<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【722】昭和時代の子どもの遊び

3月も余すところ数日、28日(土)は久しぶりのポカポカ陽気に
誘われ、東京都小金井公園へ行きました。

この公園は、なんだかおおらかで、子供が緑地を駆け回っても、自転車で
走り回っても、犬連れでも、特に常識はずれなことをしなければ構わない
らしく、みなが伸び伸びとくつろいでいる。
c0128628_21333427.jpg

桜も三分~五分咲きというところ。
シートを敷いて仲間と宴会をやっている人たちも見かけました。

ぶらぶらと、奥のほうへ行くと、「江戸東京たてもの園」という施設が
あったので、入ってみました。
高橋是清の邸宅があったり、藁葺屋根の農家の屋敷も移築されて、
内部も公開されているのです。
c0128628_21344046.jpg

私が最も面白かったのは、昭和時代によく見かけた商店の建物。
こちらは、神田神保町にあった荒物屋だそうです。
c0128628_21352329.jpg

荒物って? 
バケツ、ほうき、ちりとり、やかんなど・・・
今なら、ホームセンターで売っているようなものでしょう。
壁が青くなっているのは、壁材が薄い銅板だから、化学反応で緑青色
になっているのね。

この建物の横丁に入ると、ちょっとした広場になっていて、
土管がころがっている。そこで、現代の子供たちが嬉々として遊んで
いるのです。
c0128628_2136638.jpg

ある子は、土管の中に入りこみ、ある子は、土管の上に乗っかって・・・
昭和20年ごろ、私が育った町にも空地があって、なぜか土管が
転がっていたのですよ。
そういうどころによく紙芝居のおじさんが、自転車でやってきたのです。
c0128628_21363066.jpg

その隣の空き地には、手こぎの井戸が!
年かさの子がハンドルを押せば、冷たい水がじゃぶじゃぶ出てきます。
下の水溜めで、年下の子がよろこんで遊んでいます。
ぽかぽか陽気ですから、水遊びはとても楽しそう。
大人たちも遠巻きにして、この光景を楽しんでいるようす。
c0128628_2140535.jpg

c0128628_2138096.jpg

近くの原っぱには、諸葛菜(ショカツサイ)のムラサキの花がいっぱい。
花ダイコンともいうアブラナ科の雑草です。

ちょっとタイムスリップして、子供時代に行ったような・・・
楽しい時を過ごすことができました。

by tamayam2 | 2015-03-29 21:39 | 日々のできごと | Comments(14)

【721】クワ科イチジク属の植物

先月アメリカ、ロサンジェルスの娘の家に滞在していたとき、
町の至るところで見た幹の白い、常緑樹は、何かしらとずっと考えていた。
ちょうど、庭師が来たので尋ねてみると、
(スペイン語なまりのおじさんだったが)「フィクト」と言った。
さぁて「フィクト」とは何か??
娘の家の木は、玄関の脇に植えられていて、2mぐらいなのだが、
街路樹になっているところでは、5~6mの大木もある。
下は、LAのN.Bevely Hills Dr.通り
c0128628_151372.jpg

何と言っても、LAの亜熱帯の気候に合っていると見えて、そこいらじゅうに
植えられていて、この世の春を謳歌しているあんばいなのだ。

しばらく調べていて、それは、Ficus クワ科イチジク属であるらしいことに
気付いた。イチジクのことを、英語でFigという。葉はつやつやしており、
むしると、白い乳白の汁が出る。確かにイチジクの種類に似ている。
沖縄などでよく見かけるガジュマルもFicusの仲間。
溶樹とか、アコウとか呼ばれる種類もある。

c0128628_1521270.jpg

日本で事務所などで鉢植えの鑑賞用植木・・・茎が三つ編みにされたり
して、つやつやとした葉の美しい木は、俗に「ベンジャミン」とか
呼ばれているが、あれもFicus benjamina という種類だとわかった。
LAでは大木、日本では鉢植えの鑑賞用植え木!?!(*^。^*)
c0128628_1525942.jpg

