明日から旅に出ます

9月になり、やや日差しがマイルドになった気がします。

明日4日から26日まで、旅に出ます。

その間、更新ができないかもしれませんが、皆さんのBlogには、お邪魔すると
思います。よろしくお願いいたします。
c0128628_83827.jpg

今年、4月に訪れたLondonで会議がありますので、それに出席します。
ヒマを見つけてKew Gardenにも訪れる予定です。春と違って、どんな
植物を見ることができるか、とても楽しみにしています。

では、行ってきます!

                      Tamayam2

写真は、ケルン、Muengersdorfで。100年以上前の農家を改装した住まい。
      若い芸術家のカップルが、手入れしながら、暮らしていた。この道を
      通るのが楽しみだった。
  
# by tamayam2 | 2007-09-03 08:39 | おしらせ | Comments(0)

阿佐ヶ谷の家

わがYamyam町と隣接する阿佐ヶ谷の一軒の家が、いまBlogで話題に
なっている。

宮崎 駿氏のトトロの住む家という写真画集でも取り上げられて
いる家だそうだ。
daikatotiさんは、阿佐ヶ谷には、いらしたことはないが、あこがれの家として
イメージをふくらませ、きれいな水彩画で表現しておられる。
c0128628_18401525.jpg

わたしは、最近ドイツから帰ってきたばかりだが、子供のころからこの界隈に
住んでいるものだから、この家のことはよく知っている。
現在も、この家の前を通って、あるところに定期的に通っている。

昭和の初期に建てられた洋館で、低い垣根にいつもバラの蔓がからんでいた。
赤い屋根、白いペンキの窓枠に白いレースのカーテン、お庭には、バラや小花が
咲きこぼれ、中からピアノの練習曲なんかがポロポロと響いていた。

“結婚したら、こんなお家に住むんだ”と子ども心に思っていた。

現在、この家は売却され、近々取り壊されるという。そのあとには、横文字の、
ちょっと見には、洒落たアパート、もとい、マンションが建つのであろう。
なにしろ、Yamyam町の辺りにも、一戸建ての家は少ないし、まして、
平屋の家は皆無である。

若きジャズピアニスト、komamanさんは、近藤邸を守れ という記事を書いている。

アニメ作家の大地さんは、昔、阿佐ヶ谷に住んでいたころ、散歩道で出会った
この家の印象を
「オレンジの屋根の家」と題して書いている。

c0128628_18425170.jpg

お若い方々がこんなレトロの家に、住みたいとか、あこがれるとかおっしゃるのを
聞くと、世の中、捨てたものではないなあ、と少し安堵する。しかし、近代的な住まい
と違って、手入れは大変だろうなあとも考える。今どき、竹のまがきをシュロの縄で
仕上げる職人さんがこの近くで見つかるのかしら。
アルミサッシュではない木の窓枠には、定期的なペンキの塗り替えが必要だろうし
なあ。鬱蒼と茂った大木の剪定も素人には負えないだろうなあ・・・。

西洋では、100年以上も古い家を、若いカップルが買って、自分たちの手で、補修
したり、改装したりして、年がら年じゅう工事中のような家に住んでいる姿をよく
目にする。

若いうちは体力があるんだから、ペンキ塗りでも、壁紙貼りでもなんでもやって
しまうわね。

少しずつ手を入れて自分の暮らしにふさわしい住まいを作るのは、じつは、
とっても高尚で、楽しい趣味だけれども、日本では、build and scrap(壊しちゃ、
建て、建てちゃ、壊し・・・)で、家の寿命が短い。

この家でも、おそらく築5、60年ぐらいではないか。
やっぱり、古い家を維持していくには、大変な意志力と、体力、そして、財力も
必要だろうなあと考える。

近藤家は、昭和の、庶民の良質な暮らしぶりを、垣根ごしに示し続けてこられた
ように思う。長い間、ありがとうございました。
# by tamayam2 | 2007-09-02 18:52 | 日々のできごと | Comments(0)

甲斐路

東京も、皆既月食が過ぎたあたりから、やっと秋風が立ち始めた。
大きな仕事に区切りがついたので、甲斐路を経て蓼科へ行った。
c0128628_1132485.jpg

