タグ:たび ( 102 ) タグの人気記事

【693】2014年 夏至のころ

東京地方では、昨日集中豪雨に見舞われたり、ヒョウが激しく降った
ところもあり、一日中不安定な空模様でした。
みな様のところは、いかがでしょうか。
サッカーは、日本、惜しくも破れました・・・残念です(涙)
c0128628_1350110.jpg

暦の上では夏至が過ぎたあたり、これから冬至に向かって、昼の長さが少しずつ
短くなっていくわけです。
いろいろな所で虫を見たのですが、名前がよくわかりません。
今年、2月に出かけたグアテマラで。
c0128628_13493810.jpg

c0128628_1351197.jpg

グアテマラでは、数か所でマリンバの演奏を聴きました。
このように、街の中で、レストランで、2枚目はコーヒー園で、
観光客へのサービスなのでしょうか、演奏をしてくれました。
木製の手作りらしい楽器。
日本で見知っているマリンバは、金属製のものですが・・・
軽快で朗らかな響きでした。
c0128628_13515733.jpg

こちらは、6月初旬、同窓会で出かけた秋田県・乳頭温泉のブナ林で。
この虫は、テントウムシダマシの一種なのだろうか。
イタドリの葉をぼろぼろにしていました。よほどこの植物が好きなの
でしょう。

追記: Blog友のsmallcreatureさんから教えていただきました。
     な、なんと、その名はズバリ、イタドリハムシだそうです。
イタドリの葉を盛大に食べていた…という観察どおりの名でした。
smallcreatureさん、ありがとうございました!
イタドリハムシ【ハムシ科 Gallerucida bifasciata】
c0128628_13523393.jpg

ブナの林の中には、落ちた種から次々と新しい芽が出ていました。
ブナの赤ちゃんです。
c0128628_13524923.jpg

フカフカの林床の上を保護色なのでしょうか、茶色のカエルがビョンピョンと
飛んできました。この辺りには、モリアオガエルが生息している地域ですが・・・。

まだ、森の入口には冬に降った残雪がうず高く積まれていました。
森は、少しずつ春から夏へと準備が整い、急ぎ足で夏に向かうようです。

[PR]
by tamayam2 | 2014-06-25 13:53 | 日々のできごと | Comments(13)

【688】多肉植物の造形美

世に多肉植物の愛好者は多いらしく、ウェブサイトで検索するとたくさんの
種類があって目がまわりそう。
そのどれもが、多肉だから、ぷくっと膨れていて、触ってみたい気がする。
色も緑とは限らず、多彩なのだ。
c0128628_7172259.jpg

私もいくつか持っているが、世話らしい世話もしてやらないのに、繁殖力が旺盛で、
ふと気づくと、子が生まれ、一族をなしている。多産系なのだ。
2月に訪れた中米・グァテマラ、パナハッチェルのホテルの庭では、たくさんの
多肉植物を見た。
c0128628_7165049.jpg

これは、センターの花壇。中央が糸杉で、小石のよう見えるものは、全て多肉植物。
名前がわからないので、記さないが、この世界に首をつっこんだら、大変そう・・・
という恐れがまずある。園芸種、ランの仲間・・・などには近づかないようにしている。
c0128628_7174658.jpg

庭にあちこちに部分植えの鉢が配置してあった。
薔薇の花びらのようなもの、ネギのように垂直に伸びるもの、苔のように地に這うもの・・・
c0128628_718871.jpg

形も色も面白い。それぞれが個性的でおもしろい。どのように配置するかは、
園芸家の腕の見せ所なのだろう。
c0128628_7183691.jpg

こちらは多肉植物と言うのか、サボテンの仲間なのか、紐か鎖のように、
どんどん下に垂れ下がっていくタイプのようだ。
これは、ローマで数年前に撮ったもの。
アパートの小さな出窓もこんな植物で飾るとおもしろい。
c0128628_7192148.jpg

上は、パナハッチェルのホテルの客室の窓辺。
サボテン類なら、あまり水やりをしないほうがよいのだろうなぁ。
こんな吊り鉢に紐のように長く垂れ下がっていく植物を見るのは、
なんだか爬虫類かなにかの生き物のようで、ユーモラスで面白い。

[PR]
by tamayam2 | 2014-06-05 07:19 | 日々のできごと | Comments(6)

【672】グアテマラで見たオオカバマダラ

【666】~【671】までグアテマラの話が続いております。そろそろこの辺で
止めようと思っておりますけど、あと一つ、オオカバマダラ(蝶)の話をお許しください。
関心のある人には有名な話ですが、初めて知る方もおられるでしょう。
c0128628_19482320.jpg

オオカバマダラは、英語でMonarch、皇帝というような意味ですが、カナダ、アメリカで
どこででも見られる普通のタテハチョウ科のチョウです。
このチョウは、渡り鳥のように「渡りをするチョウ」として有名で、先週、BS-TBSでも
「The 世界遺産」と言う番組で紹介していました。
c0128628_19362670.jpg

このチョウが集団で越冬するメキシコ、ミチョアカン州の生物圏保護区が
2008年に、世界遺産に登録されたということです。
保護区でチョウが木に鈴なりになって体を休めている驚くべき写真をごらんください。
(インターネットから)
オオカバマダラ【大樺斑 タテハチョウ科 Danaus plexippus】

私が2月に出かけたグアテマラは、メキシコのすぐ南に位置する国ですが、
わりにふつうにオオカバマダラを見ることができました。

メキシコで、死者の日、11月1日ごろ、ちょうどこのころ、
チョウの大群がはるばる3000Kmの道のりを、偏西風をうまく利用して
アメリカ・カナダの国境近くから渡ってくるのそうです。その数、10億頭!
そこで越冬し、3月には、また北へ戻っていくのです。
北行きは、4世代にわたって、南行きは一気に一世代で渡り切るそうです。
c0128628_19485061.jpg

あの小さい蝶の体にどうしてそんなエネルギーがあるのでしょう!?
チョウが摂取するのは、トウワタという植物の白い樹液(それは毒素も含んでおり、
その毒素を体に蓄え、鳥から捕食されないようにする)と、もう一つは、
メキシコの保護地区一帯に湧き出る水のミネラル成分だそうです。
c0128628_19493571.jpg

チョウは、なぜかわからないのですが、非常に偏食で、オオカバマダラの幼虫は、
トウワタしか食べません。成虫はトウワタの群生のあるところで卵を産み付けます。
トウワタがなくなれば、幼虫が育たないからです。

 付記)いろいろな間違いをご親切な「通行人」の方に教えていただき訂正を
     加えました。感謝いたします。4月26日記

c0128628_1950021.jpg

チョウの保護区のあるメキシコ、テオティワカン遺跡の近くですが、マヤ族は、
独特の生死観をもっており、死は命の終わりではなく、命は形を変えて永遠に繰り
返される営みと信じているそうです。
現在そこに住んでいるメキシコの人たちも、遠い国からやってくるオオカバマダラの
大群を死者の生まれ変わりと信じ、大切に扱っているということです。

日本では、自然界であまりオオカバマダラトウワタを見ることがありませんが、最近
このチョウは、トウワタを求めて、カナリア諸島、地中海地方にまで、遠征をしている
そうです。
トウワタ【唐綿 キョウチクトウ科 Asclepias curassavica】

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-17 19:33 | たび | Comments(8)

【670】羽が透きとおったチョウをみた

中米を旅行するとあって、一番楽しみにしていたのは、チョウを見ること。
2月は乾期なので、モルフォチョウなどは、見られないと聞いていたが、
日本で見ることができない珍しい蝶が見られたら・・・と期待していた。
c0128628_8225559.jpg

パナハッチェル、Atitlan湖のほとり、ホテルから歩いて行けるところに、
チョウの保護区があることを知って、ぜひ訪ねてみたいと旅程に入れた。
いました、いました。羽が透きとおったチョウがいました。
c0128628_9154188.jpg

私が見たのは、1頭だけ。3枚とも同じ個体です。
c0128628_916876.jpg

c0128628_9163553.jpg

Greta morgane oto【タテハチョウ科スカシマダラ属】
         英語 Darkend rusty clear wing
c0128628_9171449.jpg

もう一つは、
ツマアカシロオビタテハ【タテハチョウ科 Siproeta epaphus】
            英語 Rusty tipped page
c0128628_9174320.jpg

c0128628_9181662.jpg

c0128628_9184653.jpg

外側は、茶色、内側は、オレンジと黒の華やかなチョウです。こちらはたくさん
見ました。

その他にもレストランの菜園や、道端でいろいろなチョウを見ました。
次回にまとめてご報告いたしましょう。

中米はチョウ好きには、たまらない場所だ、ということを深く、深く納得する
旅となりました。しかし、中米は、あくまで遠く、あの太平洋を渡らないと
行くことができないのでした。
地球の反対側ですものね。(嗚呼)

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-08 09:19 | たび | Comments(20)

【669】大木を見るのは愉快

人生の愉しみの中にはいろいろあるだろうが、大木を見る、というのも
その一つであると思う。
私は、大木を見ると理由もなくうれしくなってしまう。
c0128628_13425636.jpg

グアテマラ旅行で、アンティグア(Antigua)という昔のスペイン時代の古都を訪ねた。
旧友三人でおしゃべりをしながら、町の見どころを巡ったり、ショッピングを楽しんだ。
石畳の道は、昔は、馬車が通ったのであろう、観光客や露天商も大勢出てにぎわっていた。
この町全体がユネスコの世界遺産になっている。

グアテマラ在住のKさんが、その町で一番大きいホテルを案内してくださった。
元修道院であったというCasa Santo Domingo の回廊、パティオ、礼拝堂のある敷地内
には南国の植物がうまく配置され、夢見心地の楽しい時が過ぎていった。
c0128628_13433058.jpg

アンティグアのメルカド付近の歩道に映る三人の影。
左がKさん、右が日本から同行したNさん、中央が私です。
c0128628_1344122.jpg

ホテルの中庭で、すくっと立っている大木を見かけたときには、体が震えた。
セイバ(Ceiba)というグアテマラの国樹であるという。
セイバ【アオイ科セイバ属 Ceiba pentandra】
ブラジル南部原産 英語ではwhite silk cotton tree (Kapok)とも言われる。
c0128628_13444530.jpg

実は、この種の木をつい最近見た記憶があった。
2013年12月に沖縄を訪ねたとき見たトックリキワタの学名がCeiba speciosa
アオイ科セイバ属カポックだった。沖縄のトックリキワタは、グアテマラのセイバの親戚
と言えるだろう。この木をよく観察すると幹に鋭いトゲがある。その点でも共通している。

過去ログ:2013年12月 【657】ポインセチア、その後 はここ
c0128628_13452381.jpg

旅行の終わりに訪ねたマヤ族のTikal遺跡でも、この大木を見て心が躍った。まずは全景、次に根元。
根元に、アメリカ人の観光客が立っていますね。その巨大さをご想像ください。
c0128628_1346360.jpg
c0128628_1345488.jpg

ティカル遺跡のある密林は、石灰岩の土壌で、植物が育つための土壌の層が浅い
のだそうだ。そのため、樹木は体を支えきれず、板根(ばんこん)が発達する。
私もいままでこんな巨大な板根を見たことがなく、びっくりした。
c0128628_134632100.jpg

その他に、Tikalの密林で見た樹木は、チューインガムの原料のチクルが採れる
アカテツ科サポジラ属の大木、オールスパイスが採れるフトモモ科
オールスパイス(Allspice)の巨木など。

巨木好きには、こたえられない経験だった。
Tikal遺跡も、ユネスコの世界遺産に指定されている。

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-07 13:48 | たび | Comments(6)

【667】手織物の国、グアテマラ

女性ならだれしも、美しい織物を身にまとってみたいと思う。
グアテマラの女性たちは、自分の着物を簡単な機織機で織るばかりでなく、
家族の着物も手作りする。写真で見てわかる通り、男性や子供は、現代風の
シャツやズボンを身につけている人が多い。お祭りのようなときには、民族衣装
を着用するそうだ。
c0128628_15311051.jpg

日本のように少子化の国ではないので、至るところに子供がいる。
特に子供をおんぶしたり、幼児の手を引いている女性が多い。
c0128628_152929.jpg

一人の女性が何人の子供を産むのだろうか。
おんぶするときには、風呂敷のような布を使う。

いろいろな品物を運ぶときにも大きな布を使う。頭にものを載せて運ぶ人もいる。
その布がまた、手織りで、凝っているディザインのものもある。
c0128628_15314517.jpg

この毛布のような大き目の布は、赤ん坊のおぶい布にも、荷物を運搬する風呂敷にも
使われる。多目的なのだ。
首都から2時間ほど行ったところにあるチチカステナンゴという町の市に行った。
近隣の村々から物売りが出ている。買い物客の中には、われわれのような観光客も
大勢いる。観光客は、主に北アメリカからのカナダ人、アメリカ人が多かった。
c0128628_15293385.jpg

シチメンチョウを抱えているおじさん。
このシチメンチョウは、ペットではありません。今夜はローストになるかもしれません。
c0128628_2265655.jpg

女性の服は、輪になっている大きなスカートとベルト。上がスカート。
左にかかっているのがブラウス、下はベルト。
c0128628_2272247.jpg

上着(ブラウス)は、貫頭衣の形になっており、ウイビルと呼ばれる。
c0128628_2282994.jpg

スカートとブラウスに加え、スカーフのような布を肩からかけていたり、頭に載せていたりする。

一番豪華な刺繍は、ブラウスの首回り、胸に当たる部分に念入りに施してある。
材質は、綿、ウールなどの天然素材。最近は、レーヨンなどの化学繊維も多い。
織物なので、重量がずっしり。
c0128628_2284638.jpg

同行した友人Nさんは、自らも趣味として機織りをやっているので、細部にわたって
興味が尽きないようだった。

お気づきかもしれないが、彼らは、人類学的には、モンゴロイドに属し、
われわれと同じように、赤ちゃんのときにはお尻に蒙古班があるのだそうだ。
おんぶの習慣、風呂敷のような包み方、顔の表情・・・なんだか昔出会った、
遠い親戚のような気がすることもあった。

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-03 22:11 | たび | Comments(2)

【666】ガホサニコパ

しばらくごぶさたしておりました。
みな様のところは、雪の被害はいかがでしたか。私は、2月に2週間ほど、
中米、グアテマラ国へ旅行しておりました。
c0128628_114912100.jpg

高校生のころ、日本史や地理などの暗記モノ対策として、いろいろ語呂あわせをして
おぼえたものです。「鳴くよウグイス、平安京」(794年)とか、「いょぅ、国」は、
コロンブスのアメリカ大陸発見(1492年)など・・・。その中に、ガホサニコパ
いうのがあって、これは、メキシコから南の中米の国を覚える呪文でした。
ガ(ガテマラ)、ホ(ホンジュラス)、サ(サン・サルバドル)、二(ニカラグア)、
コ(コスタリカ)、パ(パナマ)・・・そこから南は、南米諸国。
実は、今は、グアテマラの西にベリーズという国が独立していますので、中米の国は
現在は6か国ではなくて、7か国になっています。

南北アメリカの中間に細く帯のようにつながっている国、グアテマラに、学生時代の
友人が住んでいて、卒業後一度も会っていないのですが、細々と音信が続いておりました。
昨年の夏ごろから、共通の友人Nさんとグアテマラ行を計画してきました。
太平洋を越え、アメリカ、ヒューストンで乗り換え、16,7時間の長旅です。
c0128628_11494115.jpg

グアテマラ・シティの街でまず、目についたのが、Jakaranda(ノウゼンカズラ科)
の紫の花!
現地では、Jは、ハ行の発音ですので、ハカランダと言っていました。
c0128628_1150666.jpg

前回【665】で珍しい植物として出したロンデレチア(アカネ科)もすぐに見つける
ことができました。赤道に近いのですが、標高が高いので、過ごしやすい気候でした。
c0128628_1150481.jpg

首都から3時間ほど西へ行ったパナバッチェルは標高1560mで、火山がつくった
美しい湖、アティトラン湖があります。富士山のように形の整った3500m級の火山群が湖水に
影を落としていて、小舟でマヤ族の末裔が住んでいる村々を訪ねることができます。
高い山の手前の小高い丘は、『星の王子さま』に出てくるウワバミが入っている帽子の形に
似ているでしょうか。サン・テグジュベリもかつてここに滞在したことがあるということです。

c0128628_11512111.jpg

c0128628_11514141.jpg

私は、熱帯や亜熱帯の植物に魅了されましたが、中でも、大木に寄生している
着生植物に目が釘づけになりました。愛好家がよだれを垂らしそうな、
着生ランなどが、無造作にどこにでも見られるのでした。
この地方の特産物は、コーヒーの他、果物のアボカドです。
c0128628_1152353.jpg

女性たちは、全て手織り、手刺繍の民族衣装をまとっています。
c0128628_11522432.jpg

男の衣類、子供の衣類、すべてお母さんが手織りでこしらえます。
主食のトルティーヤは、トウモロコシの粉を練ったもので
鉄板で焼きます。とてもおいしかったです。火力は薪です。
c0128628_11524599.jpg

ここでは、ケータイやスマホは見かけず、煮炊きする煙の臭いの中に
物売りの声が響き、道端には人々の人間的なざわめきが満ちていました。

[PR]
by tamayam2 | 2014-03-01 11:53 | たび | Comments(14)

【656】美ら海水族館

12月にいろいろ忙しいことが続いたので、沖縄に出かけた。
以前から行ってみたかった美ら海(ちゅらうみ)水族館。HPは、ここ
c0128628_11265416.jpg

1975年、沖縄本土復帰を記念する海洋博覧会の跡地に造られた沖縄海洋博公園の
敷地の一角にある。水族館以外にも植物園もあり、そっちの方へも行きたかったが、
団体旅行なので、行動が限られる。それでも、この水族館はすばらしく、一巡しただけ
だけど、海の生き物の生き生きとした姿を見て、楽しいひとときを過ごすことができた。

沖縄は細長い島だけれども、西側は、東シナ海、東側は、太平洋の波に洗われ、
海の幸の豊かなところだ。
それなのに、食事は豚肉が主流で、あまり魚介類が出てこなかった。
グルクンと呼ばれるウメイロモドキの唐揚げがよく出てきた。
それと、昆布、海ブドウ、モズクなどの海藻類がよく食べられていると思った。

最後の日は、那覇の国際大通りでお刺身を食べた。魚の名が沖縄方言なので、
メニューを見てもよく分からなかったが、それぞれ新鮮でおいしかった。
Tamaym2は魚を観るのも大好きだが、味わうのも同じくらい好きなのだ・・・
c0128628_1125025.jpg

上の尾が黄色くて、腹が青い魚がグルクン。色の赤い種類もあるそうだ。
グルクン【スズキ目タカサゴ科 Pterocaesio digramme】
c0128628_11251638.jpg

こちらは、イカでもアオリイカ。イカの泳ぐ姿は、本当に優雅で美しい。
ところどころ微妙な光が金色に光ってあでやかだった。
c0128628_11275516.jpg

巨大な大スクリーンに、巨大なジンベイザメが悠々と回遊する。スクリーン前に
立つ観客のシルエットは、おなじみの写真だが、その場に立つと、本当に子供の
ようにわくわくした。厚さ60cmのアクリル樹脂に隔たれて、海底に降り立ったような
興奮を味わうことができる。下の二つは、フグの仲間だろうか・・・
c0128628_11292966.jpg

国内で、いろいろな水族館に出かけたが、やはり、ここの水族館は迫力満点だった。
c0128628_11283526.jpg

沖縄は、気温が14,5度で、海風に吹かれると肌寒かった。が、来月には、
そろそろサクラのシーズンを迎えるという。沖縄のサクラは、ヒカン(緋寒)桜、
ピンクが濃い種類だそうだ。
c0128628_11295341.jpg


[PR]
by tamayam2 | 2013-12-24 11:30 | たび | Comments(8)

【645】高瀬渓谷

長野県大町市から東へ行った山中に高瀬ダムがある。
そこへ行くには、手前の七倉ダム、七倉山荘で車を降り、特定タクシーに乗り換える。
ダムまでの道は一般車規制があるためだ。
c0128628_11584740.jpg

紅葉には、少し早いようだったが、信州の秘境と呼ばれる標高1270mのこの場所に、
一度行ってみたいと思っていた。
c0128628_11595545.jpg

タクシーを降りて、長いトンネル、吊り橋を渡り、その奥の濁沢滝という地点まで歩いた。
ここの水力発電で原発一基分ほどの電力賄っているという説明だった。
c0128628_1201418.jpg

ダムの河原で見たオンダテ。イタドリの仲間だ。
白い種をいっぱいつけて、逞しく生い茂っていた。
c0128628_1204370.jpg

ホソバヤマハハコは、高山植物の一種だろうか、砂礫地につつましやかに咲いていた。

下は、上高地で見た紅葉。小団扇カエデと、板屋カエデ
c0128628_121965.jpg

c0128628_16521435.jpg

信州ではどこでも見られるミズナラ。秋の陽に映えて美しかった。
c0128628_1222762.jpg

昔は、コナラ、ミズナラから炭を作った。薪炭が使われなくなったいま、利用価値
がなくなりあまり顧みられない。これらの木の実であるドングリは、昔は食糧源として
大事にされたというのに・・・。
でも、コナラ、ミズナラの樹液を吸う昆虫類がいますよ。
彼らにとっては、依然として大事な命の糧。

国蝶のオオムラサキ、ゴマダラチョウ、キタテハ、カブトムシなどの昆虫たちは、
これらの木々に集まり、人間が知らないところで大宴会をしているのかもしれない。

高瀬渓谷に行く道は11月4日に閉ざされ、ダム関係者以外立ち入れなくなる。

[PR]
by tamayam2 | 2013-10-26 12:02 | たび | Comments(8)

【615】ケルン中央駅

2004年~07までドイツに滞在中、一番よく行ったところは、ケルン中央駅
交通の要衝の一つである。ヨーロッパの主要都市を結ぶ国際列車IC、
特急のICEのほとんどがここを通る。
c0128628_15253624.jpg

今回、葬儀のために、急きょドイツへ向かったときも、東京⇔フランクフルト間の
航空チケットを予約し、フランクフルト⇔ケルン間は特急列車ICEを利用した。
特急なら、約1時間。とても速い。値段は、片道€50ぐらい。
c0128628_15223389.jpg

しかし、この国では、列車は予告なしによく遅れ(10分や20分遅れはざらで)、
予告なしにその便がキャンセルになることもある。
c0128628_152558.jpg

過去の経験からそういういう事情を熟知していたので、ケルンから帰国するときには、
たっぷり時間的余裕を持って駅に着き、列車の前売り切符を買っておいた。
しかし、だ。
6月18日の朝、8:20発の特急列車を待っていると、8:10に突如アナウンス。
「その便は無くなった」と。
・・・あわわ。
代替えの便は、8:55発のバーセル(スイス)行、それに乗るように・・・と。
キャンセルになった便の座席予約もしておいたのにぃ!!
代替えの列車は、すでに混んでいる上に、キャンセル便の人が乗り込んできて、
もう、イヤ!
空港から外国に行く人の荷物は、大きいし・・・やっと見つけた自由席に荷物を
抱えて座ることになった。私の場合、利用した航空会社のカウンターが鉄道駅から
比較的近かったので、滑り込みセーフでチェックインすることができた。
やれやれ! これがドイツだっ!
c0128628_15262324.jpg

日本で、新幹線が発車10分前に、「この便は、無くなりました」と平然と言って
不通になることがあろうか、いや決してそのようなことはあり得ない。
あれば、平謝りに謝るであろう。
ケルン駅でも”Entschuldigung” (すみません)と言っていたが、それは、じつに
機械的に繰り返すいつもの常套句なのだった。
反省の色なし。
c0128628_1524192.jpg

私は、8:20の便に乗るため、十分余裕をもって駅に行った。
それは、ケルン中央駅(Hbh )の1番線のプラットフォームから、
Dom(ケルン大聖堂)の威容をもう一度見たかったから、それと、1番線フォームの
先のほうのフェンスに二人の天使像の遺跡がはめ込まれているのを確認したかったからだ。
c0128628_15243612.jpg

おそらく、大聖堂の建造過程(16 ~19世紀のいつか)に出た遺跡で、行き場がなくて、
駅の垣根に使われたものか・・・。私の以前のBlogでは、この天使たちが表紙を
門番のように守ってくれていたのだ。
c0128628_1527175.jpg

こちらは、友人宅でごちそうになった今が旬の白アスパラガス
日本で言えば、筍かな。土から掘ったばかりの白アスパラガスは、
やわらかく、甘く何とも言えないほど、おいしい。一人、8~10本ぐらい
ホランダース・ソースをかけ、生ハム、ゆでジャガイモと共に食べる。
 
こちらは、先日箱根湿生花園で見た、“ヒマラヤの青いケシ”
【ケシ科 Meconopsis属】
非常に珍しいものだが、最近では、ちょくちょく植物園で見ることができる。
植物のDNA研究が進んで、研究室の中で、クローンを作ることが
できるようになったからだ。コバルトブルーから、淡い空色、ピンクのものまで
色々な種類があるようだ。

[PR]
by tamayam2 | 2013-06-29 15:27 | たび | Comments(18)