タグ:ヨーロッパの旅 ( 39 ) タグの人気記事

サグラダ・ファミリアで外尾さんに会った

バルセロナで、有名なサグダラ・ファミリア贖罪教会
訪れました。6年前にも訪ねたことがあり、その時より
工事がやや進んでいるように見えましたが、相変わらず、
教会を撮るのにクレーンを撮らずに写すことは難しい
のです。
c0128628_1544675.jpg

    過去ログ:2006年10月 バルセロナにて

c0128628_15444711.jpg

今回、とてもラッキーだったのは、この教会の彫刻を
担当しておられる日本人の彫刻家、外尾悦郎氏
お目にかかり、案内していただいたことです。下の赤いジャケットの方が外尾さん。
c0128628_15452390.jpg

3月19日、NHKハイヴィジョン特集で、
「いつでもスタンバイ」という番組で放映されたばかり
ですので、ご覧になった方がおられるかもしれません。
c0128628_15455920.jpg

この途方もない建築を志し、志半ばで世を去った
アントニオ・ガウディ(1852-1926)は、質素な生活をし、
信仰に生きた人であったと伝えられています。
c0128628_15462247.jpg

外尾さんのお顔を一目見たときに、あっ、この人は、
何か違う! 何か強い意志を持った人だ!という
印象を受けました。

一つ、一つの説明が力強いメッセージでした。
海外に33年間住み、ガウディに心酔して、ノミを振って
石を刻んでいる人の言葉は、無駄がなく心打つものでした。
仕事仲間のスペイン人から絶大な尊敬を得ているようでした。
c0128628_1547510.jpg

別れる前に、我々のグループと記念撮影に収まってくださった
のですが、「皆さん、僕が アントーニオ! と叫びますから、
皆さんは、ガウディ! と答えてください!」
とおっしゃいました。

写真のなかに写っていた人は、間違いなくみないい顔でした。
その後、我々の旅では、バルセロナとを去った後も、
アントーニオ! ガウディ!が飛び交ったことは
言うまでもありません。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-22 15:49 | たび | Comments(15)

透明人間

10日間にわたる旅行から帰ってきました。
c0128628_9584047.jpg

留守中たまった用事があって、まだ写真の整理ができて
いません。今回は、スペインのバルセロナ近辺、バスク地方、
最後は、首都マドリッド周辺を回りました。
スペインは、朝夕は、4,5度で寒く、日中は、14,5度、
日差しが強く半そででもよいほどの暖かさ。温度差が10度
もありますと、上着を着たり脱いだり、忙しかったです。
c0128628_9565362.jpg

ちょうど、アーモンドの薄ピンクの花があちこちで咲いて
いました。桜や梅は無いようで、アーモンド、アンズ、
スモモなどの木が多いようです。アーモンドで作ったお菓子も
たくさん売られていました。
c0128628_958462.jpg

植物を見て歩きたいところですが、団体旅行でしたので、
なかなか思うようにまいりません。
c0128628_9572692.jpg

この写真は、マドリッド市内で。
ソフィア王妃芸術センターというところへピカソの
「ゲルニカ」という大作を見に行ったときのこと。
路上の椅子に、透明人間が座っていました!

私もしばらく透明人間を決め込んで、片付け仕事を
しようと思います。

[PR]
by tamayam2 | 2012-03-17 10:00 | たび | Comments(28)

ヨナグニサンとは

今日は、横浜のほうへ出かける予定でしたが、台風15号のため
会合そのものが中止になりました。今、午後5時近くですが、
いよいよ首都圏に上陸すると報道が伝えています。
通勤・通学の方の帰宅の足は、大丈夫でしょうか。
被害がないことをお祈りしています。

さて、旅行の写真の整理をしていて、ちょっと面白いものを
見つけました。
c0128628_1853791.jpg

この蛾は、世界最大の蛾といわれるヨナグニサンです。
ヨナグニサン【与那国蚕 ヤママユガ科 
       Attacus atlas ryukyuensis(琉球)】

これを見たのは、スイス、ベルン植物園の熱帯館で。
偽物かと思いましたが、動いていましたから、生きています。
17、8cmぐらいあったでしょうか。


c0128628_1882751.jpg

そのすぐわきのガラスケースには、擬態で有名なコノハムシが。
コノハムシ【木の葉虫 コノハムシ科 
            Phyllinum pulchrifolium】
これは、やはり擬態が上手なナナフシの親戚です。