秋の七草が咲きそろう街道をのんびりと走る。
韮崎のあたりに、鄙びた神社があったので、立ち寄ってみた。武田八幡宮


c0128628_1145358.jpg
甲斐武田家の
発祥の地である
ようだ。
信玄の先祖は
このあたりから
出たのだろう。







小高い丘にあり、訪れる人もなく、森閑としている。御神木にからむカズラ(?)



c0128628_117597.jpg
鳥居の前に
白いユリ。














c0128628_118037.jpg

白州町の「道の駅」へ行く手前の旧道(台が原地区)に、造り酒屋があったので
中に入って、冷酒を求めた。三年ぶりに会う蓼科の友人と杯を重ねるために。
やはり、旧友との再会には、何か手土産がなくちゃ。 甲斐銘酒 七賢
c0128628_1183825.jpg

日本には、きれいな水が湧き出る里が至るところあって、そこで造られる地酒、
米、とうふ・・・・そういう素朴なものが、飛び切りおいしい!

水に関しては、ひどいカルキに悩まされたケルン生活から見ると、日本は、
ほんとうに水の旨い瑞穂の国だと感じる。
# by tamayam2 | 2007-09-01 11:12 | たび | Comments(0)

渡りをするチョウ

週末に標高1600m以上のところにある別荘地に友人を訪ねた。
アサギマダラという蝶々の写真が撮れたよ、と見せてもらった。
c0128628_0274720.jpg

こんな美しいチョウに出会えれば、その日は、一日中幸せだろうなあ、と
うらやましく思いながら、近所を歩いてみたら、いました、いました、
ヨツバヒヨドリの生えている辺りに、2匹も3匹もひらひらと舞っていた。


c0128628_0282850.jpg
聞くところによると、
このチョウは、
信州では、越冬
できない暖地の
チョウで
夏の間に、
信州に渡って来る 
渡りチョウ 
ということだ。












あんなに小さな体で、主に水分しか摂取しないチョウが何キロも、何キロも
県外にまで飛べるのだろうか。そういう眼でチョウという生き物の姿を追って
みると、彼らの飛翔するスピードは、意外に速く、またたく間に視界から消えて
しまう。

ただし、アサギマダラは、人が近づいてもあわてる様子がなく、一か所に
じっとしていて、時折静かに羽さえも広げてくれるのだった。

翌日、入笠山の林の中でも、このチョウが優雅に舞っている姿が見られた。

チョウを見れば、だれでも、うっとりとロマンティックな思いに誘われる
のに、その幼虫となると、キャーと言われ、気持ち悪がられる。

美しいチョウの姿に変化する前は、どんなチョウの赤ちゃんもこんな姿なのね。
c0128628_0305999.jpg

Blog仲間のtoti51さんのように、女性には稀有な虫愛ずる姫君もおられる。
彼女の ルリタテハ が、いつチョウの姿に変化するのか、楽しみにしている。

上は、シシウドの花に群がる キアゲハの幼虫。 27日 入笠山で。
# by tamayam2 | 2007-08-29 00:41 | 日々のできごと | Comments(0)

ふるさとの言葉とごはん

今日は、猛暑もちょっと一休み。
ウチのお兄さんがコーヒーを飲みながら日経新聞を読んでいる。
ボクもお兄さんに抱かれて、大股を広げて世の中のことを考える。
c0128628_7164242.jpg

スポーツや相撲のことは、よくわからないけど・・・。

医師が病気だから、モンゴルへ帰った方がいいですよ、って言っているのに、
「モンゴルへ帰れる元気があるのだったら、日本で治療すべき。」

ん? モンゴルって、飛行機で行けば、数時間でしょ。
8月の始めから、あれこれ論議が続いているけれども、もう20日以上
こんなことを続けていると、治るものも治らなくなっちゃう。

心が疲れたときには、自分の母語で親しい人にぐちゃぐちゃと言うのが
いいんじゃないの。それに、ごはんやっぱり、自分の国のごはんが
いいんじゃないの。

外国で、病気して、言葉が違う、ごはんが違う・・・その上、相撲界の
しきたりや、過去の過ちや、精神論を説かれても、いまは、そういう話、
聞く耳を持たないのじゃないかな。

26歳の若者だもの。失敗することもあるだろう。
病気が治ってから、説教すればいいんじゃないの。

病気という事実があるのに、それを端において、あれこれ議論し、
事態を遅らせるというのは、なんだか大人気ない、不思議な社会だと
見えるのですよ。
# by tamayam2 | 2007-08-24 07:20 | 日々のできごと | Comments(0)