<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【769】熊本地方の大震災

4月も半ば、新しい学期を始めた学生たち、新社員が仕事にやっと
慣れ始めたころ、突然、日本では大震災が起こった。
熊本には、私の親類もいる。高齢の叔父、叔母なので、大変心痛めている。
でも、どうしようもない。
c0128628_602062.jpg

幸い、連絡は岐阜に住んでいる姪がFacebookで知らせてくれている。
SNSはこういうときに、たいへん威力を発揮するとわかった。
一日も早い復旧を、ただ祈るばかりである。
c0128628_605066.jpg

さて、年度末のたくさんの原稿書きを終えて、ほっとしている私。
野山が呼んでいるので、時間を見つけては、小散策をしている。
①先日来、よく見かけるラショウモンカズラ(羅生門蔓)
Meehania urticifolia(シソ科)
c0128628_612147.jpg

よく見てみれば、なかなか味わいがあり、花の色や斑の出方にも
いろいろなヴァリエーションがあることがわかった。

②これと、よく似ているが、葉の形がヒイラギに似ているというので、
ヒイラギ草という野草も見つけた。Ajuga incisa(シソ科)
c0128628_631934.jpg

レッドリストでは、EN(Endangered)絶滅危機にある状態だそうだ。
ラショウモンカズラより、色合いが落ち着いていて風情のある感じ。

③4月9日にツボミだった丁子草(チョウジソウ)。
気になって一週間後に再訪したら、花開いており、折よく、
スジグロシロチョウ(Pieris melete)が来てくれた。
チョウジ草 Amsonia  elliptica【キョウチクトウ科】
c0128628_641725.jpg

この花を初めて知ったのは、ドイツ Wuersburg。
シーボルトの出身地であるが、ヴュルスベルグ大学植物園のシーボルト
コレクションで見た。あたかも日本を代表する植物のように書かれて
いたが、日本でこの花を見たことがなく驚いた。
湿地に咲き、東御苑の流れのほとりにも植えられていた。
こういう野草を西洋人が好んでいたとは、驚きだ。
c0128628_65824.jpg

④野川のほとりで見た蓮華(レンゲ)草
レンゲが咲いているとは、なつかしい風景だ。
昭和の初期にあった童謡がなつかしい。私のものごころついた
ときの原風景だ。

♪~ねんねのお里 げんげ草
  ぽちぽち仔牛も あそんでる
  牧場の牧場の げんげ草
  だれだか遠くで 呼んでゐる♪~

北原白秋作詞の童謡なのに、あまり知られていない。
私の亡母が好きでよく歌ってくれたのだが、晩年、この歌の
ことを聞いても、「知らない…」と言われてしまった。
その頃、母はもう認知症にかかったいたので、ムリもない。
c0128628_653721.jpg

この風景があった奈良の田舎は、妹が生まれる前のことだから、
妹も知らない。つまり、私しか知らない幻の風景だ。

レンゲが一面に咲いている田園風景は、昔はよくあった。
九州にもあっただろう。でも、この震災で山も野も壊れて
しまった。一日も早く地震がおさまり、人々が安眠できるように
願わずにはいられない。

[PR]
by tamayam2 | 2016-04-19 06:06 | 特別なできごと | Comments(8)

【768】蝶の季節到来!

4月に入って春らしい日があるかと思えば、ハーフコートが
ほしいようなはだ寒い日もある。4月12日、池袋のお教室の帰り、
ちょっと小石川植物園に立ち寄ってみた。
地下鉄丸の内線茗荷谷駅から、文京区のコミュニティ・バス「Bぐる」
で、共同印刷まで。帰りは、そこから、地下鉄春日駅まで。
このようなルートを発見して行きやすくなった。

①さて、今日の発見は、クロアゲハ♀
Papilio protenor 【アゲハチョウ科】
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)がいっぱいの林の中で、黒く大きな
ものが飛んでいるように見えた。
蝶かな~と思いながら、しばらく様子をみていると、足元のすぐ近くに
止まった。 うっとりとした!
c0128628_1658525.jpg

②ツマキチョウ
春先の一時期に観察できるツマキチョウ。
Anthocharis scolymus【シロチョウ科】

裏翅の模様を、草刷り(くさずり)模様という。以前から見たいと思っていた。
先日、初めて撮影できた!
薬草園の辺りを見て歩いているとき、モンシロチョウばかりが多いなぁ~と
思った。しかし、よく見れば、蝶の動きが直線的でとても速い。
c0128628_16512175.jpg

しかも、翅の先がかぎ状に曲がっているではないか。はて??
翅の端がちらっとオレンジ色に輝いているように見えた!
あっ、もしやツマキチョウ(褄黄蝶)!?
c0128628_16515886.jpg

余りにも縦横に飛び回るので、眼が疲れてしまうほどだった。
c0128628_16522764.jpg

「少しは、止って!」・・・一頭が小枝に止まって、静かに翅を閉じた。
c0128628_16524985.jpg

蝶も疲れたのだろう、すっかりお寝みモードになって迷彩色のような
草刷り模様が全身を覆ってしまった。
周囲の草色に溶けこむように。完全なカムフラージュ!
こころ踊る観察だった。

③ビロードツリアブ
8日、白金の自然教育園で、初めてお目にかかったTさんにビロード
ツリアブのことを教えてもらった。その日は、撮影できなかったのだが、
小石川で、撮影できた。お尻のあたりが、ビロードのような毛が生えていて、
針をもっているアブ。
c0128628_16534580.jpg

飛翔しているのは、撮影できなかったが、多分、
これだろうと思う。春先の一時期しか見られないとTさんが言っていた。
c0128628_16544156.jpg

④クロアゲハが見られた林の中では、いろいろな花木が花を咲かせて
いた。その一つがカリン(花梨)【バラ科】Pseudocydonia sinensis
c0128628_16545956.jpg

丸く窪んだ花びらと、麗しい幹の模様、サクラのように豪華ではないが、
こころ惹かれるものがある。
自然観察ができて、本当にしあわせ!

[PR]
by tamayam2 | 2016-04-15 16:55 | 日々のできごと | Comments(8)

【767】四月、春近し

各地で桜だよりが聞かれ、どこそこのサクラはどんな様子
だったという報告がFacebookでよく聞かれる話題。
私は、3月末からの風邪がぐずついていて、なかなか外出する
気分になれずにいた。

過去のサクラの話。2009年に当時ワシントンD.C.の
娘の家を訪問したとき。2番目の孫娘が生まれたので、
顔を見に出かけた。以下、Facebookより・・・
c0128628_13115280.jpg

①アメリカ在住の娘は、植物のことに特に関心のない
フツーの人。なのに、私が「このサクラ、何の種類かなぁ?」と聞いたら、
即座に「Kwangzan!」と答えた。
サクラには、いろいろな種類があるが、日本では圧倒的に染井吉野が多い。
Kwanzanは関山というサクラの種類。
上の写真のように、やや濃い色の八重の花が咲く。
 私が驚いたのは、彼女が「かんざん」と発音したのではなく
「くゎんざん」と発音したこと。
確かに昔、「関」という字は、「くゎん」と発音した。
観音とか、完成とか…明治、大正時代の発音なのだ。

今は、ワシトンはサクラの名所となっているが、それは
1912年(明治45年=大正元年)日米友好のしるしとして、
日本がサクラの苗を贈ったのが始まり。
米国人から「アケボノ」とか「フゲンゾウ」とか
サクラの種類を教えられると、不思議な気持ちになる。
c0128628_1343553.jpg

②当時の写真を検索していたら、野鳥の写真が見つかった。
c0128628_13123610.jpg

アメリカで最もありふれた、どこにでもいる鳥は、
アメリカン・ロビン Turdus migratorius 【ツグミ科】
ヒヨドリぐらいの大きさ。でも、日本では見たことがない。
日本にもいるのかしら?和名:コマツグミ 

c0128628_1352465.jpg

ヨーロッパには、European Robinという小型の鳥がいる。(上の写真)
よくクリスマスカードなどに描かれていて、かわいがられている。

今年になって、身の周りの小鳥たちも私の関心の対象になってきた。
「身近に見られる野鳥は、たった(!)100種ぐらいだから、覚えなさい」、と
友人に言われたので、頑張っているが、なかなか・・・

③先日、目黒区の自然教育園を定点観測しておられるTさんから、
お誘いを受けたので、開園に間に合うように出かけた。
9時10分前なのに、すでに10人ばかりの方が、カメラを手に
待っていらっしゃった。Facebookの写真で見て知っているから、
すぐTさんのことがわかった。
その他、「常連さん」というお仲間も何人か。
みなさんにご挨拶して入園。

お話によると、①花専門  ②鳥専門  ③蝶専門  ④特殊機材での
撮影専門などなどいろいろな方がいらっしゃるらしい。みな、適当な距離を保ちつつ、
出会えば、互いに声を掛け合う。そういう距離の保ち方がなかなか爽やかだった。
c0128628_13172980.jpg

③歩き始めて5分も行かないうちに、茶色のシジミ蝶を見つけた。
私にとって、今年初めての蝶! 心が躍った!
ムラサキシジミArhopala japonica
地面近くの葉の上で吸水。私がその辺りの植物に見とれていたら、
Tさんが「ほら、こっち見て!」と呼ぶ。
開翅して角度が変わったら、茶色と思っていた翅が、
な、なんと金属のようなコバルト色に光っているではないか!
c0128628_13174985.jpg

「構造色」といって、光線や見る角度によって、色が変化する。
じゃぼん玉の色、CDの表面の虹色・・・光の色なのだ。
のっけから、楽しい発見があり、こころ豊かな半日を過ごすことが
できた。

[PR]
by tamayam2 | 2016-04-07 13:08 | 日々のできごと | Comments(4)