | 2015-10-17 09:45 | たび | Comments(6)

【752】八島湿原を歩く

9月の終わりに、長年の信州の友人と八島湿原を歩いた。
なんでもゲリラ台風が来ると言う日で、朝早く出発。
昼過ぎには、ポツリポツリ雨が降り出したので、あわてて
車の中でお弁当を食べた。
c0128628_9153422.jpg

c0128628_9162067.jpg

あいにくの天気だったが、湿原に咲く秋の花々を見ることが
できて私はとてもうれしかった。
初めて見る花もあった。
ナギナタコウジュ(シソ科)
c0128628_914140.jpg

チョウは、たった一頭だけ【750】に載せたウラギンヒョウモンの♀。
昆虫が生き延びるには、すでに厳しい状況なのだろう。
c0128628_9145634.jpg

c0128628_9164071.jpg

八島湿原には、堆積物が溜まってできた浮島が・・・八つ、多分それ以上
あるのだが、珍しい地形をつくっている。池のところまでは、立ち入ること
ができないのだが、周囲の木道がよく整備されていて、いろいろな角度から
この浮島をみることができる。標高1600mの山地にあるのが、特徴的。
c0128628_917760.jpg

下は、リンドウと紅葉しているフウロソウの葉がきれいだと思って撮った。
c0128628_9172772.jpg

夏に出かけたフランス、Bourgesのマレの湿地帯を思い出した。
出来かたは違うのだが、湿地の植物群の様子には、独特のおもしろさを
感じた。
c0128628_918599.jpg

c0128628_9182685.jpg



c0128628_91959.jpg

by tamayam2 | 2015-10-12 09:20 | たび | Comments(12)

【750】九月に見た虫たち

暑かったり、涼しかったり、雨が続いたり・・・本当に秋の
天気は変わりやすい。
それでも、てらてらと秋の陽が輝く日には、ちょっとの時間でも
見つけられれば、蝶がいそうなところに見に行きたくなる。
蝶も大急ぎで冬支度、卵を適当な植物に産みつけて子孫が
生き残れるように準備している。

私の家のプランターのスミレの葉はもう丸坊主になっている。
ツマグロヒョウモンの黒い毛虫(幼虫)があちこちに見つかる。
ウチが蝶を大事にしている家だということがわかっているのだ。
だから、私もスミレ類やカタバミ類を抜かないように保護している。

さて、あちこちで撮りためた虫の写真。この辺でまとめておこう。
c0128628_10223478.jpg

①新宿御苑にて カジノキに実がなっていた。
そのそばで見たコミスジ
c0128628_10233016.jpg

②八王子市の公園で見たホシホウジャク(スズメガの仲間)
c0128628_10241237.jpg

c0128628_1030355.jpg

落ち着いて撮影すればよかったのだが、あまりにも動作が速いので、
あわててシャッター切った。まるで、ハチドリのように長い嘴を
花に突っ込んで吸蜜をしていた。

③9月末に長野県に出かけた。
こちらは、標高1500mぐらいのビーナスラインの道端で。
同行の方々は、八ヶ岳連山を見ておられたが、私は、道端の茂みに
もしやチョウがいないか??と探していた。そうしたら、
裏が白っぽいヒョウモンチョウを見つけた。
クモガタヒョウモンの♀
c0128628_10555937.jpg

c0128628_10561912.jpg

写真 下 ↓
また、すっかり晩秋の気配の八島湿原(標高1500m~)で、
アザミに止まっていた。コヒョウモン
c0128628_1057246.jpg

 追記:通りすがりのおじ様に教えていただきました。正しくは、ウラギンヒョウモンの♀。
ありがとうございました!
弱っているのか、花をちょっと揺すっても動かなかった。
ここで見たチョウは、この一頭のみ。
c0128628_10325418.jpg