さて、先日訪問した五島列島で、至るところに繁茂しているツル草に
気付いた。石垣であれ、大木であれ、家の壁、塀に絡み付いたら離さないと
ばかりにしっかり絡み付いて、非常に手ごわい感じのツル草である。
東京あたりでも塀などに絡みついているのを見かることもある。
その親分格!
c0128628_1534143.jpg

東京などで見るのは、Ficus pumila
五島や石垣島、対馬などに生息するのは、
イタビカズラまたは、大イタビ【Ficus sarmentosa var nippoica 】
Nipponica というので、日本の固有種かもしれない。

小さい鶏卵ぐらいの実をつけていた。熟すとムラサキ色になる。
土地の人によれば、イチジクと違ってまずいそうだ。
長崎市内でも見かけた。
c0128628_1541834.jpg

イチジクの種類は、けっこう多く、茎が柔らかく、樹皮がなめし皮のよう。
ある物は、気根が垂れ下がって増える。実の中に昆虫を宿していることもあり、
成長が早く大木になる。どこかに絡み付いて、絞め殺してしまう種類も
ある。獰猛で手ごわい樹木だ。
c0128628_155814.jpg

五島列島、福江島の堂崎教会は、岬のわきに建っている。その庭に、
珍しい植物、ハマジンチョウを見た。
c0128628_156375.jpg

沈丁花に似ているから、ハマジンチョウと名付けられているが、
別種類で、ゴマノハグサ科。学名はMyoporum  buntioides
種が潮流に乗って、あちこちの岸辺にたどり着き、そこで根を下ろす
という。ムラサキ色の花が美しかった。
c0128628_1564078.jpg

インターネットで、斑点のはっきりした別の島の写真もあったので
拝借した。三重県の海岸、小笠原諸島でも見られるという。
いま盛りの沈丁花とは、無関係ではあるが、樹皮が皮のように
しなやかで、葉の付き方もジンチョウゲによく似ていた。

この木も、クワ科イチジク属の植物も、あちこちに根をおろし、
しっかりその存在感を示している。

by tamayam2 | 2015-03-23 15:07 | たび | Comments(6)

【720】長崎---「信徒発見」から150年

先日3月6日~10日まで長崎、五島列島を訪問したことは、
前回に記した。五島列島教会巡礼の前後に長崎に3泊した。
家人は、以前から長崎へ行きたいと言っていたので、スケジュールの
合間を縫って長崎の街歩きも楽しんだ。
夜は、海の幸を楽しんだことは言うまでもない。
c0128628_11195080.jpg

さて、今回は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」がユネスコ
世界遺産候補に推薦されたこともあって、その関連行事にも参加した。
長崎の街は、いま、「世界遺産」という掛け声で盛り上がっている。
c0128628_11135223.jpg

特に今年2015年は、150年前に起こった「信徒発見」という出来事によって、
記念すべき年なのである。

徳川家康の禁教令が出されたのは、1612年。
明治6年(1973年)に禁教が解けたものの、キリスト教徒は、
弾圧迫害を恐れ、長崎、天草、五島などの僻地に潜伏し、250年間、
七代にわたり家族内で密やかに信仰を守っていた。
いわゆる「隠れキリシタン」である。

1865年3月17日金曜日の昼下がり、
フランスから赴任してきたプチジャン神父(Petitjean 1826-1884)は、
大浦天主堂の戸口に10数名の日本人が堂の中に入ろうとしているのを
見つけた。そのうちの一人の婦人は、神父の耳元に
「われらのムネ、あなたのムネとおなじ」とささやいた。
更に続けて問う。
「サンタ・マリアのご像はどこ?」
この垂れ幕が掲げてある建物は、大浦天主堂の階段の脇にある大司教館
多くのキリシタンの教会を建設した鉄川与助(1879-1976)の作品である。
資金は、フランスのド・ロ神父(do Rotz 1840 -1914)がねん出した。

