タグ:たび ( 102 ) タグの人気記事

ロゼット型

ロゼット型というのは、バラの花びらが開いたような形。
ラテン語のROSEから来ている。

このごろ、野原を歩いていて目にするのは、野草のロゼット葉。
きびしい冬の寒風を避け、できるだけ身を低くして、その代わり、
太陽の光を最大限受けるべく葉を横にべたぁ~と放射状に拡げて
いる姿です。一種の生存の知恵だ。

地べたに張り付くようにして、ひたすら春を待ちこがれているんですね。
c0128628_1641546.jpg

踏まれても、踏まれても逞しく生き延びるオオバコの類、
タンポポの類。それらの葉は、見ようによってはバラの花弁
のようだ。

みなさんは、グリンの濃い菜っ葉類を召し上がっていますか。
ほうれん草、小松菜、クレソン・・・日本人は、青いものは
さっと湯がいて青いままで、食べたいのよね。
(大きい声じゃ言えないけれど、欧米の方々は、20分ぐらい
グラグラゆでにゆでて繊維がヘナヘナになったものを
召し上がる傾向があります。)

ターツァイの葉のロゼット型はほれぼれとするほど美しい。
ニンニクをチャッチャと刻んで、ごま油でさっと炒めると
おいしいですね!
ヴィタミンAがたっぷり、元気が出てきそう。
c0128628_1642526.jpg

最近、人から教えてもらったプチベールという野菜。上 ↑
芽キャベツとブロッコリーの中間のような味。
なにより、その形がバラの花びらのようなロゼット型なの
で、付け合せの温野菜として、ちょっとおしゃれですよ。
c0128628_1643379.jpg

昨年9月、トルコ旅行した時に見たビロードモウズイカ
ロゼット葉。照りつける太陽の下、ものみなすべてが乾燥し
きっている過酷な大地にモウズイカの類は、ビロードのような
厚い葉で身を守り、大地にしがみついて生きていた。
私は、そういう植物の姿を健気で美しく思い何枚も写真を撮った。
c0128628_16435971.jpg

そうそう、これは、トルコのエフェソス遺跡でみた世界最古の
道案内の看板。(紀元前4、5世紀?)生々しい女性の足跡は、
左へ行けという印。左上のハート型は、心から歓迎しますと
いう意味(?)・・・・売春宿への道しるべだそうです。

紀元前からわれわれ人間の生活は、現在とあまり変っていない
わけですね。
[PR]
by tamayam2 | 2009-02-18 16:44 | 日々のできごと | Comments(8)

雪の白川郷へ

26日から雪の白川郷を訪ねる小旅行に誘われた。
高山に一泊、そこから昨年7月に開通した中部縦貫道を通って
白川郷まで小1時間。
c0128628_1257392.jpg
10kmのトンネルを抜けると、白いものがちらちら舞っており、
あのよく写真で見る合掌造りの建物群がかすんで見えた。
合掌造りの集合している荻町の中心地へは、長いつり橋を
渡っていく。家々を巡っているうちに、雲の中に隠れていた太陽
が少し顔を出してくれて積もった雪が輝いて見えた。
c0128628_12573340.jpg


1995年にユネスコの世界文化遺産に登録されて以来、
この過疎地は、大勢の観光客が押し寄せる場所になって
しまったようだが、やはり、合掌造りには雪がよく似合う。
c0128628_12594490.jpg

金属の釘を一本も使わず、縄や蔓で柱を縛って大屋根を支えている。
こうすると、大雪の重みが屋根にかかっても、縄や蔓が
しなって力を分散させ、家の倒壊を防ぐことができるのだそうだ。
現代的に言えば、3階~4階建てのこんな大きな家の
明り取りが障子であるとは!