Tamayam2がにっこりほほ笑んだのは、言うまでもありません。
こんなところで、琉球原産の蛾に会えるとはねぇ(笑)

この植物園に訪れる人は、せいぜい日光浴の人か、
ご近所の人の散歩か、すぐ下のアーレ川で水浴びする若者ぐらいの
ものです。温室に入ってしっかり植物を見ている人はほとんど
いませんでしたよ。
c0128628_189093.jpg

この植物園の東洋の植物相を示している箇所には、日本では、
すでに希少価値となっているキレンゲショウマがありました。
少し時期が過ぎているようですが・・・。
キレンゲショウマ【黄蓮華升麻 ユキノシタ科 
         Kirengeshoma palmata】
学名にも日本語が使われています。
c0128628_18144675.jpg
四国・石鎚山で
採取した標本で、
矢田部
良吉博士が
命名したと
言われています。






ヨーロッパで、japonocaに出会えてうれしかったです。
この名札にはHydrangeacae(アジサイ科)と書いてありますが、
ユキノシタ科は、新しい分類法ではアジサイ科になるよう
です。
c0128628_18101442.jpg

この花は、ヨーロッパで人気があるらしく、
タリン大学植物園でも見ました。
日のカンカン当たる砂礫地に植えてあって、普通なら下向きに
咲き、花の内部を見ることが難しいのですが、この株は直立して
いましたので、花のお顔を撮ることができました。

日本では、剣山のキレンゲショウマが有名で、宮尾登美子さんの
『天涯の花』に書かれてから、一層人気が出たということです。
絶滅危惧種Ⅱの高山植物です。
c0128628_1811660.jpg

ベルンの市街図を見ていましたら、植物園が駅から徒歩で行ける
範囲にあることがわかりました。駅から北のほうへ歩き、アーレ川に
かかる橋の向こうにあるのかと思っていましたら、植物園の入口は
なんと長い橋の中ほどにありました。階段で下に下がっていくと、
左岸に到着し、そこが植物園でした。うらやましいほど豊かな
ロケーション!


c0128628_18113492.jpg

植物園の入口には、鹿の彫刻が! 

予算が削られて、存亡の危機にあったところ、市民の支持を得て
やっと生き残っている、とスイス在住の友人が言っておりました。
入場料をとればよいのに、無料でした。

東京も、日本を代表するような植物園が無く、外国人を案内する
とき困ります。東京小石川の植物園の温室が公開されていて、 
もう少し管理が行き届いておれば・・・と思います。
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-21 18:18 | たび | Comments(18)

ラトヴィアの首都、リガ

私の夏の旅行、エストニアで中断してしまったので、
最後の訪問国、ラトヴィア、リガの写真をUpして締めくくりにします。

今回の会議の開催地は、エストニア国タリン。
この町がSkypeの発祥の地であることを行くまでまったく
知りませんでした。タリン街中でWi-Fiが無料で利用でき、
パソコンを開けば、どこでもインターネットにつながるIT先進国
だったのです。
(全然、知らなくて、悪かった・・・ゴメンナサイ。)
会議の後で、一泊の旅行があり、Rigaに行くと書いてあったので、
申し込んでおきました。Rigaとは、隣国ラトヴィアの首都で、
バルト三国の中でも中心的な町だと現地に行って知りました。
(全然、知らなくて、悪かった・・・ゴメンナサイ。)
エストニアは言語的には、北側のフィンランドと同種の言葉、
しかるに、ラトヴィアは、南のリトアニアと同じくバルト語族。
タリンからバスでたった5時間しか離れていないのに、言語が
全く異なります。通貨は、Latsに変わります。
国境をバスで通過しましたが、パスポート・チェックなどは
一切ありませんでした。言語と通貨が変わっただけです。

バルト三国に共通していることと言えば、13世紀にドイツの各都市
と同じようにハンザ同盟都市であったこと。歴史的にスウェーデン、
ロシア、ポーランド、ドイツに支配され、20世紀、特にナチスの時代
には、ユダヤ系の人々がたくさん犠牲になった点です。

c0128628_14501586.jpg

ロシア時代を思わせる巨大な建築物やモニュメントもありますが、
19世紀末に起こった装飾的な芸術様式、Jugendstil(ユーゲント
シュティル日本では、アール・ヌーボー様式) の建築物も
たくさん見ることができます。
大国のいろいろな思惑に翻弄された歴史が、建物の様式
にも垣間見ることができます。
c0128628_1444921.jpg