奥蓼科温泉郷に通じる湯のみち街道沿いにある
御射鹿池(みしゃがいけ)を見たいと思って、
この辺りに住んでいる友人に連れていってもらった。
その友人によると、9月中旬に11年ぶりに水ぬきをしたそうだ。
農業用ため池だから、そういうことをしないといけないのだろう
が、観光客の多いシルバーウィークを避けてほしいという要請が
あって、9月下旬にずれ込んだのだそうだ。
そのせいか、水面に浮遊物が浮いていて、ちょっと景観が
損なわれていたが、ま、我慢しよう。

東山魁夷がこの無名のため池が好きで、この池を題材に絵を描いて
いる。実際にはいないはずの白い馬が対岸に走っている絵「緑響く」
が有名。
何度か通ったことがあるが、秋になればちょっと立ち寄って
みたくなるところだ。

by tamayam2 | 2015-10-07 10:33 | 日々のできごと | Comments(8)

【727】信州へちょっとお出かけ

24日、久しぶりに信州に出かけました。一泊したかったのですが、
翌日に大事な会合があったので、日帰り…。
気持ちよくはれ上がった春の日。駅前ひろばも、小川のほとりも、
どこもかしこもサクラが満開でした。
花びらのひとひらも散っておらず、今しも満開になったばかりという
タイミング。
東京で、花の盛りを味わい、再び信州でもサクラを見ることができて
しあわせな気分でした。

さて、降り立った駅の脇に梢が赤い樹を見つけました。
もしや、と思い望遠レンズで見てみますと、はたしてアメリカハナノキでした。
この花をヨーロッパやアメリカで知って以来、日本にもあるのだろうか、と
探していたので、再会できてうれしかったです。
アメリカハナノキ【Acer pycnanthum カエデ科/ムクロジ科】
c0128628_957694.jpg

雌木の花は、こんなふうに長く垂れ下がっているのです。
すでに、プロペラ状の小さい果実も見えます。
c0128628_9574561.jpg

上の別の木は、雄木でしょうか、すでにカエデのような幼葉が見られます。
秋の紅葉を思わせるように真っ赤です。秋には、きっと素晴らしい紅葉が
見られるでしょう。
c0128628_9583361.jpg

チョウも見ました。
c0128628_959542.jpg

  再び「通りすがり先生」より、ご指摘を受けました。これは、
  シータテハではなく、キタテハだそうです。本当にありがとうございました!

こちらは、スジグロシロチョウでしょう。
c0128628_100299.jpg

西洋では、カタクリは、ほとんど黄色、
ミズバショウも黄色のものが主流です。
訪れた湿地で、見かけたのは、白と黄色のミズバショウ
c0128628_1004132.jpg

懐かしく思い、カメラを向けました。
c0128628_101683.jpg

緑の葉が青々しく、キャベツのようにバリバリと食べたくなりますが・・・
これは、英名が示すようにSkunk cabbage(スカンクのキャベツ)。
人は、食べないほうがいいですね。
c0128628_1014014.jpg

空を見上げるとカラマツの梢が青い空に透けて・・・
やはり、信州の空、空気はいいなぁ~と胸いっぱい清涼な空気を吸いました。

by tamayam2 | 2015-04-27 10:02 | たび | Comments(12)

【675】美ヶ原散策 (3)・・・植物のクワガタのこと

先日、美しが原を歩いていたとき、とても小さい青紫の花をつけた植物が
気になった。たぶん、クワガタの一種だろうということになった。
都会で春によく見るオオイヌフグリの花に似ている。
オオイヌフグリ【オオバコ科クワガタソウ属 Veronica persica】
c0128628_20433685.jpg

さて、家に帰ってクワガタと検索をすると、すべて昆虫のクワガタ虫がヒットする。
クワガタ 植物と限定してやっと、
この花がマルバクワガタソウ、またの名をグンバイヅル(軍配蔓)と知った。
c0128628_20454344.jpg

マルバクワガタソウ【丸葉鍬形草 オオバコ科クワガタソウ属 
          Veronica onoei】
美しが原では、強風のため、すべての植物の背が低いが、この植物も、5~6cmほど。
撮影は大変むずかしかった。
フウロソウと比べた写真が下。
c0128628_20462293.jpg