西洋人が日本の家屋を木と紙でできていると驚くが、ホント、その通り。
囲炉裏や通風の工夫で自然とうまく折り合いをつけながら暮らしてきた
この地方の人々の生活の知恵に驚嘆する。
c0128628_12595733.jpg

おみやげ屋で見かけた唐辛子の魔よけ。稲穂で編んであった。
c0128628_130278.jpg

高山市の郊外につくられた民俗村、 飛騨の里 では、
合掌造りのライトアップを見物した。

c0128628_1304875.jpg

車田(くるまだ)と言って、円柱を中心にぐるぐる巡るようにして
行う田植えの風習は全国的にも珍しいものだそうだ。
[PR]
by tamayam2 | 2009-01-27 13:02 | たび | Comments(9)

温泉に入るサル

c0128628_12264016.jpg

12月27日、長野県の北部、志賀高原に近い地獄谷に出かけた。
地獄谷野猿公苑では、温泉に入るニホンザルが観察できるという。
上林温泉郷から雪道を歩くこと20分。横湯川から噴き出す噴泉の
湯煙りの向こうにサル用の温泉が見えた。はやる気持ちを
抑えつつ、温泉のそばに近づく。
c0128628_12282946.jpg

サルが気持ちよさそうに、湯浴みをしている。
親子で、家族で・・・それぞれにグルーミングをしている。
ノミを取っているような仕草だが、そういう実質的な目的という
より、コミュニケーションの一種だそうだ。しきりに相手の
背中をまさぐっている。
c0128628_1230533.jpg

いたずらっ子の子どもたちや、陶然と目を細めて温まっている老サル。
どのサルもおっとりとしていて、平和な雰囲気がただよっている。

このサルのことを初めて知ったのは、2007年9月、米国、
ワシントンDCで、たまたま自然史博物館(National Museum of
Natural History)に立ち寄ったときのこと。私は巨大な恐竜の骨格
を横目で眺めつつ、動物の写真展へ足を運んだ。すると、会場の
正面に大きなニホンザルの写真が展示されているではないか!
ひぇ~、日本のサル?と思ったら、それが、地獄谷野猿公苑で
お仕事をなさっている萩原敏夫氏の作品だった。ネイチャーズ 
ベスト国際写真コンテストでグランプリに輝いた作品は、毎日現場
でサルの生態を知り尽くしている人の観察眼の確かさが感じられた。
c0128628_12304757.jpg

サルと言えば、宮崎県幸島のイモを洗うサルや、青森県下北半島の
北限のサルがよく知られている。
今でもニホンザルの生態研究が行われているのだろうか。
この頃は、人間の生活圏が広がり、各地で野生動物をめぐって、
保護か捕獲かの論争が続いていると聞く。

地獄谷では、餌付けされたサルを見に年間10万人が訪れるそうで
ある。私が非常に驚いたことは、ここで出会った人々の約8割が
外国人だったこと。東洋人も、西洋人も、さまざまな国から、
けわしい雪道をせっせと歩いてサルを見るために来ているのだった。

山ノ内町立ロマン美術館の人の話でも、美術館の来館者の半数以上が
外国人であるという。長野オリンピックのときに、珍しいニホンザルの
生態が世界の人々に紹介されて以来だそうだ。この日に出合った
外国人の数の多さにたまげた私も、なんとなく彼らが日本で
何が見たいか納得できるような気がした。
[PR]
by tamayam2 | 2008-12-29 12:41 | たび | Comments(8)

レオナード・フジタ展

blog仲間のcredenzaさんが、ベルギーに駐在されていたころ、
フランスのランスにある藤田 嗣治(ふじた つぐはる)
フジタ礼拝堂のことを書いておられた。

フジタの絵は好きだが、宗教的なフレスコ画やステンドグラスの作品
について知らなかったので、機会があれば訪れたいと思っていた。
ランス(Reims)はフランスの東北部に位置し、ブラッセルからでも
ケルンからでも日帰りで行けぬ距離ではなかった。
c0128628_1258041.jpg

その希望がはたせぬまま帰国したのだが、最近、上野で
レオナール・フジタ展が開かれていることを知って、さっそく出かけて
みた。
この展覧会については、こちらがくわしい。