市庁舎広場の横には、占領時代の博物館があり、その壁には、
各国語でナチスの悲劇についてのパネルが提示されていました。


c0128628_14454366.jpg

この会館の前に建つのは、自由ハンザ都市の守護神、
ローラント像。

この建物は、ハンザ同盟時代の商人の会館。ファサードに、
ドイツ北のハンザ都市、ハンブルグ、リューベック、ブレーメン
の紋章とともに、リガの紋章も見える。

これと同じ像が、ドイツ、ブレーメンの広場にも建っている。

その像の傍らでフルートを吹く少女がいたので、ご喜捨。
c0128628_14471876.jpg

市庁舎前広場のベンチでくつろぐ人々。
c0128628_14474617.jpg

この建物の屋根には、ネコの像が見えますね。

ハンザ同盟に入れてもらえなかったラトヴィア商人が、嫌がらせに
同盟の会館にネコの尻を向けて造ったという代物です。
c0128628_1448306.jpg

その建物の様式もややアールヌーボー風です。
c0128628_1449187.jpg

スウェーデン門と呼ばれる中世の門。
c0128628_14493843.jpg

三兄弟と呼ばれる、時代の異なった3つの建物。中央の建物の壁
の文字は、1646年と読める。関ヶ原の時代ですね。
c0128628_14503648.jpg

私は友人たちと市庁舎界隈に立つクラフト・マーケットを
覗いていて歩きました。暑い日なのに、売っているものは、
ニットのもの、ウールのもの、冬用の衣料が多かったので、
あまり食指が動かなかったけれども、手の込んだ手芸品を
支えているこの国の女性のたくましさを感じました。男どもは、
戦いに明け暮れていたのでしょう。
c0128628_14511075.jpg

売り子さんたちが、気軽にモデルになって、セーターやストールを
売っています。色使いも、形もシンプルで、魅力的でした。
エストニアでもラトヴィアでも、麻製のリネン製品がよく売られて
いました。色は未晒しの薄茶色、テーブルクロスや、センター・ピース
など。地味だが味わいのある麻の風合いがとても美しく思えました。
c0128628_14513187.jpg

若い女性の笑顔はどこでも素晴らしい被写体です!
(そのためには、多少散財せねばね。(^_-)-☆)
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-19 14:58 | たび | Comments(8)

ヨーロッパアカタテハ

関西で見たチョウのことを書いたついでに、先月旅行した
ヨーロッパで見たチョウについて書いておきましょう。

スイスで、たくさんの、チョウが好みそうな植物を見たの
ですが、チョウ自体を見ることがありませんでした。
c0128628_22363191.jpg

イラクサ、スイバ、ミント、キク科の植物、ブッドレアなど
こんなに豊かなチョウの食草があるのに、わずかシロチョウ
仲間を数度見ただけでした。この花は、マツムシ草の仲間。


エストニアのタリンで、タリン郊外にある植物園に出かけました。
立派な温室があり、広大な敷地に、たくさんの種類の樹木がうまく
分類され植栽されていました。

そこでも、チョウを見かけることがなく、
やはり、北ヨーロッパでは、チョウ類は生存しにくいのだろう
と考えました。

と、その時、ミントなど、有用植物の花壇で何かがひらひらと、
舞っているのが見えました。

おや、チョウかな?
眼をこらしても、なかなか姿が捉えられません。
c0128628_2238426.jpg

裏翅が非常に地味でミントの枯れ葉の中に紛れています。
c0128628_2239653.jpg

しばらく見ていると翅を半開きにしました。青い紋が光りました。
ヨーロッパアカタテハです。
c0128628_22393315.jpg

ヨーロッパアカタテハ【タテハチョウ科 Vanessa atalanta】
c0128628_22402312.jpg

他の場所で、ムラサキバレンギクの花群れの中で、同じ種類の
チョウを見ました。
c0128628_22405474.jpg

これが、私が北ヨーロッパで見たチョウのすべてです。
c0128628_22424942.jpg

私を幸せな気持ちにしてくれた、タリン大学植物園。

やはり、チョウが活躍しやすいのは、東南アジア、南米、アフリカ大陸・・・
熱帯、亜熱帯の地域なのですね。そういう意味から言うと、日本は、
最近は、亜熱帯に近い自然環境がそろってきましたので、チョウの
生育には適しているのでしょう。