c0128628_11162494.jpg

こちらは、大浦天主堂の内部。内部では撮影できないので、
入口の外からスマホで撮影した。
c0128628_11165371.jpg

長崎郊外の枯松神社という場所は、隠れキリシタンたちが、密やかに
集まって、おらしょ(祈祷)を口伝で練習した場所として有名である。
こちらは、キリシタンの素朴な墓石。
平らな石が置いてあるだけのものだが、
その墓石の上に10個ぐらいの小石が散らばっている。
墓参したときに、十字の形に並べ、その後は、小石を散らして
墓石であることを悟られないようにしたという。
文字などは刻まれていない。何という悲しい作法だろうか。
c0128628_11175749.jpg

大浦天主堂のすぐわきに有名なグラバー園がある。
グラバー(Glover 1838-1911)という人はもともと武器商人であったが、
日本人の妻を娶り、日本の土に還った。
c0128628_11184741.jpg

この時代に何等かの縁があって日本人と接触した外国人は、日本語を習い、
日本人のよき協力者を得て、最後は、日本の土に骨を埋めた。国際交流と
言えばかっこいいが、大変な苦労の連続であったろう。長崎の歴史は、
こうした外国人を受け入れ、諸外国の文化に立ち向かい葛藤する努力の上に
築かれたと言えよう。

グラバー園、大浦天主堂から、オランダ坂、活水女子大学の坂を通り、
長崎新地中華街のほうへぶらぶら歩きを楽しんだ。
c0128628_11332916.jpg

その途中に古めかしい煉瓦造りの建物があり、若い女性が撮影していた。
そこは、旧英国領事館

あたりには、自家製のカステラを焼く店があったり、蒲鉾屋があったり・・・
新しいものと古いものが混在していて、楽しい町歩きになった。

by tamayam2 | 2015-03-21 11:20 | たび | Comments(8)

【719】五島列島・キリシタンの教会を訪ねて

3月6日~10日まで、上智大学主催の「長崎・五島列島キリシタンの
足跡を訪ねる旅行」に参加した。卒業生、在校生、カトリックの神父様など
総勢70名の団体旅行だった。
c0128628_1043998.jpg

長崎から100キロも離れた五島列島には、ジェット・フォイルという
高速ボートで1時間半。
江戸時代には、流刑地でもあった。さもありなむ・・・。

南の島は、福江島と言って、五島市になっている。
最北の島は、中通島で、そこは、上五島町
市と町の違いがあるばかりか、江戸時代には、南は大村藩、
北は、鍋島藩であり、それぞれの大名はキリシタンへ対応が微妙に異なって
いた。キリシタンの締め付けが厳しくなってから、隠れキリシタンの人々は、
北の過疎地の奥地へ、どんどん逃げ込んでいった。

10以上の教会を巡って印象がバラバラになりがちなのだが、北の上五島地区
(最も過疎地)が一番心に残った。
これらの教会群は、いま世界遺産の候補になっている。
c0128628_1013767.jpg

明治6年禁教が解禁になってからの教会群は、レンガ造りの重厚な建物もあるし、
木造の建物もある。
上五島・頭ヶ島(かしらがじま)教会は、珍しく石造りの建物であった。
c0128628_1072844.jpg

教会の外部は撮影ができるのだが、内部の撮影は、原則的に禁止されている。
下の写真は、HPより。花をモチーフにした木造のレリーフが美しい教会だった。
c0128628_108979.jpg

祭壇は、撮影禁止なのはわかるが、素朴なステンドグラスの光を撮影したい
と思っていた私は、がっかりした。
c0128628_1093295.jpg

こちらのステンドグラスは、最も北はずれの江袋教会で撮影した。
(室内では撮影できないので、外で撮った。)
この教会は、火災に遭って再建されたので、木造である。

ほとんどの教会は、土足厳禁で、入口で靴を脱ぐ。
トイレは、別棟になっており、どの教会も世界遺産候補を意識してからか、
過疎地にもかかわらずよく整備されていた。
c0128628_10101315.jpg