初期の作品から、最晩年の作品まで非常に充実した展示だった。
来年1月18日まで公開しているようなので、関心がおありの
方はどうぞお出かけください。

c0128628_1259681.jpg

展示は、第1章から第4章まで分かれているが、3章と4章が
フジタの晩年の住まいと礼拝堂に関する本邦初公開の展示に
なっている。オーディオ・ガイドでは、フジタの80歳のときの
肉声が聞けた。お声が凛としていて、彼の思いがよく伝わって
きた。人は、最晩年には、かなうことなら、愛する人、愛するもの
に囲まれて、静かな環境で自分のしたいことだけをして過ごしたい
のだろう。その愛するものが一杯つまった室内の様子や、
そこで生活した人の思いが、お手製の作品からうかがえた。

ランスの礼拝堂は11月から5月までは休館だそうだ。それ以外の
ときにフランスに行く機会があれば、ぜひ訪れたい。
やはり、その礼拝堂の中に坐って、フジタの生涯に思いを馳せたい
ものだと思う。

写真:上野公園で 10月10日 サンゴジュ(スイカズラ科)
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-22 13:04 | 日々のできごと | Comments(4)

秋田県 角館にて

田沢湖温泉を訪ねたおりに、歴史的に興味深い角館(かくのだて)
立ち寄った。南北に長く伸びる広い通りには、80軒もの
武家屋敷が残されており、紅葉の盛りということもあり、
歌舞伎の回り舞台のようなあでやかさ。
c0128628_19123673.jpg

これらの建物は、元和6年(1620年)ごろに建てられたという。
秋田藩に連なる小藩ということだが、歴史的建造物をこれだけ
立派に保存継承している町の人々は、どんなに誇らしかろう。

花のころには、桧木内川に沿って2キロに渡るサクラのトンネル
ができるそうだ。掛け値なしの素晴らしさだろうなあ。
c0128628_19131181.jpg

藤沢周平の小説に出てくる山形県 庄内地方の海坂藩
(うなさかはん)・・・これは、架空の藩であるが・・・
そういう時代に生きた武士や庶民の生活に思いを馳せ、
日ごろはめったに読まない時代ものが急に読みたくなった。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-16 19:15 | たび | Comments(10)

秋田県 乳頭温泉郷にて

先週、生まれてから一度も足を踏み入れたことのない秋田県に
行ってきました。

田沢湖の近く、乳頭温泉郷に宿をとって、ブナ林を散歩したり、
秋田駒ケ岳へ少し接近したいと思っていましたが、
あいにくのお天気。
c0128628_20573551.jpg

霧が濃く、ドライヴもままならないので、予定を変更して、
七つある秘湯の一、鶴の湯を訪ねた。
江戸時代からあるという古い、古い湯治場。

お湯は乳白色で、硫黄の匂いがする。一日に数回温泉に入れば、
体も心もすっかり伸びきって、自分がふやけたスルメになったような
心地。ああ、よくぞ日本に生まれける!ありがたや・・・。

日帰り客としてこういう秘湯の露天風呂に入らせていただく
場合には、ちょっとコツが要る。
c0128628_2058597.jpg

持ち物は、なるべく少なく。時計、アクセサリーなどばずして
いく。できたら、浴衣姿で、防寒のためロングコートなどを
羽織って行くといい。タオルと入湯料(500円)だけで十分。
ここには脱衣所のようなものはなく、葦ずで囲った空間に
棚がおいてあって脱衣ザル数個あるだけ。
混浴の露天風呂もあるので、混浴がご希望でなければ、女性用と
明記してある風呂に入る。内湯以外では、石鹸など使えない。
c0128628_20583046.jpg

私は、登山靴に厚い靴下という山賊のようないでたち。その上、
タートルネックのセーターなど着込んでいるものだから、脱ぎ着に
手間取った。こんなスタイルは、まったくもって言語道断、露天風呂
巡りにふさわしからぬ格好と言える。
この日は、まだお天道さまが高かったので、tamayam2は混浴を
遠慮したのだが、夕暮れどきや夜なら、薄ぼんやりした光の中で
混浴というのも悪くなさそうだった。なにしろ、乳白色の湯では、
首から下はなぁ~も見えましぇえん。
c0128628_20585954.jpg