信州に多いカラマツの矮小で、しかも風下のほうだけに枝が付いている。
反対側の枝は、吹き飛ばされてしまうのだろう。片腕がもげたようなカラマツは
健気に平原に踏ん張っている。
c0128628_2047760.jpg

一昨年の夏、八方尾根でやはりクワガタソウらしい花を見た。
c0128628_2047432.jpg

c0128628_2048457.jpg

ミヤマクワガタソウ【深山鍬形草 オオバコ科ルリトラノオ属
    Pseudolymashion schmidtianun subsp senanense】

よく調べがつかなかったので、お蔵入りになっていたが・・・やっと同種の植物に
出会ってうれしい。

小さいけれども、雄蕊が長く気品のある花だと思う。

by tamayam2 | 2014-07-31 20:48 | たび | Comments(2)

【674】美しが原散策(2)

美ヶ原を歩いていると薄い板をたくさん重ねたような鉄平石というものに
出会う。板状節理という地形なのだそうだ。そういう石に乗ると滑りやすいので、
注意してそろそろと歩いた。
c0128628_8123290.jpg

c0128628_813166.jpg

c0128628_8132539.jpg

昼食を摂った王が鼻には、岩の隙間にイワキンバイが可憐な花を咲かせていた。
この辺りは、イワキンバイだらけと言ってよい。
c0128628_8143128.jpg

少し時期をずらすと別の植物だらけなのだろうか。
過酷な風雪に耐えて咲くこの花をいとおしいと思った。
王が鼻の岩は、みんな木曾の御嶽山の方向を向いている。
ここから木曾の御嶽山を拝んで、参拝したことにしたという。
そう、ここから木曾まで行くには、たいへんな道の里だからね。
c0128628_815670.jpg

c0128628_816765.jpg

c0128628_19172783.jpg

c0128628_8165442.jpg

私どもがこの地点に到着したときには、木曾の御嶽山が臨めたかどうか・・・
ここから360度の眺望が楽しめるはずだが、この日はかすんでいた。
でも、急峻な斜面と眼下に広がる雄大な景色に、圧倒された。
c0128628_8174256.jpg

c0128628_818654.jpg


by tamayam2 | 2014-07-31 08:12 | たび | Comments(0)

【673】美ヶ原散策(1)

信州に住む友人に誘われて、24日~25日、美ヶ原散策をした。
山本山荘という伝統ある山荘に一泊した。
そこの主人は、創設者、山本俊一さんの遺志を受けついて標高2000mの
この地を訪れる人々をもてなしてくださる。
c0128628_1361149.jpg

驚いたことには、従業員は、ネパールから来た青年たちで、
とても美しい日本語を話す。オーナーのお躾がよいのだろう。
田部井淳子さんとエベレストに登った人や、三浦雄一郎さんの登山を手伝った人など・・・
山のベテランぞろいなのだ。この青年たちがお国に帰って、日本からの登山客の
ガイド役を務めてくれるはずだ。
外国の人がきちんした日本語で応答しているのを見るのはとてもうれしい。
c0128628_1365788.jpg

山小屋の食事にあまり期待はしていなかったのだが、ヴォリュームたっぷりの
洋食だったし、絶景を見ながらの入浴も最高だった。
c0128628_1372061.jpg

美ヶ原を象徴する美しの塔に刻まれた尾崎喜八の詩を友人が読んでくれた。

    登りついて不意にひらけた眼前の風景に
    しばらくは世界の天井が抜けたかと思う。

・・・世界の天井が抜けた・・・まさに、そんな空!

     やがて一歩を踏みこんで岩にまたがりながら、
     この高さにおけるこの広がりの把握になおもくるしむ。
     無制限な、おおどかな、荒っぽくて、新鮮な、
     この風景の情緒はただ身にしみるように本源的で、
     尋常の尺度にはまるで桁が外れている。

・・・桁が外れている・・・空も草原もただただ広いのです!

     秋の雲の砲煙がどんどん上げて、
     空は青と白との眼もさめるだんだら。
     物見石の準平原から和田峠の方へ
     一羽の鷲が流れ矢のように落ちて行った。
     

王が鼻の方へ歩いて行く途中で、マルバダケブキの一群に出あった。
ニッコウキスゲは鹿の大好物で喰い荒らされるが、この大振りな花は、
「鹿も喰わないから、こんなにデカい面して繁茂しているんだよ」と友人が言う。
c0128628_1381017.jpg

確かにこの花は、開花した花はまだしも、蕾は焦げ茶色で、なんだか奇妙な形を
しており、人間の私にもあまり魅力的な花と映らない。
マルバダケブキ【丸葉岳蕗 キク科メタカラコウ属 Ligularia dentate】
c0128628_1391495.jpg

ところが、そこへ、ウラギンヒョウモンが!
この花の上で長い間、吸蜜していたから、この花はチョウには気に入られているらしい。
c0128628_1393960.jpg

高原のいたるところでよく見たハクサンフウロにもモンシロチョウが来ていた。

一年中風が強く、砂礫地のこの地で貴重な植物、シャジクソウを見ることができた。(冒頭の2枚 ピンクの花)

クローバーやレンゲなどの仲間で、葉が車軸のように放射状につくことから命名された。
シャジクソウ【車軸草 マメ科 Trifolium lupinaster】
どの草も花が豆粒のように小さく、背も低く、強風に飛ばされないように
しっかりと岩間にしがみついている。

次回に高原で見た花々をご紹介いたします。

by tamayam2 | 2014-07-30 13:12 | たび | Comments(2)

【645】高瀬渓谷

長野県大町市から東へ行った山中に高瀬ダムがある。
そこへ行くには、手前の七倉ダム、七倉山荘で車を降り、特定タクシーに乗り換える。
ダムまでの道は一般車規制があるためだ。
c0128628_11584740.jpg

紅葉には、少し早いようだったが、信州の秘境と呼ばれる標高1270mのこの場所に、
一度行ってみたいと思っていた。
c0128628_11595545.jpg

タクシーを降りて、長いトンネル、吊り橋を渡り、その奥の濁沢滝という地点まで歩いた。
ここの水力発電で原発一基分ほどの電力賄っているという説明だった。
c0128628_1201418.jpg

ダムの河原で見たオンダテ。イタドリの仲間だ。
白い種をいっぱいつけて、逞しく生い茂っていた。
c0128628_1204370.jpg

ホソバヤマハハコは、高山植物の一種だろうか、砂礫地につつましやかに咲いていた。

下は、上高地で見た紅葉。小団扇カエデと、板屋カエデ
c0128628_121965.jpg

c0128628_16521435.jpg

信州ではどこでも見られるミズナラ。秋の陽に映えて美しかった。
c0128628_1222762.jpg

昔は、コナラ、ミズナラから炭を作った。薪炭が使われなくなったいま、利用価値
がなくなりあまり顧みられない。これらの木の実であるドングリは、昔は食糧源として
大事にされたというのに・・・。
でも、コナラ、ミズナラの樹液を吸う昆虫類がいますよ。
彼らにとっては、依然として大事な命の糧。

国蝶のオオムラサキ、ゴマダラチョウ、キタテハ、カブトムシなどの昆虫たちは、
これらの木々に集まり、人間が知らないところで大宴会をしているのかもしれない。

高瀬渓谷に行く道は11月4日に閉ざされ、ダム関係者以外立ち入れなくなる。

by tamayam2 | 2013-10-26 12:02 | たび | Comments(8)

【644】10月の上高地

以前、上高地に訪れたのは、春や初夏だった。
三連休の三日目(10月14日)、はじめて秋の上高地を訪れた。
c0128628_1139196.jpg

河童橋では、いつもながらたくさんの人が記念撮影をしていた。
私は、橋の横から穂高連山の雄姿を撮影した。親子づれは、河原でお弁当を食べ、
若い人々は、三々五々そぞろ歩きを楽しんでいた。
c0128628_1140103.jpg

紅葉には、まだ早く、やや色づきかけたというところ。もう少したつとカラマツが
燃えるように黄葉するだろう。
c0128628_11403396.jpg

梓川の水がどんどん流れていく。その水のきれいなこと!
水の美しさに圧倒される。
c0128628_11474520.jpg

こちらは、河童橋からビジターセンターへ行く道に架かる小橋から撮った流れ。
藻の緑が美しい。
c0128628_11405835.jpg

河童橋の袂にあるヒロハヘビノボラズという木。
c0128628_11411781.jpg

私が初めて上高地を訪れたとき、ガイドさんが教えてくれた。
トゲがあるから、蛇が登らないんだって・・・そこにいた人がどっと笑った。
西洋では、Berberisベルベリッツと言われ、割にどこにでも見られる低木。
c0128628_11414033.jpg

川べりでよく見かけたズミ、別名小梨の木。枝一杯に赤い実がなっていた。
c0128628_11415866.jpg

ルビーのような赤い実をきれいだなぁ~と思って何枚も撮影した。
花の時期はその香りで存在がわかるが、地味な木だ。
ズミ【酢実 別名小梨 Malus toringo (Sieb.)】

by tamayam2 | 2013-10-24 11:43 | たび | Comments(6)

【643】戸隠森林植物園

戸隠(とがくし)神社というのは、日本書紀にも出て来る古い、古い神社。
杉並木を通って奥社にお参りするだけで、40分ほどかかる。
私は、お参りをパスして、参道の東側に広がる戸隠森林植物園という自然公園
の一部を歩いてみた。紅葉が少し始まっていて、秋の装いを始めた樹木をたくさん
見ることができた。
上信越高原国定公園には、いろいろな歴史の跡をたどる「戸隠古道」と呼ばれる
ハイキングコースもある。春や初夏に、ゆっくり歩いてみたいなぁと思った。
c0128628_20171524.jpg

吊り花(ツリバナ)は、初夏に山野で見られるが、風に揺れて撮影が難しい花の一つ。
これは、5月末、箱根、湿性花園で撮影した。
下は、戸隠で見たツリバナの実。
c0128628_20181237.jpg

ツリバナ【吊花 ニシキギ科 Euonymus pxyphyllus】
マユミに似るが、マユミより果実を覆っている皮が厚く、五裂してそこから、実が
ぶら下がる。
c0128628_20184192.jpg

紅葉がすばらしいニシキギの実は、やや小さめで、焦茶色の苞が見える。
また、枝に翼(よく)というコルク状のものが付いているのが特徴だ。
ニシキギ【錦木 ニシキギ科 Euonymus  alatus】
c0128628_2019917.jpg

この木は、実はきれいだが、葉がハゼの木のようなので、触らない・・・
ハゼウルシは、触るとカブレる恐れがある。
こちらは、森林内で見たツタウルシ、紅葉はすばらしいのだが、触ると危険だ。
c0128628_20193642.jpg

ツタウルシ【蔦漆 ウルシ科 Phus  ambigua  Lavall. Ex Dipp】
三つの小葉がセットになっているこの蔓草の特徴をよく覚えておき、
決して触らないことだ。
c0128628_20195458.jpg

木の根元にあった、ちょっとおいしそうなキノコ
これも、知らない場合は見るだけ。
c0128628_2020950.jpg

葉がすっかり枯れてしまっているのに、名残りの花が美しいナデシコ
植物を見ながら歩いていると興味がつきないが、秋の日はつるべ落とし、
あっという間に暮れかかる。
広大な自然公園の出口を目指して、歩を早めた。

by tamayam2 | 2013-10-20 20:20 | たび | Comments(18)