日本には、熱帯アジアほどではありませんが、夏には何十という種類
のチョウがどこかで見ることができるのですから。

蚊やハエもいますが、チョウが見られる国は、やっぱりいいなぁと
再認識したのです。(*^。^*)
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-17 22:47 | たび | Comments(6)

タリンの旧市街にて

タリンの旧市街の歴史的建造物は、世界遺産になっている。
会議の合間に、ざっとと覗いただけなので、ウィンドー
ショッピングした個性的な店の様子をご報告しましょう。
c0128628_23433237.jpg

会議が終わった後で、なつかしい友人たちと食事した居酒屋。
広場の途中にある店の名がPepper Sack(胡椒の麻袋)。
かつてハンザ同盟の商業都市であったタリンには、胡椒を
商う商館があったのだろう。中央のファサードから、胡椒の
入った麻袋が吊り下がっている。現在は、居酒屋兼レストラン
として使われているというわけ。食事をして、ワインを飲んで、
4000円ぐらいだった。


c0128628_23453310.jpg
そのすぐ近くに
あるブラック
ヘッドの会館

これも一種の
ギルド・
ハウス


今は
コンサート・
ホールとして
使われている
ということだ。




c0128628_23464877.jpg

旧市街を囲んでいる城壁の庇の下には、こうした編み込みのセーター
や、靴下、手袋を売る屋台が並んでいた。タリンに滞在していた
5日間は大変暑かったので、セーターを見るのも暑苦しく、
買わなかったが、とても手の込んだ作品が多かった。



c0128628_23472082.jpg
c0128628_2348272.jpg
タリンのお土産物屋さんの主流は、アンバー(琥珀)で作った
装飾品を売る店。琥珀は、バルティック海沿岸でよく採れると
言われている。松脂の一種。


















上の人形の左の帆船や右奥の樹木の葉も琥珀で作られている。

宝石ではないが、希少価値があるものなので、お値段も宝石並み。
c0128628_23554721.jpg

私は、昔はあまり関心がなかったが、ある程度の年代になると、
その味わいの魅力がわかってくる。
店の前に座っているのは毛糸で作った人形。
この店もバルト海の琥珀の装飾品を売っている。
c0128628_2349198.jpg

こちらは、ロシアのマトリョーシカ人形。東側をロシアと接して
いるエストニアは、長い間ロシアに支配されていた。
容れ子になっているこの人形は、全部で8個。
開けても開けても人形が出てくる不思議さに、どの子どもも
一度は夢中になることだろう。
ウィンドー越しに撮影したので、少し霞がかかっている。
c0128628_23492341.jpg

こちらは、民族衣装を着た若い女性。屋台で、ナッツ類を
売っていた。
c0128628_23494423.jpg

石畳の路地を右へ左へと歩いていくと、丘の上の教会にたどりつく。
途中で見た建物の中庭。大きな木の木陰にスチール製の
テーブルと椅子がおいてあった。足が疲れたし、暑かったので、
ちょっと腰を下ろして、一休みしたいなぁと思って眺めた。


c0128628_23502358.jpg


旧市街の路地を歩いていると、いろいろなものの影が壁に
面白い幾何学模様を作っているのに気づく。
中世にタイムスリップして幻想的な思いにとらわれる瞬間・・・
こういうときを過ごせるのが旅の一番の醍醐味でしょう。
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-08 00:02 | たび | Comments(9)

ヘルシンキからタリンへ

今回の旅の目的地は、スイスではなく、エストニアのタリン
いう町。エストニアは、バルト三国の一つだが、私にとって
あまり馴染みがない。EUに加盟したのが2004年、今年1月から
通貨がユーロになったばかりだ。
c0128628_0152254.jpg

同じ会議に出席するスイスの友人と一緒に出掛けたいので、
航路をあれこれ考えた。私が使ったスイス航空は、直接タリンに
飛んでいないため、チューリッヒからフィンランドのヘルシンキに
飛び、そこから船でタリンに行くのはどうだろうということに
なった。地図を見ると、ヘルシンキ-タリン間は非常に近い。
c0128628_0161319.jpg

ヘルシンキの港の近くに宿をとって、翌朝、小さい高速艇でタリンに
向かう。タリンの下町まで2時間足らずだ。EU圏内ということで、
パスポートなどのチェックは一切なし。会議の登録は、正午から
だったのだが、ヘルシンキを朝8時に発って、12時前には、
会場に余裕で到着することができた。
(ほっほ、何でも一番乗りは、気持ちいい~。)
ヘルシンキの町を歩いたのは、夕方から夜にかけてだったので、
店には入らなかったが、ショーウィンドーのディザインが、
さっすが北欧のテイスト! 色といい、シンプルな形といい、
コンセプトが明瞭で、品がよい。もし、昼間に到着していたら、
ちょっと誘惑に駆られていたかもしれない。ムーミンという漫画
のキャラクターを生んだ国であったことを・・・ショーウィンドーを
見て知った。


c0128628_0173178.jpg
















タリンに滞在中、土曜日が暇だったので、
友人が魚市場の朝市に出かけたいと言う。
私も興味があったので、タクシーを駆って
波止場に行ってみたら、10 時から始まると言う。
c0128628_112745.jpg

えっ!? 魚の鮮度が落ちちゃうじゃないの??
c0128628_162137.jpg

(あとから知ったことだが、魚市場で売られているものは、
ほとんどが干物や燻製品なので、10時でも構わないのだった。)

時間をつぶすため、運転手さんに頼んで、一般庶民の行く市場に
連れて行ってもらった。野菜、ハム、チーズなど、とても
新鮮でおいしそうだったが、写真撮影は断られた。
c0128628_019520.jpg

これは、常設のガラクタ市で撮った中古のおもちゃや人形。

ロシア時代のもの、スェーデンに支配されていたころの
もの、ドイツ時代のもの・・・それぞれの時代の子供にとって
宝物であったろう人形たちがショーウィンドーいっぱいに
並んでいた。
c0128628_0193315.jpg




c0128628_020354.jpg
タリンの旧市街は、
ベルンと同様、
町全体が
ユネスコの
文化遺産に
なっている。




すべて歩いて行ける範囲にある旧市街を囲んでいるのは
城壁と見張りの塔。
c0128628_0215767.jpg

城外の公園では、朝日を浴びて、散歩する人たちの平和な姿
が見られた。
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-07 00:25 | たび | Comments(11)

ユングフラウと ベルン街歩き(スイス2)

友人宅に滞在中の日曜日(8月21日)、友人のご主人が
ドライヴに誘ってくださった。せっかくの日曜日なのに
悪いなぁと思ったが、さっそくサンドイッチを作り、ミネラル
ウォーターを車に積み込んだ。
行先は、トゥーン湖(Thunersee)
約2時間ほど南下したところで、エメラルド色の湖が見えた。
きれいなホテルや別荘地を抜け、車はどんどん高いところ
まで登っていく。そこから見た山々の景色は、はっと息をのむ
ほど美しい。
c0128628_22271334.jpg

パラグライダーの人がふわり、ふわりと宙に浮いていて、
ときどき、私に向かって手を振ってくれる。
ヤッホ~!
c0128628_22273836.jpg

左から、アイガー(3970m)、メンヒ(4099m)、ユングフラウ(4158m)
映画で見たことがあるアイガーの氷壁。
高山を目の前にすると人はみな声を失う。
c0128628_2228211.jpg

コーヒーハウスの庇に、カウベル(牛の首に着ける鈴)が
すらっと並んでいた。

別の日、私は、首都ベルン(Bern)に出かけた。その日もバカに暑い日
だった。駅前の木陰のベンチで憩う人々は、ショートパンツ、
袖なしだ。
(私ときたら、半そでは2枚だけしか持っていかなかった。アチャ!)
c0128628_22291761.jpg

私は、駅から町はずれまで、テクテク歩いたのだが、途中で
何度か汗をぬぐった。


c0128628_22324112.jpg
この町には、2006年晩秋にも訪れたことがある。
そのときは、オーヴァーを着て首をすぼめて歩いた。
c0128628_22305980.jpg

ベルンの町は、町全体がユネスコの世界遺産に登録されている。
道の辻々に噴水があり、そこに精巧な彫刻を施した塔が立っている。
それぞれに何かストーリーがあるらしいのだが・・・
c0128628_22313265.jpg

こちらの噴水は、装飾的ではなくて、昔なら、馬に水を
飲ませたり、旅人の手足を洗うための実用的なもののようだ。
現在も冷たい水がこんこんと湧き出ていた。井戸端にいる
若者はアメリカからの旅行客。


c0128628_22331828.jpg
ベルンの町の特徴的なものは、
Laubenと呼ばれる長い廊下。
廊下と言おうか、
アーケードと言おうか、
その脇に個性的な
店が並んでいる。
雨や雪の日でも
傘をささずに
買い物ができる。





c0128628_22341476.jpg
町のはずれに、
ゴシック式の
大聖堂があった。
その前に
立っていた
噴水塔の彫刻は、
十戒を示している
モーゼの像。











さらにドン突きまで行って橋を渡るとベルンのマスコット、
熊のいる熊公園がある。この日は、暑いので、熊さんは、
みな穴に引っ込んでいた。


c0128628_2235087.jpg

橋付近から
見下ろした路地
と家並み。



町の端から端まで歩いたって、約一時間。こじんまりした
風格のある町だ。帰りは、トラムに乗って10分。
あっという間に駅に戻った。
[PR]
by tamayam2 | 2011-09-04 22:40 | たび | Comments(12)

旅のスタートは、スイスから(スイス1)

先月半ばから、しばらくBlogをお休みしました。
たくさんのコメントをいただきながらお返事せず、
すみませんでした。

私の旅は、8月18日、スイス、 チューリッヒから始まりました。
スイス鉄道で検索しますと、日本語・英語のHPがあり、時刻表
を調べたり切符を購入することもできます。私は、Burgdorfという
町から支線で入るHasle-Ruegsawという小さな村に住む友人宅
に4,5日泊めてもらいました。スイス全国から言うと、ちょうど
中央部にあたります。首都ベルンまで30分ほど。
c0128628_20303280.jpg

ベルンのマスコットは熊で、ベルン州の旗にもたくましい熊の姿が
翻っています。中央がスイスの国旗、左がベルン州の旗。
こういう旗を個人のお宅でも掲揚している家が多かったです。
c0128628_20312860.jpg

スイスはヨーロッパでは、通貨も違いますし、EUのコミュニティ
とは一線を画しています。質実剛健、自立して誇り高い人々
です。


c0128628_2032594.jpg
町の中には小川が流れ、子供たちや犬が涼を求めて
水遊びをしていました。高い樹は、ナナカマドです。
c0128628_20331523.jpg

上の家は、暑いので、窓を開け放していますね。夜8時ごろです。
小川は、アルプスの雪解けの水。近くのエンメ川に注ぎ、
南部のエメンタール地方を潤します。エメンタールは、有名
な穴ぼこだらけのチーズの産地です。下は、リンゴの実。
c0128628_20382597.jpg

実は、スイスは案に反して。大変暑かったんです。
30度以上だったでしょう、クーラーなど無い住宅設計ですから、
スイスの人たちも暑い、暑いと言っていました。

あなたが日本から熱風を運んできたんじゃないの?

と言われると、そうかもしれません。私が来る前は、秋を思わせる
ひんやりとした気候だったのだそうです。

 (濡れ衣だぁ~)

八月の半ばから、すでに学校も始まっていました。
Hasle-Ruegsawという地名は、ハシバミと関連があるようです。
至るところでハシバミの木が見られました。
c0128628_20345132.jpg

スイスは公用語が独、仏、伊ですが、この辺りは、ドイツ語圏
です。ときどきフランス語も混じっています。英語は
どこでもよく通じました。
c0128628_20353775.jpg

私は、鉄道でベルンやジュネーブに出かけました。
鉄道のシステムはドイツと変わらず
楽しむことができました。時間に正確な点は、あきれるぐらい!
出発の時刻になれば、アナウンスも何もなく、すぅ~と
出発します。さすがに、時計の国です。一方で、こうした日時計も
村の生活に立派に機能しているのでした。今は、2時5分ごろです。
c0128628_20375746.jpg

[PR]
by tamayam2 | 2011-09-03 20:42 | たび | Comments(10)