頭ヶ島教会は、本島から離れた小島にあるのだが、橋で繫がっている。
岬のはずれに教会の共同墓地が広がっていた。前の島は、轆轤(ろくろ)島。
信者の墓地がどこまでも続く。十字架が林立する様は過酷な迫害を避けて
この地に住みついたキリシタンたちの過酷な生涯を封印しているように見えた。
c0128628_10105726.jpg

教会の内部は、おおかたリブ・ヴォールト様式というのだろうか、
曲線の梁で大きな天井が支えられている。
ガイドさんの言葉でいうと、“コウモリ天井”
うむ、たしかに、コウモリ傘の骨組みのようである。

たいていは、鉄川与助(1879~1976)の設計が基になっている。
信者たちがなけなしの金を貯めて、何年もかけて建設された。
c0128628_1012733.jpg

五島列島のいたるところでよく目にしたのは、野性のヤブツバキ
椿油、ツバキ飴・・・は、アゴ(トビウオ)の煮干しとともに、島の産物
になっている。
われわれは、ツバキの花が咲けば美しいなぁと思うが、島の主婦らは、
「今年もようけ実がなったら、小遣いが増えるなぁ~」と思うそうである。

ガイドさんは、昼食の食卓に載ったマグロの刺身を見て、
「東京のみなさんは、マグロがお好きですね。
ボクは、マグロは食べまっしぇん。だって、近くの海で捕れる新鮮な小魚が
あるでっしょ? それば、食べよると、うまかですタイ!」と。
本当に島は、農業こそパッとしないようだが、海の幸は実に豊かなところなのだった。
この海の幸によって、隠れキリシタンたちの命が長らえることが
できたのだろうと感じた。

by tamayam2 | 2015-03-20 10:14 | たび | Comments(6)

【718】動物の人形がいる風景

そろそろ、ロサンジェルスの話は終わりにしようと思います。
c0128628_9383297.jpg

娘の家を訪問したときは、やっとエクステリア(外壁、窓枠)などの
工事が終わったところで、家の周りには、まだ作業用の足場が組んで
あった。インテリアの方は、専門のディザイナーが手掛けることに
なっており、いろいろな所に絵のフレームや、飾り物が置いてあった。
娘は、仕事柄、世界のあちこちに行っているので、民芸品の類や、
どこかのガラクタ市で買ってきたものや、人にもらったものなど、
本人には、思い出の品でも他人には、さっぱり理解が付かない代物も
多い。それを、ディザイナーがどう、組立てて統一感のある空間に
仕立てるのか、見ものだった。
c0128628_93915.jpg

舞台となる中古住宅は、形式でいうとスペイン風なのだろうが、
コロニアル風も混ざっているような、不思議な家だ。
天井の梁や玄関ホールの吹き抜けは、スペインの田舎家風だ。
c0128628_9393229.jpg

これは、インド更紗の布を額装したもの。
c0128628_9395087.jpg

食卓の上のレモンは、知り合いの家の庭になっていたもの。
この辺りの家には、レモン、ビワが地植えにされ、たわわになっている。
Meyer lemonというやや丸みを帯びた酸っぱ味の少ないレモン。
娘は、これが気に入って庭に植えたいと言っている。
c0128628_9401463.jpg

KiwiはNew Zealandの飛べない鳥だが、このメタル製の皿の縁に
掛けるととてもよく似合っている。どちらも高価なものではないが、
New Zealandの思い出とともに懐かしい。
c0128628_9404289.jpg

これは、亀の置物のようだが、アフリカ産の器に入っている。
立てかけてあるのは、友人からもらったカード。サインから見ると
安藤廣重の浮世絵らしい。カードに描かれているのはキジだろうか。
c0128628_9405878.jpg

上の亀も寅も中国製のおもちゃのようだが、こうしてSEIKOの置時計
の上に置かれるとちょっと面白い。
c0128628_9412236.jpg

額装のチョウの画は精密画の一種。どこで手に入れたか、ディザイナーに
選ばれずにいつまでも床に放置されていたのは、きっと全体の調度に
合わないのだろう。ママの好みだけど、黙っている。

たくさんある装飾品も、不要になれば、ネット上のオークションに
出品して、処分してしまうのは、現代風といおうか、アメリカ風?
不要になったソファーや、装飾品を買いたい人が、訪ねてきて、
さっさと買ってもらっていた。

ある人には不要な品も、ある人には、必要なのだ。
こうしたドライな取引がごく当たり前に行われているのも、面白く
観察した。

by tamayam2 | 2015-03-04 09:42 | たび | Comments(14)

【717】アメリカで見た花木

植物のことに興味をもつようになり、
その中でも樹木に関心があるものだから、旅をしてももの珍しい
樹木が気になってしかたがない。
ということは、樹木を見るだけでうれしいので、あえて名所に出かける
こともない。
c0128628_8152755.jpg

印象に残った樹木
(1)Pink Ipê
英語では、Pink Ipê、Taheeboなどと呼ばれている南米産の樹。
学名は、Tabebuia avellanedae(ノウゼンカズラ科)
メキシコからアルゼンチンによく生育していて、そこでは、
Pau d’ Arco(パウダルコ)とも呼ばれているらしい。沖縄ではPink Ipêから
イッペーと呼ばれているらしい。
c0128628_8162327.jpg

面白いことは、この木は、全体がピンクで、開花しているとき、
葉というものが一切見当たらない。
LA ビバリーヒルズの目抜き通りWilshire BlvdとN. Cannon Drの角
で撮影した。このN. Cannon Drというオフィス街の街路樹になっている。
いきなり、ピンクだらけの高木にでっくわして、私はうれしくて
たまらないが、道行く人々は、たいして関心がなさそう。
(2)黄色の Ipê
この木のことについて調べていたら、
一年前、グアテマラのパナハッチェルのホテルの庭で見た、黄色い花の
咲く樹と親類であることがわかった。
c0128628_8172465.jpg

こちらは、同じ種類の黄色花ヴァ―ション。
c0128628_8175419.jpg

学名は、Tabebuia chrysotricha ピンクの花と同じ種類だが、亜種。
学名が判らなかったので、Upしなかったが、一年ぶりにやっと判明して
とてもうれしい。
また、この樹皮は、抗ウィルス、抗細菌、抗真菌、抗免疫不全症などの
薬効があり、脚光を浴びている植物だそうだ。
(3)デイゴ
デイゴは、沖縄地方の民謡、島唄にも歌われ、見たことのある人も多いだろう。
c0128628_8185514.jpg

その樹木は、巨大で、剪定しないと大変なことになるらしい。
c0128628_8192713.jpg

公園で見た巨木。幹にイボのようなトゲがある。丁度花が開花しつつある状態
だった。全木が真っ赤になったものも街中で見た。
デイゴ【Erythrina variegate マメ科】
(4)イチゴの木
地中海地方や西ヨーロッパで見かける木
表面がザラザラした果実がなるが、緑、黄、赤など混ざっていて、
一見イチゴのように見える。
c0128628_8195289.jpg

イチゴノキ【Arbutus unedo  ツツジ科】
これは、ゲッテイ・ヴィラという石油王の所有する美術館の庭で見た。
カリフォルニア州ロサンジェルスは、亜熱帯気候で、日本で言えば、
沖縄や宮古島あたりで見られる植物がふんだんに見られる。

東海岸のワシントンDCから、西海岸に引っ越してきた娘は、
「やはり、暖かい気候というのは、人の心を開放的にするわね~」
と言っていたが、うむむ・・・と頷ける。
暖かい気候は、植物だけでなく人の心も朗らかにしてくれる効用が
あるように思う。

by tamayam2 | 2015-03-02 08:21 | たび | Comments(2)