湯気の立つお湯につかって、眼を閉じる。頬に風を感じ、枯れ葉の
落ちる音を聞く。
周りの人と一言、二言ことばを交わすのも楽しい。

韓国やオーストラリア、関西地方から来られた方もいた。新幹線を
使えば、東京から三時間ぐらいでこんな秘境に来られる。
ああ、ありがたや、ありがたや・・・。
[PR]
by tamayam2 | 2008-11-14 20:59 | たび | Comments(8)

トルコで見た植物たち



c0128628_1523252.jpg
しばらく更新を
怠っていました。
トルコの植物の
写真の整理に
なかなか着手
できず・・・。

















私がトルコを訪れたのは、8月末から9月の第1週にかけて。
エーゲ海側の町々から中央アナトリア地方の乾燥地帯のド真ん中
までバスで移動しました。

のどが渇き、日焼けで真っ黒になるような気候と言えば、ご想像が
つくでしょう。
c0128628_15241869.jpg

そんな厳しい風土の中に、元気がよかったのは、オリーブの木。
赤いの、黒いの、緑のもの・・・毎食たくさんいただきました。
その他に、イチジク、ザクロの大木を見ましたし、果実も
おいしそうでした。
トロイア、ベルガマ、エフェソス、ヒエラポリスの古代遺跡群も
訪ねましたが、tamayam2が目をつけるのは、そういう乾燥地帯の
遺跡にこびりつくように生えていた植物たち。


c0128628_15251364.jpg
一番感動ものは、
ビロードモウズイカ(ゴマノハグサ科
 Verbascum
thapsus )



















ともかく、頑強な植物で、葉は、ロゼット状。高さは、ものに
よっては1メートル以上も。北海道でもよく見かけましたが、もとは、
ヨーロッパからの外来植物。
この奇妙な花は、ドイツでも野原で普通に見られたものです。
c0128628_152606.jpg

その他。アザミ科の植物たち。ごわごわとしたり、とげとげした葉を
もち、花は、黄色やうす紫色でした。
c0128628_15262528.jpg

遺跡のそばでよく見られたのは、細かい白い花をびっしりつけた野草。
葉全体が毛に覆われ、ごわごわしており、地べたを這っている。
這うさまが、まるで鎌首をもたげて移動する爬虫類ような奇妙さ。

私と言えば、ガイドの話をろくすっぽ聞かず、しゃがみこんでは花の
写真ばかり撮っていたので、遺跡のお話はできないのです。
トップの写真の遺跡は、ベルガマの野外大劇場。
ベルガマ遺跡の発掘品の大半は、ベルリンのベルガモン博物館
に納められているとガイドが言っていました。

H.シュリーマンをはじめ、多くの文化遺産がドイツ人の手によって
発掘され、国外に持ち去られたことを、トルコ人は、今も面白くなく
思っているようです。 (ま、それは、そうでしょう。)
[PR]
by tamayam2 | 2008-10-04 15:27 | たび | Comments(15)

オホーツク海沿いの原生花園

網走はオホーツク海に面しているが、周辺にいくつかの湖が
あり、地図上には、原生花園と記してある。
c0128628_3263420.jpg

つねに自生している植物の現場を訪ねたいと願っている同行者の
ドイツ人と私は能取湖沿岸の卯原内(うばらない)という地区で、
サンゴ草(別名:アッケシ草)と出あった。
塩水湖の水面を覆っている赤い植物。海藻のように
も見えるが、葉緑素をもたないアカザ科の植物。
(Saliconia europaea)学名からすると、ヨーロッパ原産(?)
c0128628_327510.jpg

彼女は、ノールウェイの海岸で見たことがあると言っていた。
ゴワッした感じのゴムのような触感。
ウェブで調べたら、便秘の薬にもなるらしい。
北欧の人は、食糧にもするという。その言葉には、救荒作物と
して戦時中に使われたという含みがあり、あまりロマンティック
なイメージとは結びつかないようだった。
c0128628_327278.jpg

知床方面に行く途中に、濤沸湖(とうふつこ)という湖があり、
ここを夏季だけ停車するJR釧網線「原生花園駅」がある。
小清水原生花園と呼ばれるこのあたりは、オオハクチョウの飛来地
として有名。2005年ラムサール条約でここが野鳥の重要な生息地
として登録された。国境をもたない渡り鳥たちにとって、生息地を
保全するための国際的な取り決めは、本当にありがたいことだ。
私どもが訪れた時には、アオサギ、カモメ、ウミウが観察された。
望遠鏡を使って、遠くからバードウォッチングを楽しんだ。
c0128628_328499.jpg

夏の花はすでに終わり、ハマナスの実(ローズヒップ)が宝石のように
輝いていた。
[PR]
by tamayam2 | 2008-09-23 03:30 | たび | Comments(8)

もしクマに出遭ったら

10日間にわたり、北海道各地を訪ね、19日に東京に
戻りました。小樽―札幌―富良野―旭川―層雲峡―
網走―知床半島 と道央から東に向かって車で移動。
同行のドイツ人と交替で運転しましたが、道路状態はよく、
小耳にはさんでいた悪評に反して、運転マナーも概ね問題
なく、無事に生還いたしました。
c0128628_2531123.jpg

山間部でよく見たのは、動物注意の標識。 クマに注意
いうのもあちこちで見かけ、どこそこで人が襲撃された
という噂を一度ならず聞きました。
c0128628_254595.jpg

写真上:18日 知床半島で
東京、奥多摩でも17日登山家がクマに襲われ大けがをしたとか、
東京でそんな事件が起きるなんて信じられぬことです。

層雲峡では、大雪山の外輪山、赤岳、黒岳の一部を歩きました。
カランコロンと鈴をつけて人が通っていることをクマに知ら
せている登山客が多かったです。

もし、クマに出遭ったら、あなたならどうする???
死んだふりをするという古典的な方法はあまり現実的ではない
ようですよ。あちこちで注意書を読みました。

要点を挙げると、
1)まず、出遭わないようにする。ガイド、ヴィジターセンター
        の忠告に従い、登山計画を中止・変更する。
2)もし、遭ったら、後ろ向きに逃げない。走らない。
        声を上げない。沈着に行動し、静かに離れるようにする。
        (できるかなぁ・・・自信なし)
3)クマと目が合ったら、荷物をひとつ、ひとつ差し出し、後退。
        (その荷物は、クマの所有物となるので、取り返そうとしては
        ならない)
4)食べ物、飲み物などを山で捨てたり、こぼしたりしない。
        野生動物との適切な距離を保ち、互いの領域を侵さない。
c0128628_2553933.jpg

エゾシカには、よく出遭いました。道路をゆっくり横切ることも
ありましたし、人間を恐れずササなどを食していることも
ありました。少し増えすぎて、樹皮が食われる被害が深刻化して
いるらしいです。
c0128628_2555938.jpg

地元の人がコクワと言っていたサルナシの実。マタタビ科。
食べてみたところおいしかったです。
果実酒の材料にするそうです。こういう木の実は野生動物の
格好の餌ですが、クマは、昆虫やサケなどの魚、小動物も
食べるので、ヒトだって餌食になる可能性が十分あるわけです
よね。(おお、コワ・・・。)


知床では、ウトロの自然観察センターに車を止めて、そこから
シャトルバスで少し奥地に入りました。知床五湖という湖めぐり
をしたときにも、クマの足跡や爪跡をばっちり見ました。
[PR]
by tamayam2 | 2008-09-22 03:02 | たび | Comments(8)

北海道へ行ってきます

また、また旅ばかりして・・・とお叱りを受けそうです。
10日から、北海道横断の旅に出ます。
c0128628_0585841.jpg

友人のドイツ人が、なんとしても北海道に行きたいと言って来日し
ましたので。なぜ、北海道?と尋ねたら、

“理由はわからないけど、子供のころから、日本へ行って、
 北海道を歩きたい”という夢があった” のだそうです。

「歩くたって、北海道は広いのですよ」と言うと、「そんじゃ、車で」・・・と
おっしゃいますものですから、お付き合いすることにしました。

しばらく更新が途絶えますが、よろしくお願いします。

留守のあいだ、イスタンブールの街中で見た水たばこ でもやって、
おくつろぎくださいませ。
[PR]
by tamayam2 | 2008-09-09 01:15 | おしらせ | Comments